« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

芝生は大丈夫か?

今週は2月末のようなお天気が続き、雪がどんどん融けました。

1090130 この場所はまるで三月の下旬、雪解けの頃みたいです。

0130 雪の間から、芝生も見えていますがまだ1月。

このまま寒気が来たら、ダメージを受けそうです。公園やゴルフ場の芝、牧草地などは大丈夫でしょうか・・・。

090130 今日の夕焼けは柔らかな感じ。

天気予報では明後日あたりから本来の冬に戻って、来週には「さっぽろ雪まつり」となります。

北海道外、さらには海外からもたくさんの観光客が来て、北海道の冬を楽しんでほしいですね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時は流れて

月曜日は業界の新年会でした。久しぶりに地下鉄に乗ろうとホームへ行くと・・・

090126 防護柵ができていました。

私の行動範囲では、東海道新幹線と、東京モノレールで見ていたものです。

このホームは東西線ですが、札幌市営地下鉄の南北線は札幌オリンピック前、私が小学生の頃にできました。自動改札システムは、当時の最新だったと記憶しています。

考えてみれば構造として、地下鉄でも電車でも、初めからこの柵は「あってもよかった」のだろうと思います。

それが今、「必要」になった。何が変わったのか、うまく説明できませんが、「時は流れた」ということは確実ですね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

いろいろある。

今日の昼間はピカピカの晴れ090128_2

ここ数日はまとまった雪もなく、昼間はわずかにプラスの気温ですから・・・これだけ見ると3月頃の景色のようです。

090128_3 夕焼けも、おだやかにやってきました。

・・・こんな日ばかりだとよいのですが、気分の良くないことや嬉しいことを繰り返して過ごす毎日。

去年までは、この時期は落ち着かなくて漠然とした不安を覚えていました。もう25年以上前、恥ずかしながら三浪して4年間も受験生だった頃の記憶がよみがえって。

思えば、「努力すれば何者にでもなれる」という希望を持てた、懐かしい一時期です。

今は・・・まあ楽しくやっています。だから、受験生の時代を懐かしく思えるのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほこりだらけのギター

パソコンテレビのGyaoに尾崎亜美のビデオがあって、とてもよいです。しみじみしてしまいます。

090128  「昔懐かしい」歌手の歌が流れてラジオに聞き入ってみると、歌い直しというか「ニューバージョン」のようなものを聞かされてがっかりすることがよくあります。変なタメがあったりして、媚びている感じ。

「今のアンタじゃなくて、昔のアンタの歌を聞きたいんだよー!!!」と思うのですが、リバイバルを狙ってるのか、ラジオで聞けるのはだいたい、「歌い直し」の方です。

 でも、この尾崎亜美のビデオはとても良いです。

・・・というわけで懐かしくなり、息子の要望もあって高校生の頃から使っている(使っていた?)フォークギターを押し入れから引っ張り出しました。夏は開いている押し入れなので、埃だらけです。ざっと数えて、30年物ですねぇ・・・若い頃のいろんなことを、思い出してしまいました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

かわったつらら

暖かかったり寒かったり・・・ふと眼を上げると、これまで見たことのないつららが。

090127 左側が先週の「つらら」で、屋根の雪が少しずれたので斜めに。普通ならそのまま落ちてしまうのですが、急に寒くなったので固まり、右側に新たな「つらら」ができたようです。

これから暖かい日がだんだん多くなってきますから、屋根の下を歩くときには屋根からの落雪に気をつけなくてなりませんね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

春のきざし

北海道の雪景色も1月も下旬になると、光の色が春っぽくなってきます。

090125 わかりませんか?・・・私にはわかるんです。子供の頃から、こんな感じのところで遊んでいましたから。

090125_2  それにほら、山桜の芽がふくらみ始めているのです。

いちにちずつ、春に向かって進んでいる感じです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

ガラスのサカナ

いつからあるのか分からない、ガラスの熱帯魚がパソコンデスクの片隅にじっとしています。

Photo

気の毒なので、PCのディスプレイの前で記念撮影。

たぶん「何とかヤッコ」という感じのサカナがモデルなのでしょう。

10年近く前に行った沖縄で買ってきたのだろう・・・と思っていたら・・・、裏側に「はこだて明治館」とシールが貼ってありました。・・・うーむ・・・。

「いつから?」どころか、「何で?」さえも分からなくなってしまいました。

 こういう存在って、たぶんたくさんあるのでしょう・・・ありませんか?

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

雪は大切!

「今年は雪が少ないねー」なんて言っていると、だいたい大雪になるものです。

090120 今日、ここから車で10分のところではこの三倍くらい積もっていました。

雪国ですから、冬の間に積もる雪の量はだいたい決まっているようです。12~1月に少なければ、2~3月にドカーン!と降ったりして。

Photo

(画像は我が家の庭ですが)たとえば森の中、やたらに枝を広げた樹があれば雪の重みで枝が折れたりして、春になれば若い木が育つチャンスを作るのかもしれません。

庭にある宿根草だって、雪に守られて春を待ちます。雪があれば寒風にさらされることはないし、水に困ることもありません。

この冬の雪は、これまでちょっと少ない感じでしたので・・・、これから「お待たせ~!」という感じで降りそうです(警戒しています)。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

クレマチスモンタナ、越冬中!

北海道は今が一番寒い時期ですが、日が長くなり始めて陽射しに力を感じます。

庭の植物がほとんどが雪の下にあっても、クレマチスモンタナはご覧の通り。

090118 12月にはマイナス18℃の日もありました。でもまったく問題ない(はず)です。

冬に葉が枯れるのですから落葉性なのですが、北海道ではツルに枯葉がついたまま。春に落ちます。

0118 シュウメイギクは地上部が枯れますので、これは私の切り忘れ。結実しても種子が熟す前に凍ってしまいますので、北海道ではシュウメイギクが種子で殖えることはなさそうです。

090118_2 雪の上に鳥の足あと。

矢印のように見えますが、この矢印の反対方向へ進んでいるんですね。

慌てて引き返したような感じですが、何があったのでしょうか?・・・

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

カニのボールペン

もうすぐ6歳になる息子は、動物園よりも水族館が好きです。

近場では新札幌のサンピアザ水族館、次いでよく行くおたる水族館、一番行きたがるのは登別のマリンパークニクス。豊平川さけの科学館、千歳さけのふるさと館へもよく行きます。

090116 水族館は私も好きなので大抵一緒に行くのですが、いつだったか留守番した時に、息子から私へのお土産。カニのボールペンです・・・・でもこれ、とても使いにくい。

モデルはズワイガニですね。

にほんブログ村 花ブログへ

にほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

鉢植えの中のジャングル

斑入りパキラの鉢の中にいつの間にかシダの仲間が侵入して、ジャングルの一場面を連想させます。

090115 戸外はマイナス10℃。

暖かな部屋の中でこんな連想ができるのも、化石燃料をどんどん燃やして北国の冬を過ごしているから。

二酸化炭素が本当に地球温暖化の原因となっているのか?という議論は別にしても、確かにエネルギーを消費しているわけです。

本当にニンゲンはこの場所で冬を過ごすべきなのか?と考えてしまいました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

つららを食べてはいけない?

子供の頃は雪の中で遊んでいて、面白半分と喉の渇きのため、つららをなめたりしていました。

090113 でも大人になって考えてみると・・・、これを食べるのは健康によくないなぁー、と思ってしまいます。

北海道でも空気は汚れ、春が近付けば黄砂と一緒に中国の工業地帯のばい煙が流れてくるとか。

それが屋根に積もって、屋根に落ちた鳥のフンなんかと一緒に流れ落ちて凍ったのが「つらら」だと考えると・・・やっぱりこれは、食べてはいけませんね。

若い頃にもスキーへ行って「ツララでオンザロック」なんていうのをやったような気もしますが。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快速電車が途中から特急に変わるのです。

北海道の新千歳空港から札幌行きの「快速エアポート」に乗ると、ときどき「えっ!?」という感じがします。

090109 車内もシートも、快速という感じがしません。

 1時間に1本ほど混じっているこの列車、札幌までは快速で、その先は旭川行きの特急になるのです。もちろん、空港から札幌まで乗るのに特急券は必要ありません。ちなみに、札幌駅に着いてから旭川へ向かうため逆方向へ走りますから、近くのお客さんと協力してシートの向きを変えることになります(簡単です)。

 「さっぽろ雪まつり」のついでに、旭川の旭山動物園へも、ぜひお寄りくださいね。そうそう・・・、旭山動物園ではまともな食事にありつくのが難しいですから、おやつをたくさん持って行った方がよいと思います。

 生れも育ちも札幌の私は、10代から50代直前の今まで、たぶん「さっぽろ雪まつり」へは3回くらいしか行ったことがありません。でも、旭山動物園へはこの5年で4-5回、行っています。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

大雪?

大雪になりそうな予報です。

090110 三日前に雪下ろししたカーポートにも、カエデの枝にも雪が積もってきました。

う~む・・・でも実はちょっと、ウキウキしています。

子供の頃から、「雪がたくさん降る」というだけでウキウキ。我が息子も、ウキウキしています。

大人になってしまった私の方は、除雪を始める段になって、うんざりするのですが・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

とてもよく冷えた朝!

夜に雪が降らず星がきれいで、今朝はとても冷えました。仕事場へ向かう途中、クルマに付いている温度計の表示がマイナス20℃の場所もあったりして。

090108 昨夜は千歳川と支流から霧が 出ていましたから、朝のカラマツは霧氷をまとってピカピカ。

冷えた夜にはこの氷が、細い枝を守ってくれるのでしょう。

090108_2 毎朝眺める、好きな景色です。空気が澄んだこんな朝は、ずうっと遠くまで見渡すことができます。

北海道は、これから1か月がいちばん寒い季節。1ヶ月後には「さっぽろ雪まつり」が始まりますけれど、その頃は「冬も、もうすぐ終わり」という感じになります。雪まつりが終わればすぐにバレンタインデーで、陽射しが春めいてきて足元の雪がザクザクと緩み始めます。

・・・ということで、あと1カ月で春の予感、さらに1カ月で春の嵐(だいたい、この頃に最後の大雪が来る)、そしてもう1カ月で雪解けとなります。

 ・・・楽しみだなあ。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

カーポートの雪下ろし(この冬1回目)

雪が毎日10cmくらいずつ積もるので、「大雪だぁ!」という感じがないまま毎日雪かきです。

090107 今朝の雪はこんな感じ。20cm積もると「いやー、降ったねぇ!」となるのですが、10cmは普通です。

090107_2 カラマツも雪をまとって、むしろ暖かそうに見えます。

Photo 日中はほとんど降らず、久しぶりに夕焼けを見ました。

090106  今日はカーポートの雪下ろしをします。まずこれが、昨日深夜の状態。

090107_3  脚立に乗ったり降りたり、下ろした雪を庭へ運んだり・・・で、1時間ほど掛かりました。多いところで約40cm積もっていました。

 屋根に重い雪が載ってるので、少し押してもグ~ラリ、グ~ラリ・・・と揺れてちょっと怖かったです。

 写っていませんが左奥にはイチイの枝があって、カーポートの屋根に積もった雪と一体化していました。こういうところに雪が溜まるみたいなので、今度の休みに枝を整理しなければ・・・その前に明日はゴミの日だぁ・・・雪の予報はないので朝の雪かきはしなくてよさそうですが。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

毎日、着実に積もっているなぁ・・・。

さすがに一月ですから、ちゃんと真冬になっています。

毎日、晴れたり曇ったり雪が降ったり。今朝は近所のアメダスがマイナス14℃という最低気温を記録していました。

090106 仕事場のトドマツは今朝も雪化粧。一月らしい気温と空模様の一日でした。毎日、ちょっとずつ確実に雪が積もっています。

090106_2 妻を「里返し」してるので、家の周りの簡単な除雪も帰宅してからやらなければなりません。それだけでも面倒なのですが・・・さて、もともと私が担当のカーポートは・・・うーん・・・さっきのアメダスのデータでは積雪30cmほどなのですが、我が家のカーポートの屋根はもっと積もっている感じ。

 明日は、下ろさないとなぁ。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

晴れたり降ったり。

比較的おだやかだった正月も過ぎて、今日から本格的に仕事です。

090105 正午の気温がマイナス5℃ですから、この時期としてはまあまあ。お天気がよくて、気分爽快。

090105_3  ところが、4時間半後にはしっかりと降ってきました。今年はカーポートの雪下ろし、何回することになるのでしょうか・・・。

 この冬は、子供にスキーを教えないとなぁ・・・。その前に、自分も運動して体をほぐしておかないと、なぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

里返し?で寂しくなった

例年は正月3日あたりに1泊で妻の実家へ行っていましたが、今年は「ゆっくり遊んでいらっしゃい」ということで子供と一緒に1週間の「里返し」です。

息子は念願の「スーパーおおぞら」の旅を満喫した、と妻からのメールもあり一安心。

0103  ちょっと寂しいかな、と思っていると冷蔵庫から息子のイラスト付きビール。ウルトラマンのひとつなのでしょうけれど、本人のコメントがなければ不明です。

081104 お膳で留守番しているのはウルトラマンティガ。普段は、ビールがなくなると息子と一緒に冷蔵庫まで取りに行ってくれます。「ティガ、ビールが、今、足りな~い。ティガ、ビールを、さずけ~てーくれー」と歌います。

090104 今日から一人暮らしなので、夕方まで仕事した後で仕方なく、近所のスーパーへ行きました。正月明けで日曜の夜という「究極のタイムサービス!」ということでしょうか・・・今日が消費期限のウニが半額でした。

ウニ丼や軍艦巻きではわかりませんが、これをひとつずつ食べると、そのひとつずつの味が違うことに気付きます。

ウニとして食べているのは卵巣だったり精巣だったりしますから当然味は違いますし、たぶんウニが食べていたものやコンディションによっても味が違うのでしょうね。

そういえば10年ほど前に、カリフォルニアの小さな町(のアメリカンなすし屋)で食べたウニ。一粒が大きいので包丁で半分に切って出されたことを思い出しました。味ですか?・・・まったく雑味のない、とてもピュアな感じでした。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

日本の会社って、こんなだったっけ?

「派遣村」の話題がニュースとなっています。直接的には自分の責任ではない遠いところで起きた思惑違いや破たんの影響を受け、労働者が寝る場所すら失う・・・。

(政治家やお役所には無理としても)日本の超一流企業(の中枢にいる人)がこの危機的な状況を予測しなかったのか?基本的な危機管理でしょ?・・・と思わずにいられません。Photo

終身雇用が前提だった「ニホンの会社」。これを非合理的だとか会社に縛られたくないとかダサイとかいう「働くスタイル」が変わった時代を経て、現在の形になった。3Kとかいう言葉もありましたね。

都会の景気が良くなり、家業があってもそれを捨てて出て行くことが当たり前になった。親は、「こんな苦労は子どもにさせたくない」といって後継ぎをあきらめ、廃業した。

「そこではたらく人とその家族・地域を大切にする」「雇用の維持は会社の義務」を守ってきたニホンの会社が、時代の流れで「株主のための企業」「当期利益を最優先」と変化してきた。

利益追求と危険回避のため、定型的な仕事はパートや派遣社員にどんどん任せた。安上がりだからということで子会社をたくさん作り、外注を増やした。

「ゆとり教育」などといって、基本かつ重要な学校教育をおろそかにした。

「世界的に経済の調子が悪いのだから、これは(政策や)企業や個人の責任ではない」というような雰囲気にありますが・・・おかしいな、と感じます。

企業が追及する「利益」とは何なのか、考え直すべき時なのだろうな・・・と考えてしまいました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

焼酎のお湯割りを保温マグカップで美味しくいただく

最近、パソコンの前で焼酎のお湯割りを飲んでいます。でもこのお湯割りって、冷めるのが早いんですよね。

081224 こんな便利なものがあるとは知りませんでした。(たぶん)アルミの真空二重構造になっていて、開閉式の飲み口が付いたフタもあります。

これまでは、冷めるとまずくなるので、お湯で割ったら急いで飲んでいました・・・当然、飲みすぎます。

 これだとゆっくり飲めますし、お湯で割ってから時間が経過すると味がまろやかになるような感じもして、美味しくいただけます。

そういえば焼鳥屋をやっている知人が、「焼酎のお湯割り」ではなくて「焼酎を水で割ってから温める」という出し方をしています。たしかに美味しい。

 冬の夜の、ちょっとした楽しみです(基本的に私はビール党なのですけれど)。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

ナナカマドの脇を通って初詣に出掛けた

元旦としてはあまりに穏やかで暖かかったので、歩いて近所の神社へ初詣に出掛けました。

2 ナナカマドの木の下を通ると雪の上に、鳥が果実を食べた跡を見ることができます。

紅白の水玉模様。縁起が良いかも?

090101_2 上を見上げると、ナナカマドの実はまだたくさんあるようです。街路樹でもこうして生き物を養っているのですね。

 家族三人、気持のよい新年となりました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »