« ナナカマドと野鳥の関係について考えてみた | トップページ | 季節はずれのプリムラブルガリス »

2008年11月13日 (木)

霜が降りても・・・

昨日の朝はマイナス3℃。かなり強い霜が降りました。

1112 まるで、冷凍庫の中みたいです。

081112 でも空を見上げると、真っ青な空にエアドゥが飛んでいました。この空だけを見ると、南国みたいです・・・が、カラマツは黄葉しているし山には雪が。

081113 そんなことはお構いなしに、ノボロギクは初夏と同じように種子を飛ばし、花も咲き続けています。昼になって気温が少し上がれば、この花にハナアブが訪れたりも。

 ニンゲンを含めて、いろんな生命がそれぞれのリズムで暮らしているのだ・・・ということですね。

 何が正しいということはなく今は過ぎ、でもいつかは結果がある・・・1000年後のこの地に、昔から生きているカラマツは生き残っているのでしょうか?帰化植物のノボロギクは?そして、ニンゲンは・・・?

にほんブログ村 花ブログへ

|

« ナナカマドと野鳥の関係について考えてみた | トップページ | 季節はずれのプリムラブルガリス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/43105775

この記事へのトラックバック一覧です: 霜が降りても・・・:

« ナナカマドと野鳥の関係について考えてみた | トップページ | 季節はずれのプリムラブルガリス »