« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

ヒバリ初鳴きの日

仕事場で朝のうちにヒバリの声を今年初めて聞いた後、八雲町へ日帰りで出掛けました。

Pa090331 いつもの静狩PAでひと休み。ここへ来るまでに晴れたり曇ったり雪が降ったり。

再び走り出してハイウエイラジオを聴くと・・・一時間ほど前に通り過ぎた苫小牧東インターと苫小牧西インターの間が通行止め、だとか・・・鹿が迷い込んだらしいです。

帰りは、ラジオで「動物が侵入したため、深川インターと旭川鷹栖インター間が通行止め」と言っていました・・・動物たちにも、忙しい季節が来たようですねぇ。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

二枚目!

アマリリスの球根を鉢植えして8日目。

090330 いよっ!という感じで二枚目の葉を確認しました。

初めての植物ですし、この先どうなるか心配なのですが。

090329 昨日は、前々から息子に懇願されていたプール遊園地というべき「ラグーン」のため定山渓で一泊。

混雑を避けて日~月という日程にしましたが、春休みですからほとんど意味がなかったようです。

090329_2 二時過ぎにホテルに着いて、ものすごい人混みの中でチェックインできたのが40分後・・・信じられますか?係の人に訊くと、春休みと夏休みには平日でも宿泊者2,000人を超えることがあるとか。

ここへは仕事でもたまに泊まるのですが・・・この、客室のシャンデリアらしきものや・・・、

Photo こんな椅子を見ると、バブルの頃に建てられたホテルであることを思い出してしまいます。

 まあ、今も繁盛していると聞けば、ほっとする気持ちもありますけれど・・・。

 個人的には強めの温泉が好きなので、どうせ行くなら登別温泉にしたいところです。定山渓は・・・やっぱり宴会のイメージですねぇ。

 ちなみにバイキングの朝ごはん。「7-8時に来るように」というチケットを受け取ったのですが、8時少し前にレストランへ行くと大混雑でした・・・そして終了30分前の8時30分に出直してようやく朝食。こんなに混んでいたのに、9時きっかりには終了と告げられました・・・ふぅ・・・普通なら「二度と行きたくない!」と言うところですが・・・、「ラグーン」があるので、また行くことになるでしょう。(うぅ。)

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

春よ、こい

起きてみると、約3センチの積雪。

090327 クリスマスローズがまた雪の中へ戻ってしまいました。

090327_3 春の雪を降らせながらの夕焼けは、この季節だけのもの。

090327_5 卒園式と入学式の間にはさまった春休み。子供は満喫しています。

『マダガスカル2』の話は、前作の回想シーンから始まる・・・らしいことを息子が説明していました。

27 フクジュソウも順調に開花。まず花を咲かせて、この時期腹ペコのハエなどを呼ぶ作戦のようです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

2日で1センチ生長。

日曜日に購入して植え付けたアママリリスの球根、はじめから5mmほど芽が出ていました。

090324 そして二日目の今晩。さらに1cmほど伸びたようです。

 舌をちょっと出したようなこの感じ、なかなかかわいいです。

 アマリリスは非耐寒性の球根で、球根の1/2~1/3を出して植えるのだとか。はじめだけ多めに水やりして、あとは乾かしめで栽培するそうです。2年くらいは植え替えなくてよい、というところはグッドですね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

コンビです。

日当りのよい斜面に、フキノトウとフクジュソウが並んで出ていました。

Photo 好む条件が異なる植物ですから、珍しいです。

23 こちらは、たぶんひとつの株から出たフクジュソウの二つの芽。

 コンビ漫才みたいですね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

アマリリスの球根を植え付けてみた

何となく「うずうず」しますよね。北海道の今年は春が早くて雪融けがぐんぐん進んでいます。

Photo 来月一年生になる息子もすっかりおなじみなった行きつけの園芸店へ偵察。まだパンジーやビオラを植えるには早いので、息子のリクエストに応えてアマリリスの球根を買ってしまいました。

090322 いつ使ったのか忘れていた古い6号のプラ鉢へ、万能培養土で植え込みました。記念撮影は雪の上ですが、この後はもちろん、室内管理です。

人気があるみたいで売れ残りっぽい感じの球根でしたし、アマリリスは初めてなので、ちょっと不安はありますが・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

ワトソニアが芽を出した・そして卒園式

積もっていた雪と地面の間には空洞があり、春を待つ植物はちゃんと準備をしています。

Photo 聞きなれない名前だけれど、信頼できる園芸店で秋植え球根として売られていたワトソニア。

Photo_2 「北海道でちゃんと育つの?」という疑問は、やはり自分で確かめてみなくては、ということでチャレンジしました・・・何やら、それらしき芽が出ています。この感じは、アヤメ科ですよね。

この日は息子の卒園式。休日ですから出席しましたところ、ホロリとさせられました。

60代と思われる園長さんも、進行役の副園長さんも、担任の若い先生たちも、式が始まったところから涙声。子供たちへ注いでくれた愛情を、しみじみと感じることができました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

渡り鳥を見上げた

この季節になると朝と夕方、ハクチョウやガンの飛ぶ姿を見ることができます。

090316 コー、コー、と鳴いていましたから、ハクチョウなのでしょう。コハクチョウかな?

彼らはにぎやかです。何をそんなにおしゃべりすることがあるのか・・・。

Pc090315 釣りの季節も近付いて、フライの準備にも少しだけ力が入ってきました。この時期にたくさん作っても、半分も使わない、ということはわかっているのですが。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

サケの稚魚を放流し、ふきのとうアイスを楽しんだ

4月から一年生になる息子と二人で、今日は「千歳サケのふるさと館」へ行きました。

息子:「父ちゃん、今日はどこへ行く?」

私:「スキーとサケのふるさと館、どっちがいい?」

Photo ・・・で、サケのふるさと館です。ここは「サケ」というよりは「北海道の淡水水族館」という感じがします。

魚に限らず水生昆虫や淡水エビ・カニ、両生類もいて、運営している人たちの意識の高さを感じることができます。

Photo_2 入館するとちょうど、「サケ稚魚の放流体験」の時間でした。ラッキーです。

プラスチックのコップに、ちょっと大きめの稚魚が二尾、入っています。これを、目の前の川に放してやります。

もう何度も来て慣れた場所。1時間半ほど楽しんできました。私は、来るべき釣りシーズンへ向けてイメージトレーニング。

090315 お昼ごはんは花茶で。ミートパスタを食べ、デザートにふきのとうアイス。

ここの「ふきのとうアイス」は絶品です。北海道ではまだふきのとうには早いのですが、高知県から取り寄せている、とのこと。さすがですね。

090315_2 花茶の前庭には、スイセンらしき芽がホワイトアスパラガスのように出ていました。

つい最近、雪が融けたところなのでしょう。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

雪の下からタツタナデシコが顔を出した

12日の朝、吹雪の北海道から関東へ出掛けました。そして翌日自宅へ戻り今朝見ると、雪はかなり融けていて、タツタナデシコが顔を出しています。

090314 アメダスの気温を見ると、昨日から今日にかけては氷点下にならなかったようです。

雪がある間、このタツタナデシコの上は通路になっていましたので、ややつぶれ気味。今日からはここを歩かず、次々に顔を出す宿根草との3カ月ぶりの再会となります。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

フクジュソウが顔を出す頃に、ドングリが発芽していた

風がなくぽかぽか晴れた昼休みに、仕事場の沢を散策。

09 東向きの急斜面には、フクジュソウが顔を出していました。つぼみから先に出てきます。

Photo 南側では、ドングリがちょうど発芽したところ。きっと雪の下で待っていたのでしょう。

ドングリの発芽を見たのは、初めてです。しばらくすると双葉になるのでしょうね。楽しみです。

フクジュソウが咲いて、続いてエゾエンゴサクやカタクリが咲きだせば、もう春です。

2~3年生の頃だったか、子供ばかりで近所の山へフクジュソウを掘りに行ったことを思い出しました。その日私は移植ごてを握ったまま急斜面を転げ落ちて・・・頭を3針縫いました。父に抱えられて病院へ行ったことをよく覚えています。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

融雪剤代わりに堆肥をパラパラする

陽射しに力強さを感じるこの頃。

090308 我が家では除雪した雪を庭へ積み上げています。

まだ1メートルほどありますので、少しでも早めに融けるように、と融雪剤代わりに堆肥をほんの少し撒きました。

市販の、園芸用の完熟牛ふん堆肥です。

これをやると、雪が融けるスピードが倍くらいになるようです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

夏の、想い出の川

古い写真などを整理して見つけました。

Photo 石に苔がしっかり生えているこの川。たぶんもう、7~8年は行っていません。フライを始める前、たまに通った川。

左に大きくカーブしたところの大岩に、大文字草のような野草が咲いていたのを覚えています。

今年はまた、行ってみようかな。

にほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

雪が溶けて川になって流れて行きます

もうすぐ春ですねぇ。

090305

090305_2

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

雪解け

日中がプラスの日となり、雪解けが進んでいます。

090304 日陰ではつらら。

090304_2 日なたではグジャグジャ。

この水たまりの下に氷の底がひそんでいたりすると、たまりません。ツルリ→水たまりに尻もち!

090304_3 明日も晴れそうです。こうして、一日に2センチくらいずつ雪が溶けてゆくのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

ねこやなぎの5日後

「ねこやなぎ」を発見してから5日後。

090303 あまり変わっていないような・・。

090303_2 週末ときのう、また降ったので雪はまだ深いです。

090303_3 それでも、南側の暖かいコンクリート壁近くの日だまりにはハコベが顔を出していました。

 久しぶりに見る、地面の緑です。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

一進一退

暖かかったり冷え込んだり、ぴかっと晴れたり吹雪になったり・・・。

090302 それでもかならず、春は来る。

ビオラを植えるまであと1か月、ウグイ釣りまで2カ月、ヤマメ釣りまで3カ月。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

クリスマスローズは雪の下

ピカピカに晴れたので、子供をスキーへ連れて行きました。去年はこの時期に「初スキー」でしたが、思い通りにいかないのでくじけてほとんど滑らず。

今回が二回目となりますが、実質的には初めてと同じようなものです。

それまで庭に積み上げた雪山でミニスキーをしていましたし、友達から「スキーに行った」と聞かされたのが刺激となったのか、まあ頑張っていました。

Photo 3月になりましたがまだ雪は深く、我が家のクリスマスロースはこの下にあります。元気なんだろうか?

Photo_2 スーパーの魚屋で、珍しいものを見つけました。「こまい子醤油漬」。

この時期限定らしいのですが、暖かいご飯に乗せても手巻きの具にしても、おいしいです。「たらこ」を醤油味にしたような感じ。

Dsc_4863 『漁業生物図鑑 北のさかなたち』によると、コマイはタラ目タラ科の魚で、「たらこ」の親であるスケトウダラと同じグループにありますから、味が似ていても不思議ではありませんね。

この図鑑も、好きな本のひとつです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »