« 寒さに耐えるカルーナ | トップページ | 「松ぼっくり」って、大事なんだねぇ。 »

2008年12月16日 (火)

春を待つココロ

この時期の北海道としては暖かい日でしたが、雪はほとんど融けませんでした。やはり、このまま根雪になるのでしょう。

081216 おかしなもので、春を待つ心が騒ぐのは秋まで。冬になってしまえば、雪があるうちは諦めというか覚悟の中にいるので、それほど雪解けを恋しいとは思いません(じきに春が来ることを知っている安心感か?)。

きょう一日、浅田真央がフリーの曲とした「仮面舞踏会」の旋律が頭の中で流れていました・・・でも時々ぱたりと止まって「どんなだったっけ・・・?」とアタマの中を探してみたりして。

 クラッシックにはあまり興味がないのですが、揺さぶるような「ゆらぎ」に心が軽く騒ぎます。・・・・ツツジの冬囲いがまだ終わっていないせいか・・・?

にほんブログ村 花ブログへ

|

« 寒さに耐えるカルーナ | トップページ | 「松ぼっくり」って、大事なんだねぇ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/43439987

この記事へのトラックバック一覧です: 春を待つココロ:

« 寒さに耐えるカルーナ | トップページ | 「松ぼっくり」って、大事なんだねぇ。 »