« 我が家生まれのペチュニア・ベリピタの日 | トップページ | ある日の収穫 »

2008年9月 8日 (月)

コリウスの花穂

春に咲かせたパンジーのあとに、コリウスを植えています。このコリウス、シソにそっくりな植物で(シソ科ですから・・・)、品種にもよりますがシソと同じような時期にシソのような花を咲かせます。

0809061  最近の品種は花穂の出るのが遅くなったような気がしますが、やはり秋になれば咲いてきます。

0809062 よく見るときれい。でも一年草ですから、花が咲いて種子ができれば、枯れて行くのでしょう。

Photo 一方、こちらは苗がかなり「お高い」栄養系のコリウスで品種はジグザグ。1株です。

 高いだけあってよく成長し、今のところ開花する気配がありません。

・・・・・何で?・・・と考えてみると、

・種子系のコリウスは、種子ができなければ殖やすことができない=適度なところで花が咲く=種子が採れる

・栄養系は、花が咲かなくても挿し木で殖やせるので、花がなかなか咲かないものを品種にすることができる=どんどん成長して大きくなる

・・・こんなところでしょうか。

にほんブログ村 花ブログへ

|

« 我が家生まれのペチュニア・ベリピタの日 | トップページ | ある日の収穫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/42420022

この記事へのトラックバック一覧です: コリウスの花穂:

« 我が家生まれのペチュニア・ベリピタの日 | トップページ | ある日の収穫 »