« 雪の朝のシクラメン | トップページ | 雪を待つキモチ »

2009年11月22日 (日)

あたたかかったもの

仕事場のドウダンツツジの下に、丸い鳥の巣(だったもの)が落ちていました。

0911181 ここは私も、毎日のように通っていたすぐそば。このドウダンツツジの中に巣があったなんて、気付きませんでした。

0911182 ちゃんと使った後のようですから、ヒナも巣立ったのでしょう。ビニル製のひもを細かく裂いたものや枯れ草がうまく紡がれていて、感心です。

ここで春か夏に卵が産まれ、ヒナが育っていたことを思うと、「よかったねー」という気持ちになります。

 ・・・しかし、どんな鳥だったのでしょうか?毎日のように通っていて気付かなかった自分って・・・?

 でもまあ、同じ子育て中の身ということで、何か共感できるような気持ちでこの使用済みの巣を眺めました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« 雪の朝のシクラメン | トップページ | 雪を待つキモチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/46833114

この記事へのトラックバック一覧です: あたたかかったもの:

« 雪の朝のシクラメン | トップページ | 雪を待つキモチ »