« 我が家にもインフルエンザがやってきた。(その2) | トップページ | また、赤霧島の季節がやってきた »

2009年10月28日 (水)

なつかしい草の香り

今のところ息子と同じインフルエンザに感染した様子はないので、仕事へ出掛けました。土日を含めれば4日、休んだことになります。

091028 おだやかに晴れた昼休み、敷地内の池へ行くと落ち葉がぎっしり。これらが沈む頃には雪が降りだすことでしょう。

フライを始めた頃、この池で練習しました。

091028_2 紅くならない黄色のカエデは、樹の下から見るのがきれいです。

091028_3 気になっていたこの草、ネットで調べるとナギナタコウジュという植物なのかなー、と思っています。これまで聞いたことがないのですが。

なぜ気になっているかと言うと、この草の香りをかぐと子供の頃に草むらで虫捕りをしていたことを思い出すから。私には、キリギリスやバッタ捕り、赤トンボ捕りまでがアオビユと並んでこの草の匂いとリンクしています。

なつかしい匂い。夏から秋へ、その頃は気付かなかったけれど、近くにこの植物があったのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« 我が家にもインフルエンザがやってきた。(その2) | トップページ | また、赤霧島の季節がやってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/46608625

この記事へのトラックバック一覧です: なつかしい草の香り:

« 我が家にもインフルエンザがやってきた。(その2) | トップページ | また、赤霧島の季節がやってきた »