« 「松ぼっくり」って、大事なんだねぇ。 | トップページ | ちゃんとホワイトクリスマスになる。 »

2008年12月20日 (土)

つかの間の雪解けで・・・

冬至前としては信じられないような暖かい日が続き、庭の植物も「春が来たかな?」と勘違いをしそう。札幌の最高気温が東京より高い日もあった、とか。

081220 このプリムラブルガリスは、完全に春と間違えています。

081220_2 パセリも青々として新芽も生長していますが・・・来年の春には花が咲いて、今頃には枯れていることでしょう。パセリは、ここでは二年草のように行動するようです。

081220_3 シクラメンヘデリフォリウムは、この庭でいちばん元気で青々としています。

1081220 少し離れたところでは、今年発芽した実生も元気。アリが運んだのでしょうか?

081220_4 一方、「ガーデンシクラメン」はさすがに、マイナス10℃には耐えられなかったようです。でも、花の少ない晩秋にずいぶん長く楽しませてくれました。ごくろうさま。

にほんブログ村 花ブログへ

|

« 「松ぼっくり」って、大事なんだねぇ。 | トップページ | ちゃんとホワイトクリスマスになる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/43476057

この記事へのトラックバック一覧です: つかの間の雪解けで・・・:

« 「松ぼっくり」って、大事なんだねぇ。 | トップページ | ちゃんとホワイトクリスマスになる。 »