« クレマチスモンタナ マジョリー | トップページ | ハマナスの香りに包まれた道の駅 »

2007年6月20日 (水)

サンベリーナ(ビオラ)の種子

サンベリーナプチパープルイエロー・・・という呪文のようなビオラを今朝ふと見ると、採り頃の種子がありました。

Photo_42

 まさに「今、とってー」と言わんばかりの種子です。三つに分かれた左側は、すでに半分ほどが飛び散った後のようです。

 ビオラの種子は、こうなると数時間ですべてが飛び散ります(パンジーも同じ)。

070619l

 種子ができたのを喜んではいられません。だって、種子ができないように花がら摘みをしてきたのですから・・・。

 種子ができれば株がくたびれるのはあたり前。実際、花色がぼけています。

0705091l_1

 こちらは植えたばかりの頃の花。花色がぜんぜん違いますよね。

 種子ができてくたびれたのか、近ごろ暑いからか、はたまた毛虫対策のオルトラン粒剤の影響か・・・わかりません。

 ちなみに20年ほど前まで、北海道では農家がパンジーの苗を作るのに、7月頃にタネを播いて畑で秋まで成長させ、春に地掘りして出荷したそうです。今こぼれたビオラのタネも、来年の春には花を咲かせることでしょう。

|

« クレマチスモンタナ マジョリー | トップページ | ハマナスの香りに包まれた道の駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/15502167

この記事へのトラックバック一覧です: サンベリーナ(ビオラ)の種子:

« クレマチスモンタナ マジョリー | トップページ | ハマナスの香りに包まれた道の駅 »