« このアキレギアを八重と呼ぶのか? | トップページ | クリンソウはちゃんと咲いてくれる »

2008年6月19日 (木)

松の花を初めて、まじまじと見た今日。

仕事場にある松の木。なにやら華やいだ感じで近付いてみると・・・きれいな花が咲いていました。

080619 紫ピンク+オレンジの・・・なんと呼ぶのでしょうか・・・花の一部がぼんやり光る感じで、思いがけず美しい花と感じました。これは雄花のようです。

080619_2 同じ木の枝に咲くこちらは、ミニ松ぼっくりといった感じなので雌花なのでしょうね。

080619_3 これは、去年受精した雌花なのでしょう。松ぼっくりの若き姿ということですね。

 マツやイチョウは裸子植物、その他の大部分は被子植物・・・と習いました。

 ふだん見る庭の花はほぼ100%が被子植物で・・・でもこうして見ると、裸子植物もたいして違わないように感じてしまいました。だって、若い松ぼっくりはパイナップルみたいな感じで・・・、あれ?・・・パイナップル=パイン(松)+アップル(リンゴまたは果実)、ということでしたねぇ(実際には、パイナップルはアナナスの仲間で被子植物)。

にほんブログ村 花ブログへ

|

« このアキレギアを八重と呼ぶのか? | トップページ | クリンソウはちゃんと咲いてくれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/41583128

この記事へのトラックバック一覧です: 松の花を初めて、まじまじと見た今日。:

« このアキレギアを八重と呼ぶのか? | トップページ | クリンソウはちゃんと咲いてくれる »