« イヌサフランに親近感 | トップページ | 秋のバラ »

2007年10月 7日 (日)

きれいな紅葉となる条件

カエデ(モミジ)の紅葉は、1本の木でも日の当たる側から始まる・・・そうなので、観察してみました。

1l 南側から見たカエデの木。上の方から紅葉が始まっています。

1l_2 同じ木を北側から見ると、紅葉という感じはしません。

1l_3 南側でも下の方の葉は、まだ緑のままです。

 なぜこのようなことになるのでしょうか?

 秋になると落葉のため葉と枝の連絡がなくなるそうで、そうなると葉に糖分が溜まる→糖分が赤の色素に変わる←この赤の色素ができるには光のエネルギーが必要、ということらしいです。

 晴天の多い秋には紅葉が美しい、というのもうなずけますね。ただし、カラカラ天気が続くと赤くなる前に葉が萎れてしまうので、適度な湿り気も必要らしいです。

|

« イヌサフランに親近感 | トップページ | 秋のバラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/16683781

この記事へのトラックバック一覧です: きれいな紅葉となる条件:

« イヌサフランに親近感 | トップページ | 秋のバラ »