« 明日散るべ・・・か? | トップページ | 目玉焼きの花=リムナンテス »

2007年7月14日 (土)

カンパニュラ アルペンブルーは・・・?

カンパニュラのアルペンブルーという花、最近は寄せ植え用の苗として手軽に買えるようになりました。出始めの頃は大鉢で高価なものばかりでしたからなかなか手が出ませんでしたが・・・。

Photo_49

 カンパニュラには種類が色々あって、花壇などでよく見掛けるのは基本的に二年草のメジューム。メジュームはだいたい種子で殖やされていますから、ときどき根性のある株が現れて、北海道でも3~4年生きて咲く場合があるようです。

 一方、耐寒性の多年草とされるこのアルペンブルーやベルフラワー、果たして本当に北海道で何年も生きるのか、疑問です。

 低温で花芽ができて長日で開花する性質のようですから、このアルペンブルーも日が短くなる頃にはだんだんと咲かなくなるのでしょう。

|

« 明日散るべ・・・か? | トップページ | 目玉焼きの花=リムナンテス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/15749105

この記事へのトラックバック一覧です: カンパニュラ アルペンブルーは・・・?:

« 明日散るべ・・・か? | トップページ | 目玉焼きの花=リムナンテス »