« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

こんなに温かな大晦日は初めてだー!

北海道の大晦日なのに気温がプラス。イチイの枝に載っていた雪が溶けだしています。

Photo 「この季節に?」と思うようなおかしな気候は珍しくなくなりましたが、ちょっと調子が狂いますね。

我が家の大みそかは、妻が握る寿司を恒例としています。年賀状も書き終わって、あとは風呂に入ってゆっくりと夕食を・・・。息子は初めて夜更かしを許されて喜んでいますが、果たして何時まで粘れるのか?

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

クリスマスローズの冬囲い?

今年の春にオリエンタリス系のクリスマスローズを植えて、最初の冬を迎えています。

081224 一週間前の様子。除雪した雪を積み上げる場所なので、ペチャンコにならないように一応、竹で雪囲いのような感じにしておきました・・・今は完全に雪の下。大丈夫かな?雪解けが楽しみです。

081224_2 クリスマスといえば、息子のリクエストに応えてレゴのトリケラトプス(をサンタに頼んでおいた、ということで)。

図解式の説明書は子供の視覚に訴えるらしく、5歳の子供が絵を見ながらスイスイと組み立てるのを見ていて楽しかったです。

大人として「・・・そこ、違うんじゃないか?」と言いたいのをぐっとこらえて黙っていると、勘違いしているのは私の方。

見た感じを素直に受け止める子供の感性を、ちゃんと捉えたマニュアルに感心しました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

クリスマスツリーなんて・・・

12月26日の吹雪で、いつも通りの「冬の北海道」になりました。

081227 トドマツの枝にも雪が積り、見事なクリスマスツリーに。

この木が自然に生えたものなのか、先人が植えたものなのか、わからないのですが。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

このお菓子をおいしいと言うのか?息子よ!

千歳のアウトレットモール「レラ」へ行くと、食事をするところの入り口にお菓子の量り売りがあります。私も子供のころには、ごくごくたまに、札幌の丸井今井だったか三越だったかの地下で買ってもらった覚えがありますが・・・Photo

レラにあるのは、ほとんどがグミみたいなものです。ポリ袋に入れて持ち帰るのですが、香りというか、においが「合成香料をいろいろ混ぜました!!!」という感じ。

息子に「おいしいか?」と聞くと、「うん、おいしい」と答えます。

 私には、小学生のころに流行った香り消しゴムのように感じてしまいます。

 そういえばその香り消しゴム、同級生の女の子が(香りを楽しみたくて)鼻のところへ乗せて寝たそうです・・・・翌日、頭が痛くなって学校を休んだということを覚えています。

 食べてみると、なんとなくアメリカやヨーロッパで泊まったホテルに流れる、(たぶん石鹸の)独特の香りを連想しました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

ちゃんとホワイトクリスマスになる。

子供のころから札幌圏に住んでいて、クリスマスに雪がなかった記憶がありません。今年のように「直前まで雪がない!」ということは何度かありましたが・・・スキー場などではお困りのことでしょう。

Photo 4年半使ったPCがウイルス対策ソフトについて行けなくなり(本末転倒!?)、思い切って買い替えました。きのう一日かかってデータ移行などしていたところ・・・やけに冷えると思って外を見るとさらさらの粉雪です。

Photo_2 はだしで物干し台へ出たので、すのこに足あと。これでもつま先立ちです。

冬至も過ぎて、徐々に日が長くなると思うとうれしいです。雪と冷え込みはまだまだ、序の口なのですけれど、ね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

つかの間の雪解けで・・・

冬至前としては信じられないような暖かい日が続き、庭の植物も「春が来たかな?」と勘違いをしそう。札幌の最高気温が東京より高い日もあった、とか。

081220 このプリムラブルガリスは、完全に春と間違えています。

081220_2 パセリも青々として新芽も生長していますが・・・来年の春には花が咲いて、今頃には枯れていることでしょう。パセリは、ここでは二年草のように行動するようです。

081220_3 シクラメンヘデリフォリウムは、この庭でいちばん元気で青々としています。

1081220 少し離れたところでは、今年発芽した実生も元気。アリが運んだのでしょうか?

081220_4 一方、「ガーデンシクラメン」はさすがに、マイナス10℃には耐えられなかったようです。でも、花の少ない晩秋にずいぶん長く楽しませてくれました。ごくろうさま。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

「松ぼっくり」って、大事なんだねぇ。

仕事場にある松の木には、冬になるとエゾリスやさまざまな野鳥がやって来ます。

何で?・・・と不思議に思っていましたが、現場に行って謎が解けました。

1218  これ大人気の松の木です。種類はわかりませんが・・・

1 むしりとったような松ぼっくり。下の方何枚かが剥がされています。これはたぶん、エゾリス君。

1218_2 付近には、たくさんの松の実(たぶん)が落ちています。

081218 きれいに、中身が食べられているものもあります。

081218_2 別の場所では、巨大なトドマツの松ぼっくりがパイナップルみたいな姿になっていました。

 松の実は脂肪がたっぷりあって、冬を過ごす動物たちには格好の食料なのでしょう。・・・雪が積もる前に、これをたくさん食べようとしたのでしょうね。

081218_3 根雪かと思ったら融けて、青々とした芝生が現れました。

081218_4 イチョウの落ち葉は黄色いものと思っていましたが、雪の下で褐色に変わっていたようです。

 二週間前に終わったと思っていたドラマが雪の下から現れ、ちょっと得した気分になれました。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

春を待つココロ

この時期の北海道としては暖かい日でしたが、雪はほとんど融けませんでした。やはり、このまま根雪になるのでしょう。

081216 おかしなもので、春を待つ心が騒ぐのは秋まで。冬になってしまえば、雪があるうちは諦めというか覚悟の中にいるので、それほど雪解けを恋しいとは思いません(じきに春が来ることを知っている安心感か?)。

きょう一日、浅田真央がフリーの曲とした「仮面舞踏会」の旋律が頭の中で流れていました・・・でも時々ぱたりと止まって「どんなだったっけ・・・?」とアタマの中を探してみたりして。

 クラッシックにはあまり興味がないのですが、揺さぶるような「ゆらぎ」に心が軽く騒ぎます。・・・・ツツジの冬囲いがまだ終わっていないせいか・・・?

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

寒さに耐えるカルーナ

この冬、既にマイナス10℃を経験したカルーナ。

081213 秋まで緑色だった葉は黒に近い緑になりました。たぶん細胞の水分を極限まで絞って凍結に耐えているのでしょう。

この三日、フィギュアスケートのグランプリファイナルをTVで観ていました。浅田真央とキム・ヨナの競い合いに、ジーンときました。

厳しい練習に耐え、試合の重圧に耐え、自分の思いに耐えて、表現すること。生きることの縮図のひとつが、そこにあったように思えて。

このカルーナは、引っ越してきたときに日陰にあったものを日なたへ移して元気になりました。そして今年は教科書どおりに、花の咲いた位置の中間あたりで剪定。雪に押しつぶされるかもしれませんが、それもまた自然の姿ということで放任してみたいと思います。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月13日 (土)

着実な植物・冬を勘違いする息子

冬になっちゃったなー・・・と、心構えがようやく出来はじめたニンゲンとは違って、植物はたぶん何万年も変わらずきちんと準備をしています。

081213 雪の花を咲かせながらも冬芽を守って、ちゃんと春を待つ態勢です。

081213_3 ところが来春一年生になる息子は何を勘違いしたか、「砂場セット」で雪遊び・・・。

「砂場セット」で雪遊びをするのはちょっと・・・と思う私に柔軟性がないのか、はたまた息子に季節感がないのか・・・、たぶん前者なのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ・し・あ・と

 仕事場の敷地内。ちょっと積もった雪に動物の足跡ですが、イヌの散歩に入って来られる場所ではありません。

081202 野犬でしょうか?キタキツネ?それともアライグマ・・・それとも大きなネコ?

雪が積もると、さまざまな動物の足跡を見ることになります。

この足跡から察するに、あまり急いではいない様子。ニンゲンの見ていない夜や明方に、彼らはどんな気持ちで雪の中を歩いているのでしょうか?

我が家の庭でも、ネズミらしき足跡を見ることができます・・・「どこの家が暖かいかなー」という探査中なのかもしれませんね。

にほんブログ村 花ブログへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

これで根雪になるでしょう

雪国の人でなければ「根雪」という言葉を使う機会はないのでしょうね。

081211 今日は午後からしんしんと雪が降り積り、気温もそれなり(真冬日の感じ)。このままホワイトクリスマスへまっしぐら・・・という感じです。このまま春まで融けなければ、それが根雪。

 こんなに複雑な経済ではなかった頃・・・北海道の開拓の頃に、人びとはどんな風にこの季節を迎えていたのか・・・と考えてみました。

 食べ物を蓄え、それができているるかと親戚や友人を心配し、でも自分たちのことで精一杯だったか・・・。生きるか死ぬかの、厳しい中でもお正月を迎えることができたとすれば、それは何よりも嬉しいことだったでしょう。

 そうした先人たちの苦労の後に、自分たちがここで暮らしていることを思っていたいです。

 釣りをしていても思います。「私の釣りは遊びだが、元々は、そうではなかったのだろうな」と。遊びの釣りは商業(金儲け)のタネになり、その商業に乗ったまま、何やかやと釣具メーカー(や出版社)からモノを買っている。そしてそれが、関連する業者を存続させる・・・「CSR=企業の社会的な責任」を果たしているメーカー(や出版社)はどこなのか、釣り人は認識する必要があると思うのです。

 私はカモにはなりたくないので情報収集し、「商売のために外来魚放流に関わった」「今も推進している」と思われるような業者のものは買わないようにしていますけれど・・・。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

黒松内温泉で生ビール!(夏の思い出)

黒松内の日帰り温泉「ぶなの森」で生ビール!・・・この夏の思い出です。

7 この日はル・ピックでキャンプ。夕方に入浴に来たわけですが、ちょうど日本ハムの二軍の試合が近くであったため、たいへんな賑わいでした。

Photo この温泉で最高にうれしいのは、売店で生ビールを買ってテラスで飲めること。風呂上りに外で生ビール!!!なんて、最高です(この間に、足の甲を蚊に刺されましたが・・・)。

 また行きたいなぁ・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

季節があることにシアワセを感じる

今日の北海道は、11月上旬の暖かさ・・・とはいっても、夕暮れは早いです。

081209 今週末の夕暮れがいちばん早くて、(冬至はもう少し先でも)だんだんと夜の来るのが遅くなるそうです。

これから来る冬に身構えながらも、冬至を過ぎれば徐々に日が長くなる・・・これはうれしいことです。

まだ積雪の前ですが4ヵ月後のクロッカスを待ちつつ、冬を楽しむことにしたいと思います。

そういえば、ウイルス対策ソフトを最新版に変えようとしたら、「メモリが足りません」と出ました。考えてみるとこのPCはあと半年弱で5年。当時は平均より少し上のグレードを選んだつもりだったのですが・・・買い替えを検討しつつ、こちらも春を待つことになりそうです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

庭植えクレマチスの越冬(in 北海道)

ジャックマニーアルバ081207 。これから三回目の越冬です。

教科書どおり、地上から50cmほどのところで剪定。去年も一昨年も、ほとんどの節から新芽が出てよく咲きました。

 全開の冬はマイナス20℃近い日もありましたが、ぜんぜん問題なし。

 左奥と右側に見えるのはモンタナです。モンタナも、寒風の中で吹きさらしにしても、前回の冬はまったく問題ありませんでした。

 地植えの場合は寒さの心配をせず、放っておいた方がよさそうです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

クレマチス鉢植えの越冬

今年五月に、購入したクレマチス大苗を8号鉢に植え替えました。それがぐんぐん育って、来年が楽しみです。

Dsc_4144 アルピナとマクロペタラ。地植えであれば北海道でも問題なく越冬することはわかっているのですが・・・こんな風に、落葉せずに葉が枯れるのを見ると、ちょっと心配になります。鉢のままだと根が凍るかも?

081207 そこで、去年チャレンジして実績のある「鉢のまま寝かせて雪の下へ」を作用することにしました。

 立てたままでどうなるか?という興味はありますが・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

釣りとガーデニング(と、子育て)の両立?

北海道の冬ですから、庭にはほとんど用がない・・・というわけではなく、冬囲いがまだ済んでいないのです。風邪や腰痛などで、毎年この季節は思うように行きません。

というのも、子供が幼稚園へ通いだしてから。子供→妻→私、子供→私→妻・・・というように、毎週のように新しい風邪を引いています。

081120 そんな季節は、来シーズンの釣りに向けてフライを作ります・・・といっても、私の場合は90%以上が無駄になりますけれど。

 釣りに行って帰ってきて、それから巻くフライが、次の釣りに優先的に使われます。だから、冬の間に巻き溜めたフライなんて、イメージトレーニングのひとつに過ぎないのです。

 それでも今シーズンが6回目だった私も、そろそろ初心者と言えなくなってきました。何となくですが、見えてきたものがあります。

 そのひとつがフライフック。初めは教科書どおりにTMC○○というのを使っていましたが、私の場合はこっちの方が釣りやすいです。ということで、全面的に切り替えました。

 息子も来年は一年生・・・昆虫採集だけでなく一緒に釣りへ行くのか、はたまた友達と遊ぶのに忙しくなるのか・・・。私としては、どちらでもよいと思っています。

にほんブログ村 花ブログへ

にほんブログ村 釣りブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

まだ凍っていない?ガーデンシクラメン

どうせ凍って枯れているだろう・・・と思いながらも今朝見たシクラメン。

081202 雪の中で、健気にも頑張っています。花を咲かせることはできないながらも、ちゃんと生きていました。

 このまま春になるのであれば「おみごと!!」ということになるのでしょうけれど、北海道はこれからが厳しい冬です。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »