« 我が家生まれのキクが咲く | トップページ | ガーデンシクラメン(?)のその後 »

2008年10月11日 (土)

インパチェンスの果実

なかなか気付きませんが、インパチェンスも「ぱちんとはじける」果実をつけます。

081011 画像の真ん中がそれ。丸くふくらんだものを触ると、はじけます・・・とは言っても、花粉を運んでくれる昆虫がいなければこのように結実することはないのでしょう。

081011_2 こちらは、昔からおなじみのホウセンカの果実。ここに写っているものはどれも未熟ですが、強いて挙げるなら真ん中の一番下にある果実くらいのふくらみ具合。子供に触らせると、「キャー!!」といって喜びます。北海道では、タネから育てたホウセンカの果実がふくらむのと霜が降りるのと、競争のようなものですけれど・・・。

 インパチェンスもホウセンカも、同じなかま。ツリフネソウやキツリフネも同様です。

 かれらがなぜ、こんなふうに「はじける果実」を作るのかは、わかりますよね?

 10年ほど前に、石垣島で雑草化しているインパチェンスを見ました。たくましいものです。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ

|

« 我が家生まれのキクが咲く | トップページ | ガーデンシクラメン(?)のその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/42756260

この記事へのトラックバック一覧です: インパチェンスの果実:

« 我が家生まれのキクが咲く | トップページ | ガーデンシクラメン(?)のその後 »