« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

シダを植えてみた

シダを宿根草、と呼ぶには抵抗があるのですが・・・前から気になっていました。

Photo 10.5cmポットで980円・・・高いなぁ・・・と思いましたがゲット。

アシリウム ニポニカム ‘メタリカム’とラベルに書いてあります。

090630 まあ、よくわかりませんがシダなのだから・・・ということで、我が家の居つきのシダの近くに植えました。

腐葉土を多めに入れて、緩効性肥料を少々。ここはカエデの下なので「半日陰」です。

うまく育つとよいのですが・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

クリスマスローズの種まき

「もう、そろそろか?」と思いながらちょっと忘れた一昨日、クリスマスローズの莢がはじけていました。

090627 うーん・・・、完全に開いてしまっています。

090627_2 それでも株元などに黒くて光沢のある種子がたくさん見つかり、

090627_3 けっこう集めることができました。

クリスマスローズの種子は乾燥させると発芽しにくくなるので、すぐに土に埋めて保存するのがよいそうです。

①タネができる→②湿って暖かい土中で夏を過ごさせる→③秋に種まきする→④冬の低温で休眠が破られる→⑤春に発芽する、ということらしいのですが・・・、

 面倒なので⑤を省略して、深めに種まきしてしまいました。さてさて、来年の春が楽しみです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

キャンプと釣りの日々・・・の始まり

とうとう、我が家のキャンプシーズンが始まりました。

土日がばっちり暖かい(暑い)天気予報となり、土曜の朝にいきなり「キャンプへ行くぞー」と宣言。

第一候補を黒松内の歌才ルピックにしましたが電話すると満員。そこで、方向は逆ですが「きのこの里あいべつオートキャンプ場」へ変更しました。ここは去年も行き、息子のお気に入り。ETCの休日割引で高速1,000円ですし、札幌圏から約2時間ですから近いと感じます。

090628 敷地に余裕があり、「子供が遊べる」キャンプ所です。(画像はテントサイトではなく、敷地のごく一部です)

スタッフはフレンドリーで子供向けのイベントもあり、あらゆる施設がきれいです。

でも何より、(季節的にやや早いのですが)子供たちにはクワガタ採りが重要な目的でしょう。

キャンプ場でのクワガタ採りは灯火採集がメインですが・・・、実はこのキャンプ場、虫が集まりにくいオレンジ色の街灯が多いせいか夜はあまり採れない印象です(去年の7月末もそうでした)。

でも・・・敷地内の樹をきちんと探せば、昼でも朝でも、クワガタは採れるのです。

090628_2 灯火で1匹、明るいうちに5匹。すべてミヤマクワガタでした。

息子が幼稚園のうちは(私が夏は比較的ヒマなので)空いている平日キャンプを楽しんでいましたが、小学生になるとできなくなりました。

それでも今年は、できるだけ出掛けようと考えています。ああ、今年も庭が草ボーボーに・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

ヒメナデシコが咲く頃

ヒメナデシコが咲く季節となりました。

6 丈夫な宿根草でよく咲くのですが、一般家庭の庭ではあまり見掛けることがありません。

シバザクラと同じくらいの実力があると思うのですが・・・。

090626 この時期、一重咲きのクレマチスモンタナは開花期を終えて、新しいツルを伸ばし始めます。

この白花は晩生の系統らしいのですが、品種名は判りません。

090626_2 そんな中で満開なのが、同じクレマチスモンタナのマジョリー。

八重咲きは晩生なのでしょうか・・・マーガレットジョーンズも今が満開です。

090626_3 チューリップも葉が黄色くなって、そろそろ球根を掘り上げる時期です。

さてさて、この後には何を植えようかな・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

毛虫フライの日

先週から天気予報と相談しながら・・・、今日は休みを取って釣りへ行きました。

9時頃から釣り始め。

G2090625 北海道は昨日から暑くなって、この川もすっかり夏です。カワトンボ、エゾシロチョウ、ミヤマカラスアゲハ、キベリタテハ、イチモンジチョウを見ました。エゾハルゼミはもうおしまいで、一匹が苦しそうに鳴いているのを聞きました。

090625 はじめは別の川へ行くつもりだったのですが、いつも車を停めるところに先着者がいたので、第二候補地へ・・・これまでの経験では、こんな日はよく釣れるのです。

それに、お昼を食べていると大きなアオダイショウが・・・古いデジカメを持ってきたので、起動した頃には尻尾しか見えませんでしたが(金色です!)。

090625_2 今日のテーマは、Blue Wing Olive さんからアドバイスしていただいた「毛虫フライ」のチャレンジです。

今日もたくさん毛虫が降っていましたし、足元からもどんどん這い登ってきます。

090625_3 さてさて毛虫フライでの釣果は・・・というと、けっこう釣れました。

流れのあるところではさっぱりで、いつものカディスがいちばんでしたが、プール状で深さのある場所で「毛虫フライ」への反応が強かったです。

090625_4 (ピンボケですが)これを浮かせると、「見に来る」サカナ10に対して2くらいが釣れました。

いつものカディスを流して反応のないポイントでも、毛虫フライには反応します。ボディをブラックにしたのもグッド。

それでも打率2割ですから、改良の余地は大きいですね。

ふだんは99%エルクヘアカディスのバリエーションで済ませてしまう私としては、新鮮な感覚でした。

090625_5

いつの間にか、毛虫だけでなくマダニも降っていたようで、車に戻って帽子を脱いで見るとこいつがウロウロ。

6年前に腰に食いつかれて、自分で取ったら今でも跡が残っていますが・・・まあ、山を歩けばこんなものでしょう。

にほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

シャクヤクが咲き始め、おいしいラーメンに出会った

北海道は、きのうから急に夏になった感じです。

今日は仕事で旭川へ。年に5~6回のペースで出掛けています。

090624 旭川北ICから旭山動物園方向へ進み、上川支庁を過ぎてセブンイレブンの隣。

いつも昼食を食べていた食堂が、ラーメン専門店に変わっていました。食堂の頃の塩ラーメンが好きだったのですが・・・。

さてさて、店の名前は手打ちラーメン龍山(たつや)というらしいです。さらりクリーミーなとんこつが基本のようです。

塩ラーメンを頼みました・・・予想外です。美味しかった。

調和のとれた味、香り、食感、です。

 個性的で濃厚なラーメンが多いこの頃ですが、ここの味は、個性ではなく完成度の高さを目指した感じ。ファストフードではなく、料理として出されているのだと感じました。4

今年も、うどんこ病が出ることなくシャクヤクが咲き始めました。

でも暑くなりましたから、まあ、いずれは・・・というところでしょう。

明日は、休みを取って釣りへ出掛ける予定です。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

ニワゼキショウ・・・かな?

今日、友人からサクランボが届きました。

学生時代からの付き合いですから、もう25年ほど。毎年、食べに行ったり送ってもらったりしています。口が肥えてしまった、というのでしょうか・・・スーパーで買って食べる気になれません。

さて、二年前にすぐ近くの空き地で咲いていた見知らぬ花からタネを採ってきて、庭へパラパラと蒔いておきました。

Photo そして、まさに忘れた頃に開花です。

Photo_2 きれいな花ですが一日花らしく、翌日にはしぼんでしまいます。でも次々に咲くので、いつも花がある感じ。

名前が分からなかったので、「たぶんアヤメ科だよなー」という感じで検索したところ、ニワゼキショウらしいです。

もともとは海外のものらしいですから、こんな風に雑草化しているということは「帰化植物」と呼ぶべきなのかもしれませんね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

ニセコへ日帰りドライブ・・・でも心配なことが。

お天気は良くないのですが、ニセコへドライブ。

国民宿舎 雪秩父 で日帰り入浴しました。

090620 雪秩父は、大湯沼のほとりにあります。豪快な露天風呂がすばらしく、濁り湯好きの私にはたまりません(受付のお姉さんもフレンドリーで、息子も大満足)。

0906201 ところが・・・、風呂を終えて車に乗ろうとしたところでヘリコプターの出現。

2 人を探しているようです。タケノコ狩りのシーズンで、入浴前に近くを散策していたところ、タケノコ狩りの人に会いました。「そろそろ帰ろうと思うのだが、仲間が見つからない・・・」と。

その時は緊迫した感じではなかったのですが・・・大事に至らないことを祈りたいです。

私たちはほんの散策のつもりでしたが、散策路の入り口に係の人がいて、「山へ入るなら記録してください」と。

タケノコ狩りでは不幸な事故もある季節。それだけの魅力があることは、渓流釣りをする私にも共感できますが・・・。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

カラス除け

我が家の庭では直接の被害がないので気にしていませんでしたが、

場面によって、カラスは困ったもの。

1 種まき直後にいたずらされたりしないように、こんなカラス除けがあるようです。

2 まあ、風の具合によって、やる気がなさそうな時もあるのですが・・・。

 (カラスはこれを見て、どう思っているのだろうか・・・)

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

ダッチアイリス‘アポロ’・マツモムシの幼虫

去年の10月13日に植えた球根から、ダッチアイリス‘ アポロ’が咲きました。

Photo まあ、何というか・・・これがダッチアイリスなるものか・・・という感じです。花菖蒲ではないし、ジャーマンアイリスでもない、何か中途半端な感じですが、見ているうちに好きになるかもしれません。

090617 4月のうちに、仕事場の池からマツモムシを4匹捕まえて、水底にあった落ち葉と一緒に我が家の「水がめ」に放しておいたら・・・息子が言うには「交尾して、卵を産んだみたいだよ」と。

「まさかぁ~」と思いながらつい二週間ほど前に、小さいやつを5匹ほど見つけました。

今では数え切れないくらい、この「微小なマツモムシ」がピコピコと泳いでいます。

うーむ・・・。この水を汲んでプランターや鉢物の水やりをするのが本来の目的なのですが、どうしようか・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

ビオラのうどんこ病

さてさて・・・という感じで、北海道は「うどんこ病」の季節になりました。

090616 少し前から気になっていましたが、仕事場に植えられているビオラ。

クラッシックタイプ・・・というか、宿根草的なビオラです。

うどんこ病にも種類がたくさんあるのですが、多くは「生きた植物」に付いた状態で越冬するそうです。

 つまり、このビオラが「宿根草」として去年から大事に(?!)持っていた病原菌が大繁殖しているわけなのですね。

普通のビオラやパンジーは夏に抜き捨てて更新されるので、この「うどんこ病」が目立つことは、通常はないのだろうと思いますが・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

オクラの種まき、その後

堆肥の袋で保温してポット播きしたオクラの種。

090610 直根性だということですから、すぐに庭へ植えたのですが・・・ぜんぜん大きくなりません。

生き残ったのは、この一本。

090610_2 ほかの苗は、萎れて枯れて行きます。

やっぱり、寒かったのかなぁ・・・

今年の北海道は雨が多く、なかなか地温が上がりません。

蝦夷梅雨、というやつでしょうね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

ラミウムの中からコスモス

昨日は毛虫が降る中での釣りでしたが、今日は雨の日曜でのんびり。

090614 夏になるとラミウムの銀葉が輝くような存在感となり、その間からコスモスが芽を出しています。

090614_2 これは去年植えた、八重咲きのアキレギア(セイヨウオダマキ)。こんな雨の中でも上向きに咲いています。

090614_3 普通のアキレギアは風鈴のように下向きで、これは雨から花粉を守るのに最適と思います。

・・・上向きを選抜してしまったのは人間の身勝手。花は自分の方を向いて咲いてほしい、というニーズなのでしょうけれど。

090614_4 カエデの実が大きくなってきました。葉に喰い跡が見えますので、そろそろデンキムシを警戒しなければなりませんね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

今日は毛虫が降る中、ヤマメ釣り

息子が一年生になったので、毎日のように友達が来て我が家の庭で穴を掘ったり(池をつくっているつもりらしい)、草を抜いたり(コガネムシの幼虫を探している)、ケンカしたりしています。

・・・ということで、私は休日に心おきなく釣りへ出掛けられるという今シーズン。

0906131 先週に続き、何だかよい調子です。

0906132 狙ったサカナを、いつもと違うパターンの毛鈎で釣ることができました。

3年前に巻いたライトケイヒルを使って、初めてこのパターンで釣りました。

老眼鏡でフライを巻く身には、フライをチェンジすることだけでもタイヘンなのですが・・・釣りに来ると、だんだんと視力がアップするのを実感します。特に、フライのアイにティペットを通す際。

朝は焦点が定まらずにぼやけた中で勘を頼りに・・・昼にはスパスパ通ります。

 それにしても、今日は毛虫が無数に・・・。何をしていても、頭上から音もなく・・・。

だから、なのでしょうか先週と較べて、ヤマメがドライフライに反応する強さが増してきてます・・・・・→ これから、本当のシーズンに入る感じです。

にほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

ウスバシロチョウとムラサキケマン

今年もまた、ウスバシロチョウがゆったりと舞う季節になりました。

090612 『札幌の昆虫』によると、「極めて稀」の◎マークがついています。

子供の頃はこの短い時期によく捕まえたものですが(動きが遅いので)、今では少なくなったのでしょうか。

幸いなことに、仕事場の敷地内ではこの時期に複数の個体を見かけます。

090520c 本に書いてある食草は「エゾエンゴサク、クラサキケマン」とあります。

たぶん、これがムラサキケマンでしょう。

090520a なぁんだ・・・。この花ならば、敷地内の沢に群生があります(画像は今年の5月20日)。

だから毎年、この珍しくなった蝶を見ることができるのですね。

こんな環境を守って行くことも大事なのだ、と改めて思いました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

春植えのガーデンシクラメン

5月1日に植えたシクラメンが、木陰で元気に育っています。

090610 イチイの枝に引っ掛けたハンギングタイプのプランター。

居心地がよいらしく、少しずつ大きくなってきました。

Photo 嫌々ながら咲いているわけではない証拠に、このぎっしりのつぼみ。

このまま夏を越して、雪が降るまで咲き続ける・・・かな?

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

クレマチス‘柿生’が咲いたけれど・・・

9cmポットの一年生苗から育てたクレマチスの‘柿生’。

Photo ようやく、大輪の花を咲かせてくれました。

090610 ところで気になるのが、この葉のまだら模様。

去年も同じ感じでしたが、「栄養状態が良くなれば普通に戻るだろう」と思ったところが、今年も同じ。

 クレマチスのイメージからしても成長が極端に遅い感じがしますし・・・ ウイルス病でしょうか?・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

クリンソウが咲く頃、エゾハルゼミの鳴く声が降る

天気の良くない日が続いたせいか、ちょっとした晴れ間にエゾハルゼミが集中して鳴きます。

090609 昼休みに木々を見上げると、まさにセミの声が降ってくる感じ。

090608 そんな頃、クリンソウが咲きます。我が家のクリンソウは植えて3年、少しずつ細くなってきたようです。

090609_2 サツキの花に、ミヤマオオハナムグリを見つけました。去年の今頃も同じ虫を見つけて、息子がクワガタと一緒に飼っていたところ産卵したらしく、大きな幼虫が今もケースの中で育っています。

090609_3 こうなるともう夏。ベニシジミがヒメスイバ(スカンポ)の葉にいました。どうするのかと見ていたら根元へ向かって歩いて行ってごそごそと。

「スイバやギシギシが食草」らしいですから、このヒメスイバに産卵していたのかもしれません。

風もなく、こんな天気の良い日には、「釣りに行きたいなぁ・・・」と思うばかりです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

ホスタ(ギボウシ)がきれいな季節

花が咲く前のホスタは、雨の日も晴れた日でも、ほんとうにきれいです。

090608 苗を植えてから3年目の‘ゴールドスタンダード’。「立派になったねぇ・・・」という感じです。

090608_2 左は引っ越してきたときから立派だった小型の斑入り(近所にもよく見かけるので、珍しいものではないのでしょう)、右は、これも3年目の‘ダイアナリメンバード’・・・成長は遅めのようですが・・・日陰すぎるからなのかもしれません(スギナ退治、しなくっちゃなぁ・・・)。

Photo クリスマスローズが、シダに埋もれてしまいました。放任もほどほどにしないと・・・ということで、シダはこの後、適当に間引いてしまいました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

今年最初のヤマメ釣り2009

フライを始めてから、雨を覚悟で釣りに出掛けることはありませんでした。なぜかというと、私の技術では釣れないから。

でも今日は、出掛けてみました。この時期、ほとんど釣れないことは分かっていたのですが・・・。林道には「ゴー・・・ゴー・・・」と帰る車の音が度々、響いていました。

案の定、8時半から始めて14時まで小雨の中、新子ヤマメに遊んでもらった程度。釣り上がっていると先行者が見えたので、「さーて、温泉にでも入って帰るか・・・」と引き返したのですが・・・、

K090607_4 いつもは「枯れ沢」と思っていたところに程よく水が流れていたので、何となく登ってみました。

途中からよい感じになってきて・・・、

100メートルも行かずに砂防ダムです。

こういうのはあまり好きではないのですが、「練習のため」と思うことにしてキャストしてみると・・・まさに「サカナがわいている感じ」。あちこちで、小さくないサカナがライズしています。

090607_5 ぜんぶ、ヤマメでした。数え切れないほど釣って、私は集中力もなくなり・・・目がかすんでフライ交換も億劫になり、おにぎりを食べながらふと見ると、

090607_6 ムカシトンボがすぐ傍のフキに飛んできて、間もなくフキの茎に産卵を始めました。

ムカシトンボは、卵から成虫まで5~8年も掛かるとか。ここは北海道だから8年コースか?・・・と思うと、この「あまりヒトが来ない枯れ沢」に度々来てはいけないのだろうな・・・と考えてみました。

でも、本当の「枯れ沢」になった頃にもう一度、様子を見に行こうと思っています。

にほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

ウォーミングアップのウグイ釣り2009

いつ雨が降るかと、ドキドキの運動会でした。一年生は午前中で終わるので、午後からはいよいよ、今シーズンの釣りの始まりです。

今日は、近所の川で毎年続けているウォーミングアップのウグイ釣りを二時間ほど。道具の点検も兼ねています。

090606 調子よく、いつもより大きめのウグイがどんどん釣れました。

090606_2 いつもと違うぞ・・・と思っていると、掛けたサカナがジャンプしました・・・へ?ウグイじゃない?・・・この川にしては大きなヤマメです。すぐ後に同じようなのがもう一尾。

このポイントでもう15年釣っていますが、こんなことは初めて。

K090606 清流千歳川の支流ではありますが、こんな感じの用水路みたいなところです。実際に、このすぐ上流で田んぼに水を引いています。

090606_5 大きなヤマメが釣れたのはこのフライ。何でもありの合体ですねぇ。

昨シーズンはお尻が銀バエ色のカディスでしたが、今年はこんな感じで行こうかと考えています。

090606_6 庭ではクレマチスモンタナのフラグラントスプリングが満開になり、いっしょに絡んでいるマジョリーも咲きはじめました。

この香りが、小学校の最初の運動会の記憶として私の中に残りそうです。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうせんか

ほうせんか。熟した果実に触れると、パチンとはじけます。

090603 もちろん、息子のお気に入り。二週間ほど前にいっしょに種まきしましたが、去年のうちに私が播いておいた方が少し先に芽を出したようです。

ほうせんかの仲間は、メジャーなところではインパチェンスやニューギニアインパチェンス。高温性ですが・・・。

日本で言う「ほうせんか」は、前年のうちに種まきしても問題なく、暖かくなればちゃんと発芽してくれるのですね。(北海道では)

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

オレンジ色のゲウム

品種名はわかりませんが、オレンジ色のゲウム。3回目の開花になります。

090603 和名ではダイコンソウというそうで、葉が大根の葉に似ているとか・・・。

「うーん、言われてみればそうかな・・・」という感じですが、ちょっと気の毒に思います。

北海道でも、このあたりでは何もしないで簡単に越冬し、年々株が大きくなって少しずつ存在感を増して行きます。

「もの静かだけれど、たまにキラリとした発言をする友人」のような存在です。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

クレマチス アルピナ‘コンスタンス’

鉢植えのクレマチスアルピナ‘コンスタンス’は、今年の我が家のクレマチスではいちばんはじめに咲きました。でも、花をじっくり見ていませんでした。

090603 最後に近い数輪ですが、なかなか立派です。半八重咲きで色もきれいですよね。

もうひとつのアルピナ‘ウィリー’のようにグングン育つタイプではなさそうですけれど。

090603_2 玄関近くにある白花のツツジ。この時期に咲くのですからサツキと言うべきでしょうか。

この借家に引っ越そうと決めた時はちょうど今頃で、開花盛期を過ぎようとしているタイミングでした。でもこの白いツツジは小雨の中、とても印象的でした。

「庭は自由にしてよい」ということでこの家を借りました。かりそめの住まいではありますが、とてもラッキーだったと思っています。

 特に、子供を伸び伸びと育てるために。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

クレマチスモンタナ‘フラグラントスプリング’と‘マーガレットジョーンズ’

とても気に入っている、クレマチスモンタナのフラグラントスプリング。

Photo ピンクが濃くて、ルーベンスに較べるとやや輪が小さいです。

隣家に近いやや日陰のわりには、早くから咲いてくれます。

Photo_2 こちらもモンタナのマーガレットジョーンズ。半八重、といったところですね。

日当たりのよいところに植えているのにもかかわらずこの咲き具合ですから、モンタナの中でも晩生なのでしょうか。

花は小さめで、小輪と言ってよいでしょう。ツルもあまり伸びませんが、花の数はとても多いです。

090602 どこが「クシロ」なのかは分からないのですが、クシロハナシノブらしいです。もう6月ですから、緑色のアオハナムグリらしい甲虫が来ていました。

090602_2 ちょっと自信がありませんが、捕まえてみるとアオハナムグリのようです。それともコアオハナムグリ?

090602_3  羽化後、これから飛び立とうとしていたのでしょうか?よちよち歩きのエゾハルゼミも捕まえましたが、この後、元気に飛んで行きました。

このエゾハルゼミを模したフライで湖のニジマスを釣る・・・という記事を雑誌で見ますけれど・・・本当に釣れるのでしょうか?私には現実味がないのですが・・・。

それでも、こんな虫たちが現れはじめたら、北海道もようやく初夏となるのです。

にほんブログ村 花ブログへ

にほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

ユキザサに想う

子供の頃から山菜の「アズキナ」として親しんできたこの植物。正式には「ユキザサ」だということを知ったのは30歳を過ぎてでした。

090601 純白の花のひとつひとつが、雪の結晶みたいです。

私の中では、山菜のランクとしてギョウジャニンニクが最上で、子供がひとりで行けるような所では見つけられません。一方、このユキザサ(アズキナ)は沢筋の斜面の上の方で比較的容易に採ることができ、密生するので晩ご飯の分くらいは簡単に集められます。

母に渡し、おひたしにしてもらうとほんのり甘くて、癖のないホウレンソウのような感じです。

 この植物が山野草として流通していることも、最近知りました。普通のものではなくて斑入り葉のようですが。

 こうして花を見ると可憐ですし、実も熟すと赤くなりますから、日陰の庭の一角にひっそりと咲かせてみるのも面白いかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »