« うれしいお客さんはカメノコテントウ | トップページ | 雪を待つ季節に、植物は「硬く・濃く」なる »

2009年11月15日 (日)

ガーデンシクラメンの復活

マイナス6℃まで下がった二週間ほど前に、プランターのシクラメンは花とつぼみがすべて凍ってしまいました。

091115 でも、葉の間にあったつぼみは生き残っていたようです。再び咲き始め、新しいつぼみも次々に出てきました。

・・・・まあ、北海道ですからあと一~二週間で完全に凍ってしまうだろうと思いますが・・・。

今日は庭の片付けと冬囲いなどしようと思いましたが、昼過ぎからの雨で断念。今度の休みが暖かい日だとよいのですが。

少し暖かい日と、寒い日が2~3日ずつ繰り返しているような感じです。北海道では新型インフルエンザのピークが過ぎた感じですが、厳しい季節の始まりであることに変わりはありません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« うれしいお客さんはカメノコテントウ | トップページ | 雪を待つ季節に、植物は「硬く・濃く」なる »

コメント

こんばんは。
シクラメンつながりで、私のブログ記事からリンクさせてもらいました。
凍りつきながらも、元気に復活して花を咲かせてるんですね!? すばらしい生命力ですね。
http://blog.kochan.com/

投稿: Kochan | 2009年11月15日 (日) 23時25分

Kochanさん、リンクしていただきありがとうございます。ブログを拝見しました。
シクラメンのチモは八重咲きの品種ですよね?北海道の小売店で売られているのは見たことがありませんので、まだ流通量が少ないのでしょうね。
もともとは春咲きのシクラメンが時間差で次々と花を咲かせる理由は、この季節の気まぐれな気候にあるのだろうなー、などと考えてみたりしています。

投稿: norinori | 2009年11月17日 (火) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/46769790

この記事へのトラックバック一覧です: ガーデンシクラメンの復活:

» 夏越しミニシクラメン 暴風にも負けず花芽続々! [Kochan's ベランダ菜園BLOG - マンションガーデニング、家庭菜園、中華街ランチ、キャンペーン情報等]
昨年2008年12月に購入した香りのあるミニシクラメン チモです。 今年2009年の夏越しに成功し、9月には8号鉢に植え替えをしました。 葉もたくさん出て大きく育っていますが... 反対側から見ると、こんなことになってます。 このところの暴風で、葉も傷みやすく、またか...... [続きを読む]

受信: 2009年11月15日 (日) 23時18分

« うれしいお客さんはカメノコテントウ | トップページ | 雪を待つ季節に、植物は「硬く・濃く」なる »