« おだやかな休日 | トップページ | 名前のわからないトンボ »

2007年6月 3日 (日)

ユーフォルビアの鮮やかな黄色とオオモンシロチョウの再会

ヨーロッパ原産のユーフォルビアポリクロマと、故郷を同じくするオオモンシロチョウが北海道で再会する・・・。

1l_12

 ユーフォルビア ポリクロマは、北海道では重宝する強靭な宿根草です。黄色の苞が輝いた翌月からは果実が赤く色付き、晩夏まで楽しめます。ヨーロッパの原産らしいです。

 一方、10年ほど前までは北海道で見掛けなかったオオモンシロチョウ。普通のモンシロチョウを探すのが難しいほど、この外来のチョウが殖えています。このチョウ、ヨーロッパでは切手の図柄になるほど身近なものらしいです。我が家でも、羽化後の蛹の殻が見られますので、北海道では越冬しているのでしょう。

 資料を見ると、「何か知らんがたまたま飛んできたらしい」という感じです。近年は園芸植物の苗がどんどん輸入されていますので、それに付いてきたと考えるのが妥当と思うのですが・・・。

|

« おだやかな休日 | トップページ | 名前のわからないトンボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/15304013

この記事へのトラックバック一覧です: ユーフォルビアの鮮やかな黄色とオオモンシロチョウの再会:

« おだやかな休日 | トップページ | 名前のわからないトンボ »