« オクラの種まきに挑戦! | トップページ | ニンジンの発芽とミヤマハンミョウの空腹 »

2009年5月19日 (火)

どなたでしたっけ?・・・のコケコッコ花

庭に見慣れない芽生えが・・・

1090517 知っている雑草以外は抜かないことにしているので、この芽生えが何なのか、気になっていました。

2090517 しばらくすると本葉が。「さて、これは見たことがあるような・・・」。

090517 たぶん、これでしょう。

1l 北海道で言うコケコッコ花=タチアオイかな?

3090517 芽生えの中には種皮を付けたままのものもあって、これを見れば疑いの余地はありません(自分で適当に播いたのを忘れていただけ)。

タチアオイは、夏にできる種子を適当に播いておく(1~2cmほど土に埋める)と、翌年の春に芽を出します。

これを育てると・・・、その夏には咲きませんが、発芽から二年目の夏に花を咲かせるようです。

北海道では基本的に宿根草として扱えますが、系統によっては1~2年で枯れて、自然に落ちた種子で更新されているようです。園芸種には白、赤、ピンク、黄(新しい)、黒(っぽい赤?)などありますが、タネがこぼれて殖える場合はピンクが残るみたいです。

栽培に難しことはなく、日当たりさえよければどんな場所でも「それなりに」咲いてくれます。

いつからかはわかりませんが(10年ほど前?)「チーターシリーズ」のように八重咲きの園芸種が日本に入ってきています。この落ちダネがどのように定着するのか、ちょっと興味深いところです(八重咲きで定着するのか、一重になるのか?)。

にほんブログ村 花ブログへ

|

« オクラの種まきに挑戦! | トップページ | ニンジンの発芽とミヤマハンミョウの空腹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/45066990

この記事へのトラックバック一覧です: どなたでしたっけ?・・・のコケコッコ花:

« オクラの種まきに挑戦! | トップページ | ニンジンの発芽とミヤマハンミョウの空腹 »