« 小さなニジマスを釣った雨の日 | トップページ | ノコギリソウにクジャクチョウ »

2008年7月22日 (火)

サルビアコクシネア

サルビアコクシネアが植えられている庭や公園を見かけることは、あまりありません。

080710 「コクシネア」の名がつく花はだいたい、きれいな朱色です。だからこの植物の基本色は、画像の奥に写っている赤。

 それが改良されて、白やピンクのバイカラーを楽しめるようになったようです。

 一年草ですから、いったん咲き出せば寒くなるまで咲き続けます。最初の茎が咲き終わっても、下の方からどんどん新しい茎が伸びて咲き続けます。

 種がよくつきますが、短期間で勝手にポロリと落ちるので、咲き疲れを気にする必要もなさそうです。

 こんなに楽しめる花なのに、あまり使われないのは、なぜなのでしょう?

にほんブログ村 花ブログへ

|

« 小さなニジマスを釣った雨の日 | トップページ | ノコギリソウにクジャクチョウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/41941401

この記事へのトラックバック一覧です: サルビアコクシネア:

« 小さなニジマスを釣った雨の日 | トップページ | ノコギリソウにクジャクチョウ »