« 雑草化しているデージーの個性 | トップページ | いつもとちがう角度で眺めてみた »

2009年5月12日 (火)

羽田空港のマッサージチェア

昨日と今日は、仕事があって1泊で千葉へ行っていました。

090511 一日目が終わってホテルでTVの天気予報を見ると、(東京では)26℃の予報。最低が17℃ですから、札幌の最高気温と同じです。

・・・北海道あればキャンプでクワガタ採りをするような気温ですねぇ。

090512 こちらは4時間前、羽田空港の出発ロビー。マッサージチェアが誘っています。

時間が十分にあるときはつい使ってしまうのですが、このマッサージチェアの稼働率は低そうです。見ていてもだいたい、誰も使っていません。温泉にある100円のよりはグレードが高くて、「まあ、200円の価値はあるよね」という感じなのですが。

この2年ほど、主にエアドゥを使っています。安くて、接客に温かみがありますから。

それにしても、この羽田空港の第2ターミナルは、札幌行きのゲートが端っこにあって遠いので不便です。搭乗時には通路が広くてあまり気なりませんが、到着時には「どこまでも歩かされ」そうな感じで嫌になります。さんざん歩かされて、京急や東京モノレールに乗ってしばらくすると汗が吹きだします。

「北海道人には、東京は暑くてたまらないのだ」ということが分かっていませんよねー。まして、この「東京-札幌」路線は世界でナンバーワンの乗客数らしいのですが(だから、長く歩かせて軽食や土産物を買わせようとしているのか?)。

搭乗口の遠さが「少しはマシ」なのが第1ビル。たまに使うJALやスカイマークでは「おっ、近いじゃないか」と感じます。

乗客の獲得争いをするなら、札幌便の搭乗口を近くすべきだと思いますよ。航空会社さん。

にほんブログ村 花ブログへ

|

« 雑草化しているデージーの個性 | トップページ | いつもとちがう角度で眺めてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/44993476

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田空港のマッサージチェア:

« 雑草化しているデージーの個性 | トップページ | いつもとちがう角度で眺めてみた »