« 暑かったのでハダニ! | トップページ | カルーナは奥が深い・・・ »

2007年9月 6日 (木)

綱になって渡るワケ

これも一種の「綱渡り」。クレマチスモンタナやハンショウヅルのツルが少し離れたところへ渡るとき、数本がもつれ合うように向かって行きます。

L 「何でかなー?」とぼんやり考えていました。

L_2 一方、こちらはマンデビラのサンパラソル。やっぱり綱のようにねじれあって、アスパラガスへ渡っています。

 柔らかなツル一本では強度不足のため下へ垂れてしまいますが、たしかに、こんな風にすると離れた場所へ伸びて行けそうです。それに、渡った後の強度も確保できそう。

 なかなかやるな!と感心してしまいました。

|

« 暑かったのでハダニ! | トップページ | カルーナは奥が深い・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/16357052

この記事へのトラックバック一覧です: 綱になって渡るワケ:

« 暑かったのでハダニ! | トップページ | カルーナは奥が深い・・・ »