« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

黄色い汁が出るのです=クサノオウ

子供の頃から知っているこの黄色い花は、山路の明るいところに生えています。

090529 どこで勘違いしたのか、子供の頃から何となく「ヤマブキ」だと思っていました。でも大人になって本物のヤマブキを見て、「あれは違うよなー・・・」と思いながらそのままに。

090529_2 この花、折り取ると黄色い汁が出てきて、時間が経つとオレンジ色に変わります。

ようやくまじめに調べる気になると・・・クサノオウと言うらしいですね。

似たような感じで白い汁が出る植物に、身近なところではタンポポがあります。この汁はなめると苦く、皮膚に付くと黒くなってなかなか取れません。

園芸植物ではポインセチア。同じユーフォルビア属で我が家にも咲いているユーフォルビアポリクロマも、切り口から白い汁が出ます。

タンポポは経験的に何ともありませんが、クサノオウもポインセチアもユーフォルビアポリクロマも、汁が皮膚に付くとかぶれる場合があるとか。

傷口から病原菌が入らないように・・・あるいは虫などが食べにくいように・・・という防衛手段なのでしょうね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレマチス モンタナ ‘フレッダ’と ‘ルーベンス’

去年に4号ロングポットを地植えしたクレマチス モンタナのフレッダが、初めて開花しました。

090531 まだまだ花数は少ないですが、濃いピンクの覆輪がきりりとしています。

090531_2 こちらは、日陰に植えて西側のイチイに絡ませたルーベンス。開花は二回目(一回目はツルを外して雪の下にしたので旧枝が枯れて失敗した)ですが、日当たりが良くないせいか花はまばらです。隣の白花ライラックは、盛りを過ぎました。

090531_3  今日は予報通りにしとしと降る雨。

5月下旬は平年並みの気温で推移してきたので、北海道ではビオラがまだまだ元気です。

こんな中間色の花が多くなってきて、ビオラの花としてのイメージは変わってきましたね。

北海道では、明日から道南と道央のヤマメ釣りが解禁となります。私の下手なフライではなかなか釣れない時期ですが・・・来週末に行ってみようかと考えているところです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

鉢植えにしたクレマチスアルピナ‘ウィリー’

去年、4号ロングポットを買ってきて8号の鉢植えにしたクレマチスアルピナ‘ウィリー’が、きれいに咲きました。

Dscn2208 支柱を立ててせっせと誘引した甲斐がありました。

この二年前に庭植えした同じ品種はナチュラルにポツポツと咲いていますが、花の数は数えるほど。鉢植えに向いているのかもしれません。

あまりによく育ったので、ちょっとした風で倒れてしまうのが悩みです。

Dscn2207 ユーフォルビア ポリクロマも、今が満開でまぶしいくらいに輝いています。

小学生になった息子には近所に友達ができて、その子が毎日のように庭へ遊びに来ます。

これまではちょっとしたスペースでワラジムシなど見つけて遊んでいましたが、だんだんと動きがダイナミックになってきました。

今日は、今まで空き地だったスペースにトマトなどを植えたのですが・・・ある程度の被害は覚悟しなければならないようです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

京急品川駅乗り継ぎで切符を取り忘れる理由について、考えてみた。

新型インフルエンザ未発生(ということになっている)の北海道から、感染拡大中(?)の関東へ二泊三日で出掛けていました。

090525 一日目の目的地が千葉方面の場合が多いです。この場合、羽田空港から京急に乗って、品川駅でJR総武線快速に乗り換えます。

この乗り継ぎ(京急品川駅→JR品川駅)の際に、自動改札機から出て来る切符を取り忘れる・・・という失敗を、この一年で二度もやってしまいました。

「何でかなー?」と思いながら、今回は慎重に・・・そして、気付いたことがあります。

ここの改札機は、切符を入れてから出てくるまでがチョット遅いみたいです。周りの人の大部分はSuicaですから切符を取ったりしませんので、何となく自分もつられて(目の前に切符が出てこないから)そのまま通過。これは、北海道人には要注意、ですね(それ以前に、羽田空港駅の自動券売機の前で悩んでいる人が多いですよねぇ)。

北海道にもKitacaというのがありますから、それを使いたい気持ちもありますけれど、北海道ではKitaca対応の自動改札機がまだ十分ではないようです。Kitacaの利用者が予想以上のスピードで増えたそうで、私が使う駅では、朝のラッシュ時にはKitaca対応改札機のところがいつも渋滞しています。切符を使う私は、それを横目で見ながらKitacaに対応していない改札機をスイスイと。

090525_4 そんなことを考えながら、千葉市内のバスに乗ると前の席の背もたれに見慣れない虫がいてギョッとしました。

「昆虫エクスプローラ」で調べてみると、http://www.insects.jp/kon-kameyokozuna.htm

カメムシの仲間のヨコヅナサシガメらしいです。北海道には分布していないようですから、私には外国のムシかと思ってしまいました(帰化昆虫と考えられている、とのことですから半分当たっていますね)。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月24日 (日)

ニセコの休日

この土日は、ニセコへ遊びに行きました。土曜日は朝から雨でしたから、移動のみにして温泉でゆっくり。

090523 宿では、案内チラシを持って行くとチェックイン時の抽選で宿泊料が10~100%割引になるくじ引きキャンペーン中です。

「はずれ」でも10%割引だよね~、と言いながら宿に到着すると・・・パンパカパーン!・・・妻が引き当てたのが100%引き。つまり宿泊料がタダです。

「えぇーっ?」と私たち。「今回、最初の100%です!」とフロントのお兄さんがニコニコ。

タダと言われると申し訳ないので、普段は買わない地ビールなど買って、ちょっとぜいたくしました。ニセコビールは3種類あって、このラガーが私には一番おいしいです。小瓶が500円ですから「ちょっと高いかなー」と思うのですが、コストを考えると大手メーカーの大量生産品と比較してはいけませんね。

このビール、栓を開けるときに「ポン!」という素晴らしい音がします。

090524 今朝はおだやかに晴れて、風もなくよいお天気。去年と同じ場所へ、息子がいちばん楽しみにしていた生き物探しとタケノコ採りへ出掛けました。

大湯沼の近くではエゾアカガエル(たぶん)の卵がいっぱいで、孵化したばかりのオタマジャクシもよちよちと泳いでいました。そのほかにエゾアカガエルのカップル(産卵中)やエゾサンショウウオの成体と卵、ヤゴ(=トンボの幼虫=種類はわかりません)、越冬明けのキベリタテハ(蝶)などを見つけて大満足。

タケノコ採りでは標高の低めのところにたくさんの車が停まってラッシュ状態でしたが、私たちは初心者なので人の少ない上の方で日当たりのよい場所を探して、ウドを含めて今晩のおかずと明朝の味噌汁の材料をゲット。

一年生になった息子は、興奮しながら私の助手として活躍してくれました・・・が、本人はあちこちに葉を展開し始めたツタウルシをまだきちんと認識できていない様子。明日になってブツブツが出てくれないことを祈るばかりです。(一度、明らかにウルシに触れたのを見たので沢で手を洗わせましたが・・・まあ、いずれはブツブツの洗礼を受けることになるのですよね)。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月23日 (土)

重くて・・・クレマチスと八重咲きチューリップ

雨の中、クレマチスモンタナが今年最初の花を咲かせました。

090523 去年も同じ頃。あと一週間で五分咲きくらいになるのでしょう。

090523_2 二株を隣り合わせで植えたのでツルが混じっています。木の枝と竹を組み合わせて適当に作った支柱なので、今年は重さに耐えられるか心配です。

090523_3 チューリップは、一部が散り始めています。それでも元気な花であればこうして、天気の悪い日や夜間には花を閉じるのですが・・・、

090523_4 八重咲きのものはしっかり閉じられません。それで、こんな雨の日には花が重くなるせいか、とうとう何本かが折れてしまいました。

ヒトの都合でこんな姿にさせられて・・・気の毒に思ってしまいました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

幾何学模様?

ちょっとしたタイミングで、植物の中に面白い瞬間を見つけることができます。

090521 何というか・・・どこかの市のマークか、小学校や中学校の校章のような・・・。

090521_2 もちろん、チューリップです。

たぶん、このあたりに紫外線を反射する何かがあって、ハチやチョウなどを誘っているのでしょうね。

私も、何となく誘われてしまったわけですが・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

エゾハルゼミの初鳴きを聴いた

北海道では真夏と言える26℃にもなったこの日。

090521 姿は見ていませんが、エゾハルゼミの声を今年初めて聞きました。

090520_3 マムシグサも開花しましたし、ヤマバトが鳴きはじめています。我が家では枝豆とスイートコーンの最初の種まきを済ませました。

田植えも始まって、もう春ではなく「初夏」なんですよね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

ニンジンの発芽とミヤマハンミョウの空腹

5月6日に種まきした、プランターのニンジンがようやく発芽してきました。

0905 ニンジンの種まきは息子のリクエスト。ミニニンジンにして、ポリポリと食べる目論見です。

090520 途中で寒くなったこともあって、発芽まで二週間かかりました。

090517 5月16日に近所で捕まえてきたミヤマハンミョウ。ちゃんと餌をやることができるかな、息子よ?

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

どなたでしたっけ?・・・のコケコッコ花

庭に見慣れない芽生えが・・・

1090517 知っている雑草以外は抜かないことにしているので、この芽生えが何なのか、気になっていました。

2090517 しばらくすると本葉が。「さて、これは見たことがあるような・・・」。

090517 たぶん、これでしょう。

1l 北海道で言うコケコッコ花=タチアオイかな?

3090517 芽生えの中には種皮を付けたままのものもあって、これを見れば疑いの余地はありません(自分で適当に播いたのを忘れていただけ)。

タチアオイは、夏にできる種子を適当に播いておく(1~2cmほど土に埋める)と、翌年の春に芽を出します。

これを育てると・・・、その夏には咲きませんが、発芽から二年目の夏に花を咲かせるようです。

北海道では基本的に宿根草として扱えますが、系統によっては1~2年で枯れて、自然に落ちた種子で更新されているようです。園芸種には白、赤、ピンク、黄(新しい)、黒(っぽい赤?)などありますが、タネがこぼれて殖える場合はピンクが残るみたいです。

栽培に難しことはなく、日当たりさえよければどんな場所でも「それなりに」咲いてくれます。

いつからかはわかりませんが(10年ほど前?)「チーターシリーズ」のように八重咲きの園芸種が日本に入ってきています。この落ちダネがどのように定着するのか、ちょっと興味深いところです(八重咲きで定着するのか、一重になるのか?)。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

オクラの種まきに挑戦!

子供にせがまれて、オクラの種子を買ってしまいました。高温性であることは分かっていますが、「まあ、何とかなるさ・・・」ということで。

Photo タネの袋をよく見ると、発芽適温は25~30℃となっています。

寒冷地では5月には播かなければ収獲の前に秋になってしまいそうだし・・・どうやって25℃にする?

090517 思いついて、こんなことをしてみました。

大きくて重い鉢の中にプラ鉢を伏せて底上げし、種まきしたポットを乗せて・・・

090517_2 ちょっと腰のある、堆肥の袋を被せて下は鉢の下に巻き込んでみました。

これでとりあえず、少しは暖かくなるでしょう。タネの袋には3~5日で発芽すると書いてありましたから、うまくすると来週の日曜にはパンパカパーン!と発芽しているかもしれません(ホントか?)

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

レウイシアが越冬して、二回目の花を咲かせた

レウイシアは寒さに強い植物、だということを確認しました。

090517a 去年の4月に開花株を買ってきて、軒下に植えました。去年と比べて株が大きくなったようには見えませんが、花数は3倍ほどになったようです。

090517c 植えた時には土壌改良はしませんでしたし水も肥料もやらず、まさに「ほったらかし」。ここは雪が降れば屋根から落ちる雪が真っ先にドサドサと積もるところで、砂利の下は火山灰です。

丈夫で、したたかな植物ですね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレマチスアルピナ コンスタンス

クレマチスアルピナ‘コンスタンス’が、きれいに咲いてきました。

1090517 去年の今頃に4号ロングポットで買ってきて6号鉢に植え替え、先週8号鉢へさらに植え替えました。

2090517 ピンクが濃くて八重咲き。思ったよりツルを伸ばしませんでしたが、満足しています。

090517 こちらは同じアルピナの‘ウィリー’。コンスタンスよりも開花は遅いようです。

我が家には地植えの同じ品種があるのですが、鉢植えの方が旺盛に生育しています。

090517_2 マクロぺタラも元気で、もうすぐ咲きそうです。

 これら3鉢はすべて、鉢を横倒しにして雪の下で越冬させました。

 雪の下から出てきたときには「しまった!枯らしたか・・・?」と思うほどみすぼらしくなっていましたが、まったく問題なかったようです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

いつもとちがう角度で眺めてみた

朝の光を透かすチューリップがきれいだったので、いつも見ている角度から変えて、しゃがんでみました。

090516 デジカメで撮ってみると、我が家の庭ではないみたいです。

チューリップの向こうにカエデが見えますが、この木は私の腰程度の高さ。

画像にしてみると、庭が10倍ほどに広く見えます。インチキですねぇ。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

羽田空港のマッサージチェア

昨日と今日は、仕事があって1泊で千葉へ行っていました。

090511 一日目が終わってホテルでTVの天気予報を見ると、(東京では)26℃の予報。最低が17℃ですから、札幌の最高気温と同じです。

・・・北海道あればキャンプでクワガタ採りをするような気温ですねぇ。

090512 こちらは4時間前、羽田空港の出発ロビー。マッサージチェアが誘っています。

時間が十分にあるときはつい使ってしまうのですが、このマッサージチェアの稼働率は低そうです。見ていてもだいたい、誰も使っていません。温泉にある100円のよりはグレードが高くて、「まあ、200円の価値はあるよね」という感じなのですが。

この2年ほど、主にエアドゥを使っています。安くて、接客に温かみがありますから。

それにしても、この羽田空港の第2ターミナルは、札幌行きのゲートが端っこにあって遠いので不便です。搭乗時には通路が広くてあまり気なりませんが、到着時には「どこまでも歩かされ」そうな感じで嫌になります。さんざん歩かされて、京急や東京モノレールに乗ってしばらくすると汗が吹きだします。

「北海道人には、東京は暑くてたまらないのだ」ということが分かっていませんよねー。まして、この「東京-札幌」路線は世界でナンバーワンの乗客数らしいのですが(だから、長く歩かせて軽食や土産物を買わせようとしているのか?)。

搭乗口の遠さが「少しはマシ」なのが第1ビル。たまに使うJALやスカイマークでは「おっ、近いじゃないか」と感じます。

乗客の獲得争いをするなら、札幌便の搭乗口を近くすべきだと思いますよ。航空会社さん。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

雑草化しているデージーの個性

借家である我が家には「居つきのデージー」たちがあちこちにあり、雑草化しています。実際に、雑草とりしながら整理しているほど。

090509 基本的には右端の花が代表的。花弁の表がピンクで裏が赤の、標準的な八重咲きがほとんどでした。

ところが、引っ越してきて4シーズン目となるこの春から、ポンポン状の八重咲きや純白の花も現れはじめました。

限られた集団の中で、劣性遺伝子が姿を現し始めたのでしょうか?それとも、近所に新しくデージーを植えた家がある?・・・この先、どんな集団になって行くのか、楽しみです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

ワイン色の八重咲きチューリップ

北海道は、チューリップがキラキラかがやく季節です。

090509 我が家でも、去年の10月13日に植え込んだチューリップが見頃となっています。

手前の紫八重は「ブルーダイヤモンド」という品種らしいのですが、ブルーと言うよりはワインレッドに近い深い紫・・・ちょっと渋くていい感じ。

 ちなみに、黄色も八重で品種はモンテカルロ、奥の赤も八重でアバです。ほぼ同時に咲くなんて、優秀ですよね

 今日は石狩市の清水ジンギスカン(正統派で美味しくて安い)を食べてから古譚漁港で息子と2時間ほど釣り。小さなカジカと葉書サイズのマガレイが釣れて、そんなささやかな釣果でも子供には身震いするほどの嬉しさだったようです。楽しい休日となりました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

にょっきり!と。

慣れてしまえば気持ち悪くもないマムシグサ。

090508 このまだら模様は・・・初めて見ればギョッとしますよね。

でも(たぶん)一~二週間後にはきれいな白とグリーンのストライプが・・・。

あと一か月もするとエゾハルゼミが鳴き出して、フライ釣りが始まります。

クマ除け鈴の修理をしなくては・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

カブの花にナガメ

去年、収獲する前に雪の下になってしまったカブ(蕪)。雪解けで顔を出した頃には成長を始めていました。

090404 画像は4月4日。

寒さに遭遇したカブは、これからにょっきりと茎を伸ばして、花を咲かせるのです。

090506 そして約1カ月後。きれいな黄色の花が咲きました。いわゆる「菜の花」のひとつです。

食糧が乏しいこの頃、ほとんどすべての「カブの花」にはカメムシの仲間のナガメが1匹ずつお食事中・・・まあ、害虫ということになりますね。

このナガメ、触っても臭くはなりませんので、息子が喜々として捕まえます。

もうそろそろ、このカブも片付けてトマトを植える準備をすることになります。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

二色の桜

連休の最終日、息子を連れて「虫捕り」の一日でした。

090506 午前中は北広島市の南の里緑地、午後は札幌市厚別区の東部緑地と雪印種苗園芸センターの庭園へ。

南の里緑地でコツバメ(小型の蝶)、雪印でエゾスジグロシロチョウとキアゲハを捕まえました。

この春一年生となった息子。体力がついたので、蝶をどこまでも追いかけて走ります。

090506_2 不思議なことに、住宅地の真ん中と言える園芸センターでいちばん収獲がありました。この時期、蝶は花の咲く場所に集まるのでしょうね。

090506_3 立派な桜ですが、左と右で花の色が違います。左側の方が濃いピンク。

090506_4 根元を見ると、やはり二本の樹が隣り合わせで育ったようですね。

これほど見事な桜は、そう簡単には見られません。今日が満開のようですから、今週末までが見頃かと思います。

好天に恵まれて楽しかったゴールデンウィーク。私も家庭菜園の畑起こし(+石灰+肥料+堆肥すき込み)と花の寄せ植え第一回を終わらせることができました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

寝てしまうんです

今年で三回目の開花となるヒアシンス(ヒヤシンス?)は毎年、開花中に寝てしまいます。

090505 花が重いのでしょうか?それとも風の通り道だから?朝しか日が当たらない場所だから徒長気味?

それでも、この花は香りがよいので毎朝、出掛ける際のアクセントになってくれます。

 寝た花は一本、切り花にしてキッチンに活けました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

デイキャンプ・桜に半月

国営滝野すずらん公園は、巨大なガーデンです。

北海道在来の植物を見られる庭園だけでなく、チューリップやコスモスの咲くフィールド、子供たちを遊ばせられる遊園地、釣り堀、キャンプ場まで。

090504 今日はジジババと一緒に、子供を連れて滝野へ。混雑するのが当たり前と思っていたので、敷地内にある「オートリゾート滝野」のデイキャンプを基地にして遊びました。

私は当然、キャンプ場で留守番。昼食にバーベキューをした後、タープの下で2時間ほどのお昼寝タイム。最高でした。

読みたかった文庫本を持っていましたが、「あ~、気持ちいいなぁ・・・」と深呼吸するだけで時間は過ぎて行きます。

090504_2 お天気続きの連休。ビール片手に庭へ出れば、桜の向こうにお月さま、です。

連休もあと2日。さて、何をしようかな・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

エゾエンゴサクのブルーをうまく写せない

エゾエンゴサク。ブルー、というよりも「水色」の花です。

Photo 日中は日陰になるところでよく咲いていますから、こんな大株(・・・というか、分球した株が集まっているのでしょうけれど)を陽のあたる場所で見ることは少ないです。

この花の色、デジカメで撮ろうとするとなかなか難しいのです。透き通るような「水色」。

今日は息子と一緒に山菜採り。コゴミ(クサソテツ)とギョウジャニンニク、若いフキを少しだけ採って、今晩と明朝のおかずにしました。

普段は酢味噌和えの苦手な息子も、自分で採ったコゴミの酢味噌和えには「美味しいねー」と。ギョウジャニンニクのお浸しもパクつきます。

これも、ある意味でとてもぜいたくな「食育」なんでしょうね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

ヒナソウ

ヒナソウという宿根草のポットを、壮瞥町の道の駅で買いました。

090429 大きめの10.5cmポットが200円でしたので、お買い得。

しかしこのヒナソウ、北海道で越冬するのか・・・?

10年ほど前に試した時には失敗したので、どんな風に再チャレンジするか、植え方など考えているところです。

ま、私の行動パターンでは、適当に空いた所へ植えてしまうのでしょうけれど。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

八重咲きの水仙

八重咲きの水仙が一輪、唐突に咲いているのに気付きました。

借家のこの庭、前に住んでいた人が植えたものでしょう・・・けれど、西側の日陰なので、我が家が住み着いてからは栄養不足か何かで咲けなかったのでしょうね。

Photo この花は西日の中で、「まあ、いいんだけどさ・・・」とシニカルな横顔を見せていました。

花が八重咲きになるとき、①単純に花弁の数が増える②雄しべが花弁に変化する、というパターンがあります。

この水仙は②なんだろうなー・・・と思いつつ、そのうち確認してみようと思います。

ちなみに、八重咲きのペチュニアはだいたい、②のパターンで雄しべがなくなっているはずです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラサク・・・

受験の合格電報は「サクラサク」。今でもそうなのでしょうか・・・電報なんて使わないか?

0501 北海道では5月の連休明けあたりに桜の開花となるので、「サクラサク」と合格通知の関係にピンときません。

我が家の庭(へ張り出している街路樹)のエゾヤマザクラは今日が開花はじめ。去年は4月25日、二年前は5月5日でした。

090430 嬉しいことに、今年は桜色のクリスマスローズも咲いています。あまり調子はよくなさそうですが。

二年前に花付きで購入。終わりかけの花だったのでスポットレスの純白だとばかり思っていました。

そのときは、面倒だったので腐葉土や堆肥を入れずに穴を掘ってポンと植えてしまいました・・・それがいけなかったのでしょう。去年は咲かないばかりか、たった一枚の葉が出ただけ。

掘り上げて植え直すことはしたくなかったので、去年は気を使いながら肥料をあげたり、すぐ傍のルピナスをバッサリ切ったり。

やはり、面倒くさがってはだめなのですねぇ。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »