« 土が恋しい | トップページ | 乳色の休日 »

2008年3月13日 (木)

十勝の夕陽

10日の月曜、日勝峠を越えて豊頃町と足寄町へ仕事で出掛けました。

いつもガラガラの道東道ですが、帯広市内はやたら信号が多いし「単に通過する」という車が少ない(右折・左折するクルマが多い)ので、市街地の通過だけでも高速を使う価値はあると思います(音更帯広、という中途半端な位置にあるICも、使いにくいですね)。

Sa 帰り道、いつもの十勝平原SAで一休み。これから日勝峠越えです。

 写真は17時頃ですが、ホントに日が長くなったものだと嬉しくなります。

|

« 土が恋しい | トップページ | 乳色の休日 »

コメント

出張ごくろうさまです。
きれいな夕日ぃぃー
足寄ですかぁー、
以前、雨の中キャンプしたことが…
道の駅に、らわんぶきと一緒に
松山千春さんがお出迎えしてくれますよね
宗雄さんのキャラクターのストラップも
あったような… チーズおいしかったぁ
日勝峠は、とても怖いです
何度か夏に走ったときは、すごい霧で
すこし前も見えない状態で…おっかないcrying
日が長くなるとなんだか、得した気分になりますねぇ 

投稿: はるみん | 2008年3月14日 (金) 05時07分

足寄というと、やっぱり「チハル」「ムネオ」という名前を連想しますよね。私もそうです。
それと、最近気になっているのは「化石博物館」の立派な看板。いつか寄ってみようと思っています。
札幌から十勝へ向かうのに、最近は道東道がトマムまで伸びたので日勝峠を避けることができるようになりました・・・一度通ってみたところ、峠の怖さはありませんが、かなり遠回りの感じです。

投稿: norinori | 2008年3月15日 (土) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/40490785

この記事へのトラックバック一覧です: 十勝の夕陽:

« 土が恋しい | トップページ | 乳色の休日 »