« 変わり者 | トップページ | えこりん村の銀河庭園 »

2008年8月28日 (木)

枝豆と根粒菌

家庭菜園の王者だ!!と私が勝手に思っている枝豆。

080824 この、採れたてをたっぷりの塩水で茹でて、さらに軽く塩をまぶした「エダマメ」の美味しさは格別です。ただし、決して茹ですぎないこと(茹で上がったときに莢が鮮やかな緑色になっている状態が理想)。

 品種だって、こだわらなければなりません。早生、中生、晩生とありますから、北海道で8月中に食べたければ早生を選びます。おススメはサッポロミドリ。

080824_2 エダマメは、まず食べごろになった株ごと引っこ抜いてから莢をむしります。我が家では5歳の息子に最適の「お手伝い」(自分が採った野菜って、子供は良く食べますよね)。

 引っこ抜いた根をよく見ると、白っぽいツブツブがついています。これが根粒で、中には根粒菌が入っています。病気ではありません。

 根粒菌は空気中の窒素を取り込んで、根から植物に供給しています。つまり、肥料の足しになっているわけですね。

 ただし、美味しいエダマメをたくさん食べたかったら、「根粒菌がつくから肥料は要らない」ということにはなりません。残念!

にほんブログ村 花ブログへ

|

« 変わり者 | トップページ | えこりん村の銀河庭園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/42304323

この記事へのトラックバック一覧です: 枝豆と根粒菌:

« 変わり者 | トップページ | えこりん村の銀河庭園 »