« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

ジャゴケ、かな?

支笏湖のビジターセンター入って何となく展示物を見ていたら、私にとって謎の植物(ココ)がジャゴケというコケの一種らしいとわかりました。

091028 「指で揉むと、独特のにおいがする」ということでしたので揉んでみましたが・・・なつかしい山の匂いがしました。

名前から考えると、ヘビのうろこのようなコケということなのでしょうね。

ところで、息子のインフルエンザは・・・

・月曜に感染が確認された。

・火曜には熱が下がって元気になった。

・水曜には元気すぎて、本人もどうしてよいかわからない(私も大丈夫そうなので仕事場へ出掛ける)。

・木曜、登校できそうだったが感染確認時の病院の指導に従い自粛。

・金曜、登校。

・・・です。

息子と妻は季節性インフルエンザの一回目の予防接種をした後。私は接種していません。

今のところ私と妻は今のところ感染の兆候なし。子供が罹りやすいインフルエンザなのでしょうか?小学校では、児童は罹るが教員はほとんど感染しない中、若い教員が感染する場合があるとか。伝染の仕方なのか、はたまた免疫の関係なのか・・・情報が少ないですが・・・素人ながら、何となく過去のインフルエンザ感染など免疫によるような感じがしています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスモード・・・ですか?

サッポロファクトリーへ出掛けてみたら、アトリウムにポインセチアとクリスマスツリーが・・・。

P1000001 「ちょっと早すぎるんでないかい?」と思いましたが、まあ、この時期は他にテーマもなさそうですね。

ここはゆったりした感じが好きです。

・・・それにしても、あまりにも人が少なくて、ちょっと心配になってしまいました。

こういう、暖かくて適度に光が当たる場所では、ポインセチアが長持ちしそうですねー。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

クリスマスローズの苗

庭植えしたクリスマスローズの苗は、元気です。

091025 気温が下がってから、新しい葉が勢いよく伸びました。

やっぱり、これからが彼らの季節のようです。

北海道では、もうすぐ雪の下になるのですが・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

また、赤霧島の季節がやってきた

赤霧島を楽しめる季節になりました。

2週間ほど前、近所の酒屋で「赤霧、そろそろだけど要るかい?」と若旦那。私はネットで10月28日と知っていたので、「要るよー。今月末頃だよね。」と。

091029 長いこと息子の遊び相手をしてくれたイグアナ君と記念撮影です。

私はふだんはビールばかりで焼酎をほとんど飲まないのですが、赤霧島だけは別です。この香りが好きで、ちょっとずつですが楽しんでいます。

焼酎をあまり飲まないのは体に合わないからで、翌日に残る感じがします。よく「焼酎は次の日に残らない」と言われますが、私の場合は逆なのです。

赤霧島も例外になるはずはなく・・・、飲みすぎに注意しなくては。

ビールだったら、多少飲みすぎても二日酔いの心配はないのですがねぇ。

 まあ、人それぞれ、ということで・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

なつかしい草の香り

今のところ息子と同じインフルエンザに感染した様子はないので、仕事へ出掛けました。土日を含めれば4日、休んだことになります。

091028 おだやかに晴れた昼休み、敷地内の池へ行くと落ち葉がぎっしり。これらが沈む頃には雪が降りだすことでしょう。

フライを始めた頃、この池で練習しました。

091028_2 紅くならない黄色のカエデは、樹の下から見るのがきれいです。

091028_3 気になっていたこの草、ネットで調べるとナギナタコウジュという植物なのかなー、と思っています。これまで聞いたことがないのですが。

なぜ気になっているかと言うと、この草の香りをかぐと子供の頃に草むらで虫捕りをしていたことを思い出すから。私には、キリギリスやバッタ捕り、赤トンボ捕りまでがアオビユと並んでこの草の匂いとリンクしています。

なつかしい匂い。夏から秋へ、その頃は気付かなかったけれど、近くにこの植物があったのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

我が家にもインフルエンザがやってきた。(その2)

「すっきりと秋晴れ!」とは言いにくい日が続いています。台風20号がそれて行ってくれたのはありがたいのですが。

091027 9月に長沼の道の駅で売られていたクルミ。栽培種のセイヨウグルミではなくて野生のもののようです。30個くらい入った袋が150円でした。

しかし、割ってみると中身がスカスカでしたから未熟の状態で叩き落とされたものみたい。食用ではなくて、加工して観賞用に使うべきなのでしょう。

・・・私の場合は加工するつもりはありませんので、子供の頃にやったように手の中でゴリゴリとこすり合わせて磨きます。手のひらが刺激されて、肩こりに効くような気がします。

息子のインフルエンザは、タミフルを飲んで一晩で熱が下がりました。今朝はほとんど平熱です。

しかし1年生の子供ですから、ここからがタイヘン。動き回るなと言ってもすぐに忘れてちょこまかします。しばらくはウイルスが排出されるそうなので、親である私たちは、自分たちが感染しないようにも気をつけなければならないのですが・・・地道な努力が必要になりますので、息子が元気になったからと言って安心してはいられません。・・・ふぅ。 

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月26日 (月)

我が家にもインフルエンザがやってきた。

秋が深まり、雨の日が多くなってきました。

091026 ラミウムにサクラやカエデの落ち葉が載って、きれいです。

・・・ついに、やって来ました。

息子の通う小学校でインフルエンザによる学級閉鎖が相次いでいることは聞いていましたが、とうとう本人が感染です。

昨夜22時頃に発熱して39℃。今朝になっても38~39℃でしたから「そうだろうなー」と思っていましたが、小児科で検査してもらうとA型とのことでした。

熱が高い時はわりと静かに寝ていて、ちょっと下がると熱っぽい顔ながらも遊びだします。体温と元気さが反比例の感じで、あまりにわかりやすいので、感心してしまいます。

病院から帰って一息ついて、「そろそろ学校へ連絡しなくては・・・」と話していたところで担任の先生が来てくれて、「学年閉鎖になりました」との説明と休み中の宿題。ご苦労様です。今週末の学芸会、できるのかな?まあ、いつか感染するのだからタイミングとしてはよかったのかもしれません。

私は、朝のうちから「息子がたぶんインフルエンザ=濃厚接触者になった」ということと、先週から風邪気味だった自分の咳が残っていることで出勤を自粛です。明日も休むことになるでしょう。

まあ、読書の秋ということで、あきらめてゆっくり休むことにしたいと思います。

インフルエンザの子供だけでなく私も家に居ることで、妻には気の毒かもしれませんが・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

秋色です。

風邪の治りかけなのに昨日釣りへ出掛けた影響か、調子がよくありません。

天気が良ければ今年最後の釣りに行こうと思っていましたが、風も強めなので自重です。

091025 風が吹くと隣家のエゾヤマザクラから葉が落ちて、パラパラと雨のような音がします。

去年植えたアジサイ紅額も紅葉し、秋らしい色になりました。

091025_2 もう何度か霜が降りていますが、シクラメンは元気で花の色が一層鮮やかになってきました。

夏の間はあまり目立たなかったピンクのサルビアホルミナムも、ようやく存在感を見せています。

今日は一日、読書と昼寝。これはこれで、とってもぜいたくな休日ですよね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月24日 (土)

秋の釣り・・・ウグイ釣りのつもりだったが

天気がよかったので、いつもはウグイ釣りで練習する近所の川へ出掛けました。

1024 紅葉は平野部まで来ていて、風が冷たいです。フライベストの上にコートを羽織って・・・。

K1091024 実際に水田へ水を引いている用水路みたいな川ですが、これでも清流千歳川の支流。

間違えたサケが遡ることもありますし、上流ではサクラマスが産卵してヤマメがけっこういます。

このあたりで10年ほど前に、知り合いの家の小学生がミミズで40cmのブラウントラウトを釣ったことがありました。私も食べましたが、身がピンクで美味しかったです。春にはヤツメウナギが群れ、ウグイだけでなく(餌では)ドジョウやフナも釣れる豊かな川です。時にはニジマスも釣れ、川エビやモクズガニを見ることも。

今日はウグイ釣りで2時間ほど遊ぶつもりでしたが、なぜかウグイはゼロ。その代りに、大きめのヤマメの新子が遊んでくれました。

明日も晴れの予報。もう一度来て、今年の釣りの最後にしようかと思っています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フレンチラベンダーの憂鬱

春に植える花苗を買いに園芸店へ行くと、息子はなぜかブルー系の花を選んで「これ買おうよー」と持ってきます。青っぽい紫のペチュニアだったりラベンダーだったり、セントポーリアだったり。

さすがにセントポーリアは却下ですが、今年はフレンチラベンダーを採用してやりました。

091016 このフレンチラベンダー、大きめの鉢に植え替えてやるとグングン育ち、鉢の下から根を出して水遣り要らずに・・・。

肥料が効きすぎたのか、花はあまり咲きませんでしたが。

私の知識では、この植物は「北海道では越冬しない」ということになっています。霜が降りてもあまりに元気なので「雪が積る前に何らかの処理をしなければなー」とちょっと憂鬱だったのですが、ダメでもともと、地植えしてみようかと考えています。植え込む時期としてはちょっと遅いかもしれませんが。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

雑草になったビオラ

春に咲いたビオラから種がこぼれて、もうすぐ雪が積もるかというのに雑草の中できれいに咲いています。

Photo こうなると、どんなにきれいでも雑草と同じ。

それにしても、落ちダネのビオラがこの時期にこんなに咲くなんて、15年前にはなかったはず。

春の花であったビオラが(温暖地では)今では秋~冬の花として使われるようになり、春咲きだったビオラが秋でも咲くように改良(?)されてきたからなのですね。

うーん・・・いいような、よくないような・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

青くない「青いバラ」

091019

「青いバラ」の切花が市販になるというニュースがありました。

遺伝子組換えによって、バラにはない青い色素を作らせたのだとか。

ところが写真を見ても、青くはありませんねぇ・・・。

記事をよく読むと「青の色素をもっている」というのは確かなようですが、この青の色素が青色に見えるかどうかは別のこと。すっきりしません。

日本がバブルの頃、世界中で研究されてきた遺伝子組換え技術が実用化されました。

ホタルの遺伝子を組み込んだ「光るタバコ(タバコの原料の植物)」が科学雑誌で発表され、「へぇ~!」と思わせるニュースとなりました。

この頃、世界中で多くの研究者が「青いバラ」作りに取り組んだわけですが、専門家であれば「青の色素をバラに作らせるだけでは、花が青くなることはないだろう」ということはわかっていたはずです。

青の色素を持たせたとしても、細胞にある成分やpHに影響されてピンクになることは予測できたはず。

「Blue Rose とは不可能を現す言葉で、その不可能を可能にした」などと書かれていますが、何というか・・・努力は認めますが違うんだよなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

もうおしまい・・・のミニトマト

息子の『一年の科学』付録から育てたミニトマト。

ひとつも収穫することなく、もう「ダメ」みたいです。

091016 昼の気温が20℃を超えなくなったら、トマトが色付くことはないでしょう。

タネから育てて、ここまで大きくなったのだから・・・と他のトマトは抜いても息子のトマトだけ残していたのですが。

今年の北海道の夏がひときわ寒かったことを除いても、この「ミニトマトを育ててみよう」という企画には、無理があったと言わざるを得ません。

北海道って、そんなに寒かったの?知らなかった?特殊な地域として扱わなくてはならない?・・・「ふざけるなっ!」と言いたいですね。

北海道も、日本です。

まあ、本人がまったく気にしていないのが救いですけれど。

ちなみに、同じ付録で一緒に蒔いたオジギソウは、葉っぱを5枚ほど出して高さ5cmほどになったところで冬を迎えそうです。私が考えても、当然の結果ですけれど。

私がこのような企画の担当だったら・・・さて、どうしたかなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

大きくなったミニバラが咲く

まだ雪がある頃に、園芸店でおまけのミニバラ(3号ポット)をもらいました。

「ミニバラって、室内では難しいから嫌なんだよな~」と思いつつ、それでも「おまけ」は何とか生き延びて・・・暖かくなってしばらく屋外で慣らしてから、ゴールデンウィークの頃に6号鉢へ植え替えました。

091016 あとは適当に咲いた枝を切り落としたりして、少し経ったある日、「グン!」と伸びはじめました。わい化剤が効いていて、伸びられなかったのでしょうね。

ポツポツと咲きながら大きくなって、今では私のヒザほどの高さになっています。

「どうせ、うどんこ病がひどくなってそのうち枯れるだろう」と思っていましたが、こんなに寒くなっても咲く姿を見ると、けなげなものです。

雪の下で冬越しさせて、来年もまた咲かせてみたいと思っています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

ホスタ(ギボウシ)の種子

朝晩の気温が下がり、ホスタ‘ゴールドスタンダード’が黄葉してきました。

091016 思いがけず、きれいなものです。

091016_2 庭にある3つの品種のうち、この品種にだけ実がたくさん着きました。昨年は花が終わればさっさと切り落としていたのでわからなかったのです。

091016_3 さてさて、中はどうなっているのかな?・・・と開いてみれば、真黒くて翼のある種子が入っていました。

発芽能力のある種子なのかどうかは判りません。しかし播き時は今でしょうから、庭の隅にまとめて埋めてみようと思います。

私の経験上、ゴマより小さな種子は光発芽性(覆土をしない方がよく発芽する)、大きな種子は暗発芽性(覆土をするべき)・・・ということで。

 来年の春に芽が出るかな?楽しみです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

秋のガウラ・支笏湖の紅葉

ガウラは初夏から咲き始めて、霜が降りる今でも咲き続けています。

宿根草としては、例外と言える開花期の長さですね。

091017 去年は鉢植えのまま越冬させようとしたら凍って枯れてしまったので、今年は地植えで再チャレンジです。

091017_2 明日の日曜は雨の予報なので、土曜のうちに子供を連れてドライブへ。

支笏湖でスワンボートに乗る!というテーマで出掛けました。

息子はスワンボートの上から「釣りをする!」とうれしいことを言ってくれますが、ダメなものはダメです。

091017_3 お天気は今ひとつでしたが、紅葉の具合は今日がピークだったのかもしれません。

091017_4 この赤い橋の向こうが支笏湖の流れ出しで、千歳川の始まりとなります。

「支笏湖だから空いているだろう」と思いながら出掛けて来ましたが・・・、とんでもない。団体も多く、これまで来た中ではいちばんの賑わいでした。

お昼にヒメマス料理を食べましたが、ちょっと後悔。旬ではないので、仕方ありませんね。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

秋のフクシア

フクシアは、宿根草というよりは低木・・・なのかもしれませんが、北海道では普通の種類は越冬できないようです(越冬するものもあるらしい)。

091016 初夏にパープルファウンテングラスと寄せ植えして、ずうっと咲き続けてくれました。

朝の気温が0℃近くになってもまだまだ元気で、このフクシアにはとても満足しています。

来年もまた、苗を見つけることができたら同じ品種を植えたいな・・・。

まあ、来年の春よりは今年の冬をどう過ごすか?・・・が先なのですけれど。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

夏の名残りとマーガレット

この、霜が降りる頃のマーガレットがいちばんきれいだと思います。

091015 我が家では10月12日がたぶん今年最後の息子の虫捕り。

 活躍した虫捕り網と虫かごが、楽しかった夏を思い起こさせてくれます。

あと一か月もすれば日によって雪が積もるようになり、来年の3月までは雪の中です。

マーガレットは、北海道のこのあたりではもちろん越冬できませんが、雪が降ってかなり寒くなるまでは咲き続けます。気温が下がって、「ぎりぎり咲いていられる」頃の花は深い色になって、それは、たぶんこの品種を育成した人も見たことがないのだろうと思います。

本来は、ここで咲く花ではないのですから。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

炭酸水を飲み比べてみる

パソコンテレビGyaoで何度も見ているうちに、サントリー角瓶のハイボールを飲んでみたくなりました。

2 我が家でずうっと愛飲しているのは、この「ただの炭酸水」。ノンカロリーの清涼飲料水、という感じでいます。

Photo 今回、コンビニで角瓶を買ったらおまけで付いてきたのが、この炭酸水。

さぞ角瓶との相性がよいのだろう、と思いながら飲んでみると・・・たしかに「ただの炭酸水」よりは合う感じ。

たかが炭酸水、どれも同じようなものと思っていましたが、違うのですね。

原理は水に炭酸ガスを溶かし込むわけでしょうから、こんなに差があるのは面白いと思いました。

炭酸ガスの量とか、で違うのでしょうかね。

そういえば、日本でもペリエという天然の炭酸水が流行った時期がありました。ドイツへ出張した際、キヨスクのようなところで水を買おうとしても「普通の?ガス入り?」と選択することになりますので、かれらは普通に炭酸水を飲んでいるのでしょうね。

 今年の夏、愛別のキャンプ場へ泊まった際に協和温泉へ出掛けて源泉の炭酸水(湯)を味見してちょっと感動したのを、思い出しました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

紅葉狩りにはちょっと早かった。

台風通過後の3連休。昨日は天気情報を眺めながら晴れ間を狙って、漁川ダム(えにわ湖)へ出掛けました。

091009 さぞ紅葉がきれいだろう・・・と思ってのことですが、まだ早かったみたいです。まだキリギリスが鳴いていましたし。

この上流から札幌へ向かう道路は台風の影響で土砂崩れがあり、途中で通行止めになっているらしいです。

091009_2 今朝の最低気温は6℃でしたが、先週植えたシクラメンは元気で花の色が鮮やかになってきました。

明日は体育の日でお天気もよさそうですから、子供を連れて外で遊ぼうか、それとも冬に向けて庭を片付けるか・・・思案中です。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

国道274号線

台風が過ぎて北風が吹き、北海道の明日の朝はついに氷点下か・・・という感じになってしまいました。

274 この国道274号線。夕張方面から長沼町へ入るあたりで長い直線になります。

昨日の台風通過後、この国道の後ろ側=帯広方面にある日勝峠は路面凍結のために通行止めとなったそうです。

それは別として、このまま進むことができれば小樽を越えて積丹半島へ・・・というわけにはいきませんが(小樽から先は、けっこう時間がかかります)。

この長い坂道の下には道の駅があって、現地の農産物を安く買い求めることができます・・・その中にひとつ、普通の八百屋さんが混じっているみたいなのですが・・・。

 この気温では、もうフライでの渓流釣りは(私の技術では)難しいかな・・・本当に今年はお終いかな・・・と思いつつ、この3連休を迎えるnorinoriです。あと一回くらい、行きたいなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

クラウンベッチ=機能的なカタチ?

この時期になると、クラウンベッチの花が一回り小さくなっています。

091001 小さな花が集合していて、濃いピンクと白っぽい一枚でひとつの花なのです。

091001_2 ハチなどの助けを得てうまく受精すると、ひとつの花が一本の莢になるようです。

091001_3 さらに時間が経ったものは熟して、褐色の莢となります。

これがそのうちにパチンと弾けるのかと思うと・・・、

091001_4 意外なことに、莢ごとバラバラになるみたい。

091001_5 バラバラになった莢のひとつを無理やり剥くと、一粒のタネが出てきました。

何でこうなっているの?と考えても、答えが出てきません。

意味があるのだろう、とは思うのですが・・・

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

ゴージャスなアオクチブトカメムシ

先週の日曜、釣りへ行った時のことです。

昼食のおにぎりを食べていると(そんな時でなくては、水面以外に目が向かないんですよね)、堂々としてゴージャスなカメムシがすぐ傍にいました。

090927 お腹の縁のあたり、メタリックなブルーとオレンジのだんだら模様です。

自信がなければ、こんな色ではいられないよな・・・と思いながら・・・自信のない私は「よっこらしょ!」と腰を上げて釣りに集中するのでした。

このカメムシ、植物の汁を吸うタイプではなくて、蛾やチョウの幼虫の体液を吸う肉食らしいです。

そういえば、カメムシ目の昆虫には木の汁を吸うセミがいるかと思えば、肉食のタガメやアメンボなんかもいて多彩ですね。

「カメムシのフライが抜群に効く時がある」、「釣った魚の口からカメムシの臭いがした」などと書かれている参考書がありますけれど・・・ホントかいな?と思ってしまいます。カメムシ君たちが水面に誘われる理由なんてないわけでして。

それでも参考書を見ながらカメムシフライを一応巻いておいて、何年も使わないままお守りのようにリュックの底に入れています。この先も、まず使うことはないでしょうけれど。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

秋の渓流

今年最後の渓流釣りになるかもしれないこの日。

S091004 先週ニジマスがよく釣れた川へ、前回と同じように11時半に到着しました。

この時点の気温は17℃、水温は12℃でした。

先週には気付かなかったカエデが、きれいに色付いています。

S2091004 このポイントで、10年以上前のことを思い出しました・・・エサで釣っていた頃です。

たぶん11月に近い頃、ここで粘っていると空が暗くなり、バラバラと霰が降り出したのです。水面が白く泡立ち、数分のうちに地面も白くなりました。

091004 今日も空の色が暗いな・・・と思いながら釣っていると、13時頃から雨が降り出しました。天気予報では「夕方から雨」ということでしたが。

雨の前には、サカナに何度もフライを見切られているのを感じていました。そんな風に「先週ほどの釣れ具合ではないな」と思っていたところ・・・、雨が水面をたたくようになると、ニジマスがカディスにためらいもなく喰いつき始めたのです。

それはたぶん、私の影やフライのシルエットが雨の水紋で滲んだからなのでしょうけれど、エサ釣りの頃から、雨の降り始めには大きなイワナがよく釣れたことも思い出していました。

S3091004 フライを始めてから、こんな時期に釣ったのも、こんなコンディションで釣ったのも初めてです。以前は雪が降るまで頑張っていたのですが・・・。

15時前には暗くなり、老眼も手伝ってフライ交換が難しくなってきました。手もかじかんできたので、ここで今年の釣りはおしまい(たぶん)。気温は10℃まで下がっていました。

風邪をひきそうだったので、帰り道の温泉でポカポカに。

秋の釣りも悪くないなぁ・・・と思った一日でした。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

ガーデンシクラメンを植えた日

ほんとうは、もう1か月前にしたかったのですが・・・、

ようやくガーデンシクラメンを植えることができました。

091003 まずはボウル型のスタンド鉢に。ガウラが茂っていたところを切り取って地植えにし、空いた所へバイカラーのミニシクラメンを植えました。

2091003 この鉢では夏の間、ミニニンジンを2回収穫しました。ガーデンシクラメンはミニではなく中型にすると、華やかな感じになります。

これから雪が積もるまでの1ヶ月半ほど、最低気温がマイナス5℃くらいになるまでは、たとえ雪が積もっても花を咲かせてくれます。

 さあ、明日は今年最後の(本当か?)釣りに出掛けよう!

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

牛丼の選択

20歳の頃は予備校生で、休日には下宿の食事が出ないので外食。

その頃ちょうど、「ほかほか弁当」「元禄寿司」なんかが誘ってくれましたが、やっぱり牛丼です。

Photo その頃、牛丼には吉野家と松屋の選択がありました。

松屋は味噌汁付きだが肉のほかに何か(玉ねぎだったか・・・)が入っていて、吉野家は肉のみ。

まあ、その日の気分で選んでいたのです。

学生になると、地域的に選択の余地がなくて吉野家でした。いつも大盛りにタマゴで、紅ショウガをたっぷり。

そのうち、友人のひとりが七味をたっぷりかけて食べるのを見て、新しい味(?)を覚えました。

・・・ということで、北海道に戻ってきた今でもこの、吉野家の看板には誘われます。

今では大盛りではなく、「並にタマゴ!」ということにしていますが。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »