« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

イチイのつぼみ・エゾヤマザクラの芽

北海道はまだ雪の中ですが、植物たちは春への準備をちゃんと進めています。

090228 イチイ(北海道ではオンコ)は、丸いつぼみをふくらませています。

090228_2  同じ木の下の枝。雪の中から出たばかりのところにもちゃんと。

090228_3  エゾヤマザクラだって、順調に芽を大きくしています。この芽からまず花が咲いて、すぐに葉を展開させるのです。

090228_4  息子はもうすぐ卒園式。仲のよい子供が昨日からひとりで泊まりに来ていました。二人で大はしゃぎ。

それにしても、6歳の子供がひとりで友達の家に泊まるなんて、大したものだと感心しています。途中でホームシックとなって泣き出すかと心配していたのですが、とてもしっかりした子です。

自分は・・・と思い返すと、5年生の頃にひとりで飛行機に乗って静岡の叔父の家へ行き、その日の夕方に泣いてしまったことを思い出しました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

ついに「ねこやなぎ」!!

とうとう、今年最初の「ねこやなぎ」を見つけました。

090226 うーん...。春だねぇ。

正しくは「ネコヤナギ」ではないのかもしれませんが、子供のころからこの、柳の芽が割れて出たフワフワを「ねこやなぎ」と呼んでいます。

一本の木の中でも、南側で高い位置の枝が「ねこやなぎ化」しています。「陽が良く当たる場所」から始まるのですね。

去年は3月中ごろに「ねこやなぎ」。今年の冬は暖かいので、2週間くらい早いようです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

エコな加湿用品?

妻がどこかから仕入れてきた「エコな加湿用品」。

Photo どんぶり状の器は自前(どこかのピザチェーンのもののような・・・)で、そこに紙でできた放湿板(のようなもの)を立てて、器に水を満たすようです。

たぶん、紙の板の毛細管で水が吸い上げられて空気中に放たれるのでしょう。

「電気を使わないからエコ」ということなのでしょうけれど、洗濯物を吊るした方が実用的か・・・?

まあ、日常からエコロジーを考えるという姿勢は、よいと思います。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

スプーの帽子

いよいよ、息子は春から小学生です。

P1000017 こんな帽子をかぶってはしゃいでいたのに、今ではまるで興味なし。

P1000014 春も近付いて、影が短くなったので自分を撮ってみました。

うーん・・・まあ、何とかなるか、な・・・。

まずは、今年の春と夏を楽しみたいです。息子を釣りに連れて行くのは、もう少し先かな。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

太陽が・・・

この土日、北海道は「春の嵐」第一弾で大荒れでしたが、さすがに去年ほどではなく。

23 ピカピカに晴れた午後に西日の写真を撮ると、太陽が土星みたいに・・・。

偶然なのでしょうけれど、こんなことは初めてです。

あと40日ほどで、ビオラを植えられる季節になります。クロッカスも咲き始めて。

高校生の修学旅行は、二年生になる前の春だったか・・・、キャンディーズが解散するとかで『微笑みがえし』という歌が京都に流れていました。

その二年後、同じ京都で予備校生の私は『春咲小紅』を聴いていました。神戸で海洋博が開催される少し前、「ほ~ら春先、神戸にー見~に見~に、見に来てね~」と。

あれから30年近くが過ぎたなんて・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

・・・そして雪は降る。

「今年は雪が少ないねー」と言いたい気持ちを「ぐっ!」とこらえて・・・でも言ってしまいました・・・そして、「お待たせ~!」といった感じで雪が降ります。

0220 明日にかけて、北海道では暴風雪の予報。

「いやぁ~、降ったねぇ!」くらいで済んでくれればよいのですが。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

嵐の季節?

北海道はこの時期になると、なぜかドカーンとすごい嵐がやってきます。暴風雪、というやつですね。

090218 雪がしんしんと降るのではなく、台風並みの低気圧と一緒に吹きまくりますから、吹き溜まりができて車が立ち往生したり。

去年の今頃、100台ほどの車が国道で動けなくなったのが、それです。

天気図を見ると、明日から明後日が似たような感じ・・・「大雪」程度で終わってくれればよいのですが。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

バブをつくる人?

幼稚園の卒園アルバムに、「大きくなったら何になる?」というコーナーがあるそうです。

・・・それで、妻が息子に訊くと「バブをつくる人」との返答。

090214 バブとは、もちろんこれです。

まあ、いいか。

バブにはいろんな種類がありますが、最近の果物シリーズにはちょっと抵抗がります。特に、この「ラズベリーの香り」は気恥ずかしくなるような甘い香り。

その中で「グレープフルーツの香り」は意外にも落ち着いた感じで、気に入っています。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

トリの仕業か?

我が家のカーポートの上へ張り出している、お隣の立派なエゾヤマザクラ。ご主人によると、新築時に記念樹として植えたそうです。

・・・最近気になっていたのが、木の下の雪に何やら細かいものが落ちていること。

090214 はじめは、「春になって芽がふくらんできたから、その皮が剥がれて落ちたのかな?春も近いなー。」などと思っていたのですが・・・。

よく見ると、「芽」そのものも落ちています。

090214_2 こちらは、すぐ近くにある我が家のオンコ(イチイ)の木の下。

種を割って、中身が食べられているようです。

ナナカマドの実などを食べつくして、鳥たちが木の芽や(まずそうな)イチイのタネまで食べ始めたのかも知れませんね。

雪が融けるまで、鳥たちにとっては厳しい冬がまだ続くのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

光がちがうよね。

雪まつりも終わり、バレンタインデーが近付けば、北海道も春の陽射しがちょっと強くなります。

090209 昼のあいだは雪がじわじわと融けて水たまりができるから、足元に気をつけなければ。

すっきり晴れて風のない日には、コートを小脇に抱えて歩いたりもします。

日が長くなって朝の来るのが早くなりますが、何となく暖かいので気持よく寝坊したり。

・・・それでも、あと何回かは大雪の日があるんですよね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

メモリーカード難民になる?

今使っているデジカメの記録メディアは、コンパクトフラッシュ(CF)です。

「高いなぁー」と思いながら512メガバイトのを2枚買って使っていましたが、1枚の調子が悪くなったので買い換えようと近所の電器店へ。

Photo ところが、店頭にはSDばかりでCFはありませんでした。店員に聞くと、ユーザーが少ないらしいです。

仕方なく少し離れた大手電器チェーンでようやく手に入れました。今では、1ギガバイト未満はないんですね。

それにしても、デジカメの進化はすごいですよねー。

最初に買ったデジカメに付属していたCFは、なんと8メガバイトでした。バッテリーもすぐに空になるし。

でも三年前に買ったデジカメは512メガバイトのCFで500枚も撮れて、それでもバッテリーに余裕があります。今ではもっとすごいのでしょうけれど。

今回は手に入ったからよいのですが、そのうちコンパクトフラッシュを探すのに苦労しそうです。SDに較べると、すでにかなり割高になっているようですし。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

図鑑にもいろいろある

図鑑が好きです。だから、我が家にはいろいろあって・・・、

P1000047 二年ほど前に買った、釣りにも役に立つ『川虫図鑑』!・・・と思いましたが、「あの虫は、こんな名前だったんだー」ということには役立ちますけれど、釣り人として知りたいことはあまり書いてありませんでした。

P1000010 そして、『原色日本蝶類幼虫大図鑑』。

今では一年に一回開くかどうか・・・というところです。中学生か高校生の頃に、小遣いはたいて買ったと記憶していますけれど。その頃は、今とは違って自信満々だったようで・・・。

そして最近、我が家で一番活躍している図鑑は、『札幌の昆虫』です。

息子と庭にいても、たびたび開いては二人で「へぇー」とか言いながら楽しんでいます。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

「雪まつり」の頃

今年の北海道は、ここまでは雪が少なく気温が高めです。

「さっぽろ雪まつり」の雪像作りには、苦労があったことでしょう。

妻が別の用事で札幌の大通公園近くを通ったところ、「たいへんな人混みだった」とか・・・そりゃそうだ・・・この土日が、一年でいちばん大通公園に人が集まる日なのですから。

090207 少なめの雪でも今朝は5センチほど積りましたので、除雪して息子のミニスキー練習用に「norinoriスキー場」を整備。奥で縛られているのは、市が管理する遊歩道のユキヤナギ。

090207_2 この木はスキー場の頭上にそびえ、借家の敷地内に生えています。お隣さんによると、ドイツトウヒというらしいです(私はトドマツだと思っていました)。日陰になるので下の枝を落としてしまいましたが、そうすると上へぐんぐん伸びてしまうのだとか。

 うーん・・・この木が手に負えないほど大きくなる前に、私たちが住んでいる古い家が崩壊するのだろうとは思いますが・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿司屋のかみさん○○話

とても気持ちよく読める本に、佐川芳枝さんの「寿司屋のかみさん」シリーズがあります。

P1000047 エッセーを基本に何冊かあり、『寿司縁ばなし』では小説スタイルになりました。

私はこの作家の文章が好きで、休日などほっとしたい時に一定の安心感を持って本を開きます。

世界中のあちこちで、こんな心温まる日常があることでしょう。

それを形にして人に伝えるということは、簡単ではない・・・でも、それをうまく伝えてくれる。

強烈な主張やメッセージ、ドキドキするフィクションも楽しめますが、「行こうと思えば行くこともできる」わりと近い世界の「お話」であるということも、その魅力なのだと思っています。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

パキラの霜やけ・・・かな?

家に来てから10年目の斑入りパキラ。

Photo 霜やけみたいです。

たぶん、昼に部屋の空気の入れ替えをした際に、冷たい風が当たったのでしょう。

ずーっと部屋の中にいて、突然氷点下の風が当たったのですねぇ。

葉っぱを落とせるタイプの観葉植物は、環境が変わるとバラバラと葉を落とします。同じ部屋で場所を変えるだけでも、です。

  もっと柔らかい植物であれば、葉や枝の方向を変えて順応できるのでしょうけれど、それができなければ不利な位置にある葉を落として、新しい葉を新しい環境に合わせて配置するのでしょうね。

・・・・・不器用だなぁ。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

節分の落花生

節分に落花生で「豆まき」をするのは北海道だけなのだ・・・・とラジオで聞きましたが、本当でしょうか?

090203 本式には煎り大豆ですかね?

あとで回収して食べると考えれば、落花生で代用することは合理的かと思います。

あまり細かいところにはこだわらない・・・というのが北海道式なのでしょうか?

「豆まき」を息子が楽しみにしているかと思って早く帰ろうとしましたけれど、帰宅は20時。それでも息子は待っていました。

息子:「父ちゃんの鬼で豆まきするんだ!」・・・私:「なぜ、母ちゃんの鬼ではだめなのか?」・・・息子:「母ちゃんの鬼だと怖すぎるから」・・・おいおい、・・・。

ラジオでは、「旧暦では、節分の時点ではひとつ歳が増えているので、満年齢プラス1の豆を食べるのだ」とか。本当でしょうか?

息子は幼稚園で、満年齢の6粒の豆を食べたそうです。そういえば「数えで何歳」という言い方は、あまりしなくなりましたね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

真冬のクレマチスとハエ

今日から2月。クレマチスモンタナの芽もふくらみ始めたようです。

090201 ここには二品種が絡んでいますが、たぶんこちらの色が薄いほうのツルはマジョリー。

090201_2 信じれないことに、戸外でハエを見ました。この時の気温はマイナス5℃。

・・・たしかに昨日まで昼間はプラスでしたが・・・軽く触れるとポトリと落ち、それでも翅が動いていましたので生きているのでしょう。それにしても、なぜ?

北海道はまだ雪の季節ですが、本当に寒いのはあと10日ほど。二か月もすれば、ビオラを植えることができます。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »