« クレマチス鉢植えの植え替えをした日 | トップページ | 不意打ちの桜 »

2008年4月21日 (月)

プリムラデンティキュラータとプリムラブルガリス

早咲きのプリムラには、今の北海道は最高の季節です。でも今年は暖かすぎて、早めに花が終わってしまうかもしれません。

080419 引っ越してくる前からここにあったデンティキュラータ。今は可愛らしく咲いていますが。これから茎がぐぐーんと伸びて堂々とした姿になることでしょう。

080419_2 こちらは野生タイプ(改良されていない)のブルガリス。レモンイエローからホワイトまで花色には個体差があり、大だいたいはクリームっぽい黄色という印象です。

 どちらのプリムラも性質は強く、北海道では何年も生きて、毎年きれいな花を咲かせます。花が終わる頃には葉がぐんぐん大きくなるので、この頃に肥料を効かせてやると次の年が楽しみになります。

近くに(株分けではない)別の株があれば、種子を作って少しずつ殖えてゆきます。

 日本には近縁種がないので大きな問題はないと思いますが・・・。

|

« クレマチス鉢植えの植え替えをした日 | トップページ | 不意打ちの桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/40951205

この記事へのトラックバック一覧です: プリムラデンティキュラータとプリムラブルガリス:

« クレマチス鉢植えの植え替えをした日 | トップページ | 不意打ちの桜 »