« 朝陽にきらきら、クレマチスアルピナ | トップページ | ニセコへの旅(2) »

2008年5月18日 (日)

毛虫との戦い・ニセコへの旅

今年は毛虫が多いのです。しかも同じ毛虫で、大きさが違うのがたくさん・・・。

1 ふと、冬の間寝かせて雪の下にしたクレマチスの鉢を見ると、うーん・・、「卵のう」ですね。

2 よく見ると、久しぶりに暖かくなったこの日に、最後の何十匹かが出てきたところのようです。たぶん、この卵のうから100匹くらいは生れたことでしょう・・・・・・こんなのが2~3個あれば、「毛虫うじゃうじゃ」の今の状態も、うなずけます。

 まあ、地道に戦うしかなさそうです。

080517 朝に毛虫を見た5月17日、一泊二日でニセコへ出掛けました。目的は、少々のタケノコ採り(私)とオタマジャクシに出会うこと(息子)。

 途中、支笏湖でお弁当。まるで紅葉しているように、さまざまな木が若葉を展開していました。

080518 宿泊はニセコ昆布温泉の甘露の森。とてもよかったです。従業員が親切、料理もおいしく、料金も手ごろ。

・・・しかし、まず駐車場で「うーん、ここは前に来たことがあるような・・・」。

数年前に社員旅行で宿泊した、ニセコホテルレイトンが変身した姿でした。

タケノコにはちょっと早かったのかもしれません。

080518_2 場所によっては、ツタウルシの新芽らしきものも元気よく目覚めていて、明日以降、ブツブツが出るのではないかと心配です。

それでも我が家で今晩と明日の朝に3人で食べるには十分なオカズが採れ、生れたばかりのオタマジャクシにも会うことができ、大満足の旅行でした。

にほんブログ村 花ブログへ

|

« 朝陽にきらきら、クレマチスアルピナ | トップページ | ニセコへの旅(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/41246360

この記事へのトラックバック一覧です: 毛虫との戦い・ニセコへの旅:

« 朝陽にきらきら、クレマチスアルピナ | トップページ | ニセコへの旅(2) »