« もうおしまい・・・のミニトマト | トップページ | 雑草になったビオラ »

2009年10月21日 (水)

青くない「青いバラ」

091019

「青いバラ」の切花が市販になるというニュースがありました。

遺伝子組換えによって、バラにはない青い色素を作らせたのだとか。

ところが写真を見ても、青くはありませんねぇ・・・。

記事をよく読むと「青の色素をもっている」というのは確かなようですが、この青の色素が青色に見えるかどうかは別のこと。すっきりしません。

日本がバブルの頃、世界中で研究されてきた遺伝子組換え技術が実用化されました。

ホタルの遺伝子を組み込んだ「光るタバコ(タバコの原料の植物)」が科学雑誌で発表され、「へぇ~!」と思わせるニュースとなりました。

この頃、世界中で多くの研究者が「青いバラ」作りに取り組んだわけですが、専門家であれば「青の色素をバラに作らせるだけでは、花が青くなることはないだろう」ということはわかっていたはずです。

青の色素を持たせたとしても、細胞にある成分やpHに影響されてピンクになることは予測できたはず。

「Blue Rose とは不可能を現す言葉で、その不可能を可能にした」などと書かれていますが、何というか・・・努力は認めますが違うんだよなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« もうおしまい・・・のミニトマト | トップページ | 雑草になったビオラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/46544367

この記事へのトラックバック一覧です: 青くない「青いバラ」:

« もうおしまい・・・のミニトマト | トップページ | 雑草になったビオラ »