« ゴージャスなアオクチブトカメムシ | トップページ | 国道274号線 »

2009年10月 6日 (火)

クラウンベッチ=機能的なカタチ?

この時期になると、クラウンベッチの花が一回り小さくなっています。

091001 小さな花が集合していて、濃いピンクと白っぽい一枚でひとつの花なのです。

091001_2 ハチなどの助けを得てうまく受精すると、ひとつの花が一本の莢になるようです。

091001_3 さらに時間が経ったものは熟して、褐色の莢となります。

これがそのうちにパチンと弾けるのかと思うと・・・、

091001_4 意外なことに、莢ごとバラバラになるみたい。

091001_5 バラバラになった莢のひとつを無理やり剥くと、一粒のタネが出てきました。

何でこうなっているの?と考えても、答えが出てきません。

意味があるのだろう、とは思うのですが・・・

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

|

« ゴージャスなアオクチブトカメムシ | トップページ | 国道274号線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/46416700

この記事へのトラックバック一覧です: クラウンベッチ=機能的なカタチ?:

« ゴージャスなアオクチブトカメムシ | トップページ | 国道274号線 »