« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

津波警報にくぎ付けとなった日。

チリの地震で発生した津波が日本へ来るということで、昼前から津波警報が出ていました。

100228 休日で、風邪気味でもあり身体を動かしたくなかったので、夕食になるまでソファーに寝そべってずうっと見てしまいました。

花咲港や久慈港が何度も画面に現れ、見ているうちに水位の変化が判るようになって、「こんな感じになるのか・・・」と少しわかったような気がします。

50年前のチリでの地震による津波のデータをもとに、東大の准教授の先生が予測していたことにも感心しました。

今のところ、日本では大事に至らずに済みそうな感じですが、まだ油断はできませんね。

でも、風邪気味のままなので今日は早めに寝ることにします。避難している方たちも、早く帰れるとよいですね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

オンコのタネとつぼみ

天気がよくてヒマなので、家の周りの氷割りをしました。

100227 いちばん警戒していたのが、カーポート周り。ちょうどドアを開けて乗り込むあたりがつるつるになっていました。

車に乗ろうとして滑り、足首が車の床下に当たって複雑骨折した知人がいます。気をつけなければ・・・。

1002271 雪が融けだすと、中に眠っていたいろいろなものが顔を出します。オンコ(イチイ)の木の下にも細かなものが・・・

1002272 前にも見ましたが、種が割られて中を食べられています。鳥かな?ネズミかな?

100227_2 この頃になると、オンコのつぼみが鈴なりになっています。葉の下側に着くのでよく見ないと気付きませんが。

ちょうど去年の今頃に、やはりオンコのつぼみを見つけていました。

寒い冬でしたが、植物はちゃんと春への準備をしているのですね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウインドウォッシャー液は、普通のコンビニでは売られていないが・・・。

仕事で車にて旭川へ。

高速に乗ったところで、ウインドウォッシャー液が空であることに気付きました。しばらく我慢していましたが耐えられず、

「ああ、コンビニで売られていたような・・・」という記憶でまずはセブンイレブンへ・・・でも残念ながらありませんでしたので、仕方なくガムを買って店外へ。

00226 続いてセイコーマートへ。

これこれ。

さすがに北海道発祥のセイコーマートです。いつかは、どこかの店で石油のポリ缶まで売られていたのを見て感心したように記憶しています。

普通のコンビニには、まあ置かれていなくても「それが普通」ですよねぇ(水で十分?)。でも、北海道では、これがありがたいのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月25日 (木)

フライの勉強中。

もうすぐ50歳になる、といいながら、仕事でも趣味でも進歩していたいものです。だから、

エサの渓流釣りからフライへ変えて今年で7年目。勉強中である自分を楽しんでいます。

Photo 子供の頃から昆虫が好きで、高校生になるまで、蝶を集中的に捕ったり観察したりしていました。その頃の図鑑は今も本棚にあって、我が息子が持ち出して読んでいるのが嬉しいです。

1 サカナが細かいところまで見ているのかどうかは分かりませんが、フライ(毛バリ)というものはサカナが餌と勘違いして喰いつくものであることは間違いないでしょう。

だから実際の虫にリアルに似せる場合もあれば、何となくのシルエットや雰囲気で「勘違い」させる場合もある・・・そのあたりまでは分かってきました。

あとは、季節や時間帯を考えながら魚が餌場とする所まで違和感なく送り込む・・・と。

そうして、これまでに何百年(?)の先人達が試行錯誤して出来上がったのが、現代のフライフィッシングなのでしょう・・・しかし、ただそれに乗っかるだけではつまらないし、参考書に書かれてあることがすべて自分の場合と合致するかというとそんなことはないので・・・自分なりの試行錯誤を再び始めます。

昆虫の構造は子供の頃からの観察でよく知っているはずなので、冬の間は自分なりに考えてフライを作ってみます・・・が、やっぱり成果があがらなくて、釣りの季節になれば手っ取り早く釣れる「いつものエルクヘアカディス」に戻ってしまうわけです。

「先輩たちは、やっぱりすごいなぁ・・・」と思いながら。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

完結しない長編小説

何巻にもわたる長編小説。とても好きなのですが、この本のおかげで疑心暗鬼になり、完結してから買うことを心掛けています。

Photo 第一巻『流転の海』と第二巻『地の星』が1992年11月の出版で、これらを読んで、次を楽しみに待っていました。

第三巻『血脈の火』が1996年9月

第四巻『天の夜曲』が2002年6月

第五巻『花の回廊』が2007年7月

・・・たぶん次で完結するのでしょうけれど、なかなか出てきません。

第二巻以降は「あとがき」に、次がなかなか完成しない理由が書かれています。

・・・そしていつの頃からか、完結しないまま文庫版が出てしまいました。

たしか、5年ほどで完結させるようなことをどこかに書いていたような気がするのですが。

最新(?)第五巻の「あとがき」には、「・・・書くための準備は始まっている。それが私のなかでもう少し熟すのを待つだけだ。」などと書かれています。

寡作の作家なら「まあ、仕方ないか」と思えるのですが、別の本がこの間にもバンバン出版されているのです。

何と言うか・・・後回しにされているような・・・それとも、それが小説家というものなのか?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

イラガがいなくなり、ちょっと寂しくなった。

我が家のカエデで大発生していたイラガですが、二年間の「脚立に上って春に繭を取る」という作戦で完全に退治できました。

でも、イラガの繭がカエデの木にたくさん付いていた頃はこの時期になると、キツツキの仲間のコゲラやアカゲラが度々来ては繭をつついて中身を食べていたのです。

100222 この繭は2年前のものか・・・むしり取られたような大きな穴が開いているのはすべて鳥たちが食べたもの。丈夫な繭ですから空になってから何年でも残っています(これがまた、イラガの親虫を呼んでいるような気もしますが)。

イラガがいなくなったのでひと安心・・・でも、コゲラやアカゲラが遊びに来なくなったのは寂しい・・・などと言っていると、またイラガが来そうですね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

雪は降る・・・。

人間の目で見る雪とカメラで記録した雪・・・かなり違うけれど、カメラの方で雰囲気が増幅される感じです。

100219 人の眼には当然ながら、こんな風には映らないのですが、カメラで撮ると、何となく雰囲気が出るような気がしています。

  一方、人の眼には、降る雪の何粒かを追って見るようなところがありますから、まったく違う景色になります。

考えてみれば、降る雪を見るとき、現地の人間としてはさまざまな思いがあります。

それによって、見える雪の姿も変わるわけで。

『なごり雪』という歌には、色々と考えさせてくれるなぁ、と、思うこの季節です。

北海道では、地面の雪が消えてから再び降る雪が「なごり雪」になるのかな・・・と受け止めています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これからどうなる?我が家のアママリリス。

去年の3月22日に鉢植えしたアママリリス。

100220 もうすぐ一年になるというのに葉が残っていて、「この後、どうなるの?」という感じです。

一度休眠しないと次の芽が出てこないと思うのですが・・・。

100220_2 このあたりの2月下旬は、湿った雪がドカドカと降る季節。

クレマチスモンタナの上に、重そうな雪が乗っかっています。竹で支柱を組んでいますが、古くなって油が抜けていますので、「大丈夫かなぁ」という感じ。

100220_3 この時期は積った雪が屋根からドドーン!と落ちてきますので、気をつけなければなりません。

物干しの上の方まで積ってしまいましたが、日当たりのよい場所なのでここの雪がいちばん早く融けます。

あと一カ月少しでパンジーを植えられる季節。でもこの雪を見ていると、遠い先のように思えてしまいます。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

読書とフライ作りの日々・・・

冬になると、読書の時間が増えます。そして、使うかどうかわからない「新作」のフライを巻いてみたりして・・・。

100218 読書はこの一年、中国ものを集中的に読んでいます。この『項羽と劉邦』は若い頃に読んだもので2回目。同じジャンルをたくさん読むと、作家によってその時代の同じシチュエーションの解釈が違っていることに気付いたりして面白いです。

フライを始めて、7年目に入りました。相変わらず自己流ですから自分の中でだけ少しずつ進歩している感じがする程度ですが、「自己流」の中でどの程度まで進歩するのか、実験しているような楽しさもあります。

さて、今夜から大雪の気配。土曜の朝にはまだ、汗かいて除雪していることでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

ゾウのチョコレート

日が長くなりました。でもまだまだ寒くて、マイナス10℃の朝でも「今日は暖かいような・・・」と感じるほどに冷え込んでいます。

00217 毎日のように同じ場所から眺めている西日。12月にはこの画面の5センチほど左へ沈み、夏には15センチほど右側へ沈みます。

Photo 仕事仲間がタイへ新婚旅行へ出掛け、お土産に買ってきてくれた「ゾウのチョコレート」。

2 箱には「エレファント マカダミアナッツ入り」というようなことが書かれてありましたが、そういう特別なマカダミアナッツがあるのでしょうか?謎です。

味の方は、まあ、美味しいと思いましたが・・・。

「エレファントマカダミアナッツ」が気になります。

もう20年ほど前、仕事でタイへ行ったことがあります。10日間の滞在で、7日はお腹の調子がよくありませんでした。

原因は衛生面ではなく、辛い食事だったようです・・・注意すべきはトムヤムクンで、鍋から小鉢へ取って食べる→辛い青唐辛子を残して食べる→青唐辛子の残った小鉢へ、さらにトムヤムクンを取る→小鉢に青唐辛子が溜まってくる→さらにトムヤムクンを取る→どんどん辛くなる・・・という仕組みです=青唐辛子を入れたままにしておいたのが失敗ですねぇ。

その他にもいろいろ、想い出深いタイなのです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

ガソリンスタンドの雑巾

ガソリンスタンドでは、給油の間に室内拭きのために雑巾を貸してくれるところがありますね。

「ほれ、おれ達が窓を拭いている間、ヒマなんだろうからダッシュボードでも拭いていれば?」と感じることもあれば、「よろしければ・・・」と親切にしてくれたように感じることもあります。

100213 そしてこの雑巾、拭き終わって支払いまで時間が長いと、その辺に置いたまま返し忘れることが(けっこう)あります。

そこで最近、拭き終わったらハンドルへ掛けておくことにして、返し忘れがなくなりました。

エクストレイルはシートが合成レザーなので、子供がいつも座っている後部座席を集中的に拭くことにしています。食べこぼしやジュースの飛び散りなどでベタベタなので・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

熱湯2分のカップめん

独身の頃は見掛けるカップめんを漏らさず食べていましたが、今ではとても追いつきません。

それでも月に1~2度は食べる機会があり、「おにぎり+カップめん」という昼食がちょっと楽しみです。

Photo ある日のカップめん。とんこつラーメンです。

しかも、(この画像では)左端に「熱湯2分」と書かれています。いつの間に?3分が最短だと思っていたのですが・・・?

食べてみると細い麺で、そうめんと冷や麦の中間のような感じでした。なるほど、それで2分かぁ・・・。美味しかったです。

ところで博多のとんこつラーメンを初めて食べたのは20年ほど前。店の近くへ行っただけで特有の匂いがして「やめようか?」と考えてしまったのを思い出しました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

水温計で風呂の温度を測ってみた。

最近、我が家の風呂のお湯が熱いと感じていたのですが、「冬で体が冷えているから熱く感じるのだろう」ということにして、我慢して入っていました。

Photo しかし風呂に浸かっていると指先が痛くて出しながら入る状況になり・・・

釣り用の水温計で温度を計測。50℃までは測れるようですので。

結果は・・・なんと48℃!熱いはずです。

ずうっとボイラの表示「5」でお湯をためて、それでちょうどよい感じだったのですが、狂ってきたのかもしれません。

水を足して、私にとって気持ちよい温度になったところでもう一度測ってみると、43℃でした。

若くはありませんので、気をつけなければ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

今シーズンは土日になると雪が積もる・・・ような気が・・・。

この冬は、毎週土曜か日曜に雪かきをしているような気がします。

100213 今朝だって、起きてみるとこの通り。20センチほど積ったようです。

カーポートにも積っていますが、まあこのくらいなら大丈夫でしょう。そのうち自然に溶けるさ・・・と期待して。

9時頃、遅めに除雪を開始すると、すでにあちこちに犬のオシッコが黄色く見えます。

できればオシッコ付きの雪も袋に入れて持ち帰ってほしいなー・・・と思いながら、1時間ほど汗を流しました。(ふぅ・・・)

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

一週間で22℃も・・・。

何だか春が来たような暖かさを感じる朝でした。仕事場へ向かう車の温度計は0℃を表示。

100209 曇りではなく靄がかかる感じで、太陽がぼんやりと見えます。

先週、同じ時間にこの場所ではマイナス22℃でしたから、一週間で22℃も違うことになります。

明日はまた冷えそうで、こんな風に寒い日と暖かい日が入れ替わりながら、春へと向かって行くのです。

ちょっと、ほっとしています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

紅ほっぺ=イチゴの美味しい季節です。

北海道で暮らしていても、これからがイチゴの美味しい季節であるとわかります。

100207 赤くて大きくて甘いイチゴ。初めて食べた「紅ほっぺ」は香りもよく適度な歯ごたえがあって、家族で「おいしいねぇ!」と声が揃いました。

近くいいたウルトラマンティガと一緒に記念撮影。

北海道では6-7月に楽しめる露地のイチゴ狩りや家庭菜園のも格別ですが、この季節に暖房のきいた部屋で食べる本州や九州のハウスイチゴは、近付きつつある春を感じさせてくれます。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

ユンニの湯とヤリキレナイ川

北海道の由仁町に「ヤリキレナイ川」という面白い名前の川があることは、15年ほど前に気付いていました。

00207 「誰かに知らせたい」と思っていたところ、何年か前にテレビ番組『トリビアの泉』で紹介されていました。

100207 この近くには、コーヒー色の温泉「ユンニの湯」があります。何となく思い立って息子と二人で入りに行ったところ、2月中は100円引きらしくラッキーでした。しかも、子供にはペロペロキャンディーのおまけもあって。

以前はよく、夜に入りに行っていました。その頃は男湯に大きな露天風呂があって、いつまでも浸かっていたい気分でしたが、久しぶりに行ってみると男湯と女湯が入れ替わっていました。ちょっとがっかり。

100207_2 風呂上がりの飲み物。息子が言うには、「自動販売機にラッキーサイダーが入っているのは珍しいんだよ」と。美味しいらしいです。

この、容器のデザインにも誘われているようですが・・・。

街に住んでいても気軽に日帰り温泉を楽しむことができるこの時代。このような施設の経営が成り立っている背景に、バブル時代の裏返しが見えるような気がします。ゴルフ場は閑散として、併設の温泉に人が集まるのですからねぇ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

旭川へ行ってきた

2月ではありますが、仕事関係の新年会があって旭川へ行ってきました。

P1000006 「旭川冬まつり」の開催中で、可愛い雪だるまがお出迎え。

Photo 「開催中」のはずが、なぜか氷で何かを作る「作業中」のようでした。大丈夫なのでしょうか?

100206 ふつう「旭川は寒い」のですが、ここ数日の我が家付近の寒さに慣れてしまって、それほど寒いとは感じませんでした。

ふだんは車で来てしまう旭川方面も、冬ですし宴会なのでJRで。札幌から特急で快適に80分の旅は、遠いとは感じさせません。

それにしても、線路が見えないようなこの状態でも特急が走れるのですから、大した技術だと感心してしまいます。

北海道民としては「さっぽろ雪まつり」と併せて、大勢の観光のお客さんに楽しんでいただきたいです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

立春なのに、さらにこの冬一番の寒さ!

きのう「この冬一番の寒さ」だったのに、今朝はさらに冷えました。

22 仕事場へ向かう途中、車の温度計が「-22℃」を表示しました。

100204 フロントガラスの向こうは・・・別に変ったことはありません。

前日晴れて少し暖かく、夜に冷えてマイナス10℃くらいの方が、霧氷がたくさんついたりして「寒そうな景色」になります。

100204_2 夕方になって再び冷え込み、19時に家に着いたときは既にマイナス20℃まで冷えていました。

明日の朝にはどうなっていることか・・・寒い日がこんなに続くなんて、記憶にないなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

節分なのに、この冬一番の寒さ!

このあたりの今朝の最低気温は、マイナス20℃でした。

そして最高気温がマイナス10℃!仕事を終えて帰宅した頃には、車の温度計がマイナス18℃を示していました。

子供の頃、銭湯の帰りにタオルや自分の髪が凍ってバリバリになったのを思い出すなぁ。

Photo こんなに寒いのは久しぶり・・・と思っていたら今日は節分で、窓を開けて豆まきしなければなりません(本当にしなければならないのか?)。

少しだけ開けて、落花生をまきました。

息子が小学校で豆まきのやり方を教わってきたので、今年の私は拾う係。

小学校では、誰かを鬼役にして豆まきすることには問題があるようで・・・自分の中の鬼(よくないと思うところ)を鬼の絵に書き込んで、そこに向けて豆を投げつけたらしいです。

なるほど、なあ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

急行はまなす・・・に誘われた夜。

仕事仲間との飲み会(この言葉、抵抗があります)の帰り、新札幌駅で帰りの列車を待ちました。

・・・そのホームへ、20数分遅れて「急行はまなす」が入ってきました。

Photo 札幌発の青森行き。

普通席はガラガラのようです。

ああ・・・ここでこの電車に乗ってしまって、明日の朝に青森に着いたとしたら、自分はどうなるのだろう・・・と(ちょっと)、考えてしまいました。

何か逃げたい理由があるわけでもありませんので、この一瞬の衝動は寒さの中で消えて行きましたが。

・・・でも、そうすれば何かが待っていたのかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

プロが作った雪だるまに感心した。

私がよく通るこの道、ふだんは交通量がとても少ないのです。

しかし数ヶ月前から土木工事のダンプの通り道になって、まるで工事現場の中の通路のようです。

100131 雨の日には泥だらけで、もうどうしようもないほど車が汚れるので頭に来ていたのですが・・・、

特大の雪だるまが出現しました。

土木のプロが作っただけあって、さすがの出来だと感心していまいました。

そして何となく、ほのぼのします。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »