« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月30日 (水)

カブトムシを追いかけた夏休み

幼稚園の夏休みに合わせて私も休みをとり、3泊4日のキャンプ旅行へ出掛けました。今年のテーマはズバリ、「北海道のカブトムシを捕まえてみよう!」です。

080727 1泊目は上川の「きのこの里あいべつオートキャンプ場」。HPで見ると「子供の先着50名にカブトムシの幼虫プレゼント」と書いてありましたが、古い情報だったようです。受付へわざわざ子供を連れて行きましたが、(見たところ先着4~5番目くらいと思われましたが)幼虫はもらえませんでした。

 それでも、オートサイトはまさに貸切状態で申し訳ない感じ。フリーサイトに3組ほどの宿泊者があったようですが、まことに静かな感じでした。

080728 愛別ではカブトムシがまったく見られず、トノサマバッタ・ノコギリクワガタ(♂中型)・アオカナブンを捕まえました。ここにもう一泊したい気持ちもありましたが、二日目は「丸瀬布森林公園いこいの森キャンプ場」へ。ここは今年で3年目です。

 我が家はご覧の通り、3-4人用の普通のテントとタープの組合せ。ファミリー向けのキャンプ場ではタープを使う人がほとんど見られなくなりましたが、私はコレを気に入っています(この区画はペグの利く場所が限られていて、苦労しました)

080729 丸瀬布では、カブトムシを捕まえることができました。画像は一日目にゲットした小型のものですが、翌日は本州産かと思うようなフルサイズを捕まえて息子は大興奮です・・・ちなみにクワガタはミヤマ・ノコギリ(中型)・アカアシを二日で40匹ほど。特にミヤマクワガタは、丸瀬布昆虫生態館で「今年の丸瀬布最大のミヤマクワガタ」として展示されていたものより大きな♂があり、こちらも大満足。(オマケですが私はキャンプ場を流れる武利川で25cmほどのニジマスを2尾、釣りました。

080730 最終日は陸別を経由して帯広の妻の実家へ。そのまま私のみ自宅へ帰りました。

 陸別では「ふるさと銀河線」を再び走らせて人気のようです。この日も、運転体験に来ている人がいっぱいの様子。よいことだと思います。

 キャンプ場は連日30℃前後のお天気でラッキーでしたが・・・3泊4日で自宅へ帰った私は、鉢植えの花が萎れていて、水やりに大忙しとなりました。やれやれ・・・。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

クレマチス ニューヘンダーソニー

クレマチス インテグリフォリア系のニューヘンダーソニー・・・。

080726 自分で立つわけでなし、巻きついて登るわけでもなし・・・扱いに困ります。

080726_2 それでも果球の美しさは「まずまず」。何と言いますか・・・。

080726_3 今日は絶好の虫捕り日和、息子を連れて北広島市の南の里緑地へ。

080725 クワガタは今ひとつ(スジクワガタのオス一匹のみ)でしたが、ノシメトンボが無数にいて、5歳の昆虫採集には絶好のターゲットでした。

 明日からは三日間、キャンプへ出掛ける予定です。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

シクラメンヘデリフォリウムの果実とアリ

去年の夏に受粉したシクラメンヘデリフォリウムの果実が熟して、種子がこぼれようとしています。

080725 自宅の庭にこの植物を植えて、いちばん見たかったのはこの光景です。アリが来ているでしょう?

Photo 拡大すると、こんな感じ。はじけた果皮の中に明るい茶色の種子が見えます。そしてアリが果実の中に・・・。

 資料には、「野生状態ではシクラメンの種子はアリが運ぶ」と書かれたものがあります。http://en.wikipedia.org/wiki/Cyclamen

実際、自然に熟したシクラメンの種子は表面がべたべたして、なめると甘いです。

 これをアリが運ぶのは、ありそうな話ですよね。・・・でも、我が家の庭に居るこのアリ(たぶん、クロヤマアリ)は小さすぎて、甘いところだけ食べて種子を運んだりはしなさそうです。うーん、残念。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

ミヤマクワガタときのこ

昼休みに仕事場を散歩して、今年二匹目のミヤマクワガタをゲット!

080724 中型のやや小型、といったところでしょうか。それでもやる気満々です。

 仕事場では何ヶ所か電灯の点る場所があり、(昼休みではだいたい遅いのですが)居付きのネコとの競争になります。ポイントを知っているネコに食べられるのが早いか、それとも私が早いか・・・。

080724_2 散歩の途中、芝生の中にきのこを見つけました。見慣れないキノコですが・・・「日本に食料が不足したとき、キノコも食べなきゃいけないよな・・・」などと考えてみた、汗ばむ昼休みでした。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

ノコギリソウにクジャクチョウ

雨上がりのセイヨウノコギリソウに、ぴかぴかのクジャクチョウが来ていました。

Photo 北海道では平地で普通に見られますが、クジャクチョウは温暖地では高山蝶らしいです。

 一方、セイヨウノコギリソウはハーブとしても扱われるそうで、葉っぱを軽くもむと甘い香りがします。

 このノコギリソウ、キャンプの時に役立ちます・・・というのは、炭火コンロに時々(生で)投入すると、蚊などの虫除けになるのです。

3 それにしてもこのクジャクチョウ。みごとなデザインですよね。目玉模様で鳥などから食べられないようにしているのでしょう。

 実際、何かの目と思って見てみると、「怒った眼」という感じがします。かなり怖い・・・?

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

サルビアコクシネア

サルビアコクシネアが植えられている庭や公園を見かけることは、あまりありません。

080710 「コクシネア」の名がつく花はだいたい、きれいな朱色です。だからこの植物の基本色は、画像の奥に写っている赤。

 それが改良されて、白やピンクのバイカラーを楽しめるようになったようです。

 一年草ですから、いったん咲き出せば寒くなるまで咲き続けます。最初の茎が咲き終わっても、下の方からどんどん新しい茎が伸びて咲き続けます。

 種がよくつきますが、短期間で勝手にポロリと落ちるので、咲き疲れを気にする必要もなさそうです。

 こんなに楽しめる花なのに、あまり使われないのは、なぜなのでしょう?

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

小さなニジマスを釣った雨の日

20日の午後、雨の中を少しですが、占冠村の川で小さなニジマスを釣りました。

080720 夕方になって雨は上がりましたが、川の水が少しずつ増えてきてちょっとドキドキ。

 集中できなかったせいか、はたまた水量が多くて私の技術では難しかったためか、釣れたのはこの一尾のみ。

 流れ込んでくる沢の水がザアザアと音をたて始めたところで、引き上げました。

 前日はヤマメ、この日はニジマス、ということで、まあまあの連休かな・・・といったところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

パソコンとトイレ

ドクダミが満開です。白い花が日陰に浮かんでちょっといい感じなのですが、広がりすぎて困ります。

080720 ドクダミには老廃物除去作用があるとか・・・便秘に効くそうですが、近ごろのダイエットやデトックスの話題には、あまり出てきませんね。

 ところで、我が家のパソコンデスクはロータイプで、いわゆる座卓式というやつです。

 朝、出勤前にこのデスクに座ると、すぐにトイレへ行きたくなります。書店へ出掛けて棚の本を眺めていても同じようなことが起こるのですが・・・背筋が伸びるなど、姿勢の問題なのでしょうか?

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

ヤマメ釣りとエゾアジサイ

北海道は今がベストシーズン!・・・ということでヤマメ釣りへ出掛けました。

0807191 目的地は行き慣れたG2川。昨日までの雨のおかげか、水量も適度です。

 今年から早起きはやめて、9時過ぎに家を出て11時に川へ着きました。

080719 いつもは釣れないポイントでもどんどん出てきて、本日ナンバーワンの美形はこのヤマメ。20センチほどかと思います。

080719_2 釣れたフライは前回に続き、このお尻がキンバエ色のカディス。今日は40尾ほどのヤマメに会いましたが、その半分以上はこの一本です。乾かしながら、クタクタになるまで使いました。

2 今日は16時頃まで釣りました。途中、水際でエゾアジサイが涼しげに。

1 さらに上流では立派な一株も。そのまま園芸種にできそうな個体です(誰かが植えたの?と思うような)。

080719_3 いつも気になるのですが、6~7月はこの、川トンボの仲間らしき大きなトンボが優雅に飛んでいます。我が家の図鑑には載っていないので、名前が判りません。

080719_4 ハチみたいな体型の蛾も一休み。私も、もっと釣りに来て汗を流しスリムになりたいのですが・・・。

 明日は妻の実家がある帯広へ出掛け、さらにどこかでキャンプなど・・・と考えていますが・・・お天気次第かな。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

ラベンダーにオオモンシロチョウ

今年は、オオモンシロチョウの数が少ないように感じます。

080712_4 以前は北海道にいなかったこの蝶。畑では大食いの害虫ですが、農薬で簡単に退治されていしまうところは在来のモンシロチョウとは違うようです。

 オオモンシロチョウが少なくなった原因は・・・去年が暑かったから?それとも、畑で退治されたから?

 気になるところです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

クレマチスらしくない!

ラベルには、「ジュイニアナ・プレコッカス」と書いてあります。何だか、クレマチスとは思えない感じの花。

080712_3 一輪を見ると可愛らしい感じですが、遠目には畑の雑草のような感じ・・・「これが原種系!」と言われれば、そうだよねというしかありません。

 それでも丈夫で、ちょっと微妙な気持ちでこの鉢植えに水やりしています。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

あこがれのマクロペタラ

参考書には「栽培が難しい」と書いてあったマクロペタラ。クレマチス初心者には無理かと思っていましたが、今年の春に購入した苗が咲き始めてちょっと驚いています。

1 4号ロングポットの苗を8号鉢に植え込んで(根がよく回っていなくて「失敗した!」と思いました)、グングン成長しました。

Photo つぼみもたくさん。30個ほどあります。

 これも、北海道の気候のおかげですね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

ヘデリフォリウム

今年も、シクラメンのヘデリフォリウムが夏の休眠をする季節となりました。

080710 我がでは3箇所にヘデリフォリウムを植えているのですが、日陰のものほど休眠が遅い(夏になっても葉が残っている)感じです。

080710_2 去年受粉した果実が、まだ熟さないでいます、この1~2週間でタネがこぼれるかな?

 このようにしてこぼれた種子から花が咲くのを楽しみにしていますが、何せ借家ですから・・・まあ、無理かなぁ。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

涼姫の子孫?

二年前に、妻が気に入って買ったカンパニュラの「涼姫」の開花鉢を庭に植えました。

A_2 株が割れて倒れるし花の期間が短いし、一年で枯れるし・・・でちょっとがっかりしたのですが、C_2

花をよく見てもそっくりですから、「涼姫の子孫」なのでしょう。

ちょっと、得した気分になれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

定山渓温泉には日本人が少ない?

この土曜と日曜は、仕事場の旅行でした。

080712 まずは札幌ドームで野球観戦。ハムファイターズvsホークスです。

 もちろんファイターズの応援ですが、遠くからでも王監督を見ることができてラッキーでした。

080712_2 試合はスレッジの満塁ホームランを見ることができて大満足でしたが、感心したのはファンサービス。グラウンド整備中も楽しませてくれます。

080713 宿泊先は定山渓温泉。暗くなる頃から続々と「日本人のように見えるけれど、言葉が違う人々」が到着してホテルは満館(・・・と、ホテルの人が言っていました)。

 翌日バスガイドに訊くと、「7割くらいは日本以外のお客さんだったらしい」とのこと。大したもんだというか、何というか・・・。

080713_2 二日目は仁木町の「さくらんぼ山」でさくらんぼ狩りとニッカウヰスキー余市工場の見学。

 さくらんぼは採りきれないほどたくさんの鈴なり。真っ赤に熟して、もったいないほどでした。今年は、例年より熟すのが早いそうです。

 ニッカウヰスキーでは無料試飲の「鶴」が美味しくて、買う気満々で売店へ行きましたが高くて手が出ず・・・ふぅ。

にほんブログ村 花ブログへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

クレマチス パゴダ

風鈴のような、パゴダの花が080710 アジサイの上で咲いています。

アジサイはまだ、色付きはじめたばかり。その上でゆらゆらと揺れる薄紫の花は、涼しげでよい感じです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

トクサ

子供の頃から、トクサは気になる植物でした。

080709 北海道では、山へ行けばわりと普通に見られますが、和風テイストの植物として、庭へ植えられることもあるとか(へぇー・・・)。画像は野生のものですが。

 子供の頃、母から「自分が子供の頃はトクサで鉛筆の芯を削ったものだ」と言われて信じていましたが、果たしてほんとうか?と今は思っています。

 今でも子供はやはりコレが気になるようで、息子が言うには、幼稚園の敷地に生えているトクサで遊んでいるとか。節からポキンポキンと折れるのが面白いらしいです。

 ちなみにこのトクサは、現在私が庭で格闘している「憎っくき!」スギナの仲間らしいです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

サラサウツギ・・・というらしい

仕事場を散歩していたら、見慣れない木に見慣れない花。

080709 たまたま園芸店を覗いた際に、苗が売られているのを見てサラサウツギと知りました。

 少し調べてみると、ウツギの八重が八重ウツギで、八重ウツギのうち花弁の外側が紫に色付いているのがサラサウツギ・・・だとか。

 この説明だけでは、八重ウツギもサラサウツギも、自然に生えているものから選抜されたように受け取れます。

 ・・・ほんとうに、そうなのだろうか・・・?

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

王冠の花=クラウンベッチ

あまり暑くない日に咲いたクラウンベッチの花は、名前の通り可愛らしい王冠の形。

080709 咲いた日に近くで見なければ、この可愛さはわかりません。咲き進むとピンクのところが淡くなるし、お天気がよいとハチがやってきて形が乱れてしまいます。

 大きな株になるので庭植えには向かないと思いますが(写真は、我が家ではなく仕事場に生えているのを撮りました)・・・雑草はしっかり抑えてくれそうです・・・というより、このクラウンベッチ自体が帰化植物で雑草なのですね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

オオタカネバラにノシメトンボ・キリンソウにジガバチ

今年も、若いピカピカのノシメトンボが姿を現しました。

Photo 花の終わったオオタカネバラの、トゲだらけの茎でひと休み。

 この時期のノシメトンボは羽化したてで翅がピカピカし、トレードマークである先端の黒い模様がまだ薄いです。これから山の方へ移動し、8月になったら成熟して降りてくることでしょう。

Photo_3 キリンソウに来ているのはジガバチ。狩り蜂ですから肉食かと思いましたが・・・、調べてみると、肉食は幼虫時代のみで成虫は花の蜜を食べるのだと書いてありました。

 思い込みって、けっこうあるものですから、ちゃんと調べて直してゆきたいです。

にほんブログ村 花ブログへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

センペルビブム?・・・たぶん

祖母の庭にもあった不思議な感じの植物。この借家にもあって、どんどん殖えています。

080706 サボテンでないし・・・、ミセバヤやセダムでもなさそう・・・ネットで調べると、たぶんセンペルビブム(センペルビウム)。

 何もしなくてもランナーのようなものが伸びて、勝手に殖えて行きます。

乾燥にも寒さにも強いようですし・・・葉っぱの先がチクチクしますので、猫避けになるかもしれませんね。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

ピンクのアスチルベ

今年も、ピンクのアスチルベが咲き始めました。

080706 この花は、害虫もつかず丈夫で、毎年よく咲いてくれます。しかも急に大きくなったりしないし、冬は枯れるので雪に押しつぶされる心配もなし。

 可愛いやつです。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

今年最初のヤマメ釣り

今年最初のヤマメ釣りへ出掛けました。もう7年ほど通っているG2川ですが、去年は一回行っただけ。

G2080705 寝坊して、家を出たのが9時半。川についたのが12時です。今回は水の少ない支流の方からスタート。

G2 いつもは大きいヤツがいるこの、ツタウルシに守られたえぐれは、今日は留守でした。

 それでも4時間ほど釣って(往復4時間ですが)30尾ほどのヤマメに会い、満足して帰りました。終了した16時の気温が30℃・・・暑かったぁ。

 餌釣りからフライに変えたのがちょうど5年前。餌釣りの頃は先行者がいると少ししか釣れませんでしたが、フライ(ほとんどドライ)にしてからは、先行者はあまり関係ないように感じています。

 餌で釣れるサカナと、ドライフライで釣れるサカナは、違うのかもしれないなー・・・などと考えてみたりします。(今日は5尾ほど、ピックアップ直後の水面すぐ上で食いついた新子ヤマメがありました)

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

プリムラの葉の上にいる毛虫は?

この時期にプリムラの葉の上にいる毛虫は、いつも同じです。地域によるとは思いますが、少なくとも北海道の我が家と仕事場では同じ毛虫。

Photo ドクガのなかまのヒメシロモンドクガ・・・だろうと思います。

「ドクガ!!!」ということでちょっとびっくりですが、この種類はうっかり触ったところで別にどうということもないらしいです。

 ・・・それにしても、ヒメシロモンドクガ、多すぎじゃないかぁ?(心の叫び)

 とにかくこの毛虫、よほどプリムラが好きみたいです。

 退治するには・・・?我が家では棒でつついてつぶすか、市販の殺虫剤を「シュッ!」と吹きかけてオシマイです。毛虫を見るのも嫌な人には、浸透移行性の殺虫剤(オルトラン粒剤など)がおススメ。これをプリムラの根元近くにパラパラと撒き、水をかけておけばプリムラ君が水と一緒に殺虫剤を吸い込んで身体の中に溜めてくれるので、その葉っぱをかじった毛虫がオダブツ、ということになります。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

何かヘン・・・だけどうれしい

5月初めに買ったクレマチスマクロペタラの二年苗、根張り不十分でしたがすぐに8号鉢へ植え替えました。

Photo それが、ぐんぐん成長して・・・、

080703 7月になって、つぼみがふくらみ始めています。

2 下の方の節々と、柔らかく伸びているツルの先端にも・・・。

 旧枝咲きで春咲きと思っていましたが・・・、5~6月が寒かったからなのでしょうか?

 狂い咲きとは思えないほど、普通に成長してあたり前のようにつぼみが出来ています。

 ヘンだなぁ・・・でもやっぱり、うれしいなぁ。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

ファセリアにミツバチ

ハゼリソウ(ファセリア)の甘い香りに誘われてか、たくさんのミツバチが来ていました。

080702 ハゼリソウは、ハゼリソウ科の植物。聞きなれない科ですが、身近なところではネモフィラがハゼリソウ科だそうです。

080516 ネモフィラは春の花。画像は今年の5月16日です。

 ブルーのネモフィラ(ネモフィラ インシグニス)は、例えるなら青空の色、といったところでしょうか。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

繊細な感じ

夏の花、ヒペリカムポリフィラムは近くで見ると、とても繊細な感じ。

080701 この、雄しべと雌しべの細い線は、遠くに眺めてもわかりませんね。

080701_2 クレマチスピンクファンタジーの、細かな花弁の波うちと柔らかなピンクにも、何ともいえない色気というか・・・惹きつけるものを感じます。

 力強さの対極にあるように見える繊細さですが、植物にとってはたくましく生き残るための戦略のひとつなのでしょう。

にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »