« イラガとの格闘! | トップページ | マーガレットのイメージ »

2007年5月 4日 (金)

越冬して目覚めたクレマチス

北海道でクレマチスを栽培するにあたり、いちばん心配なのが冬越しでした。凍害から守るためにツルを下ろして積雪の下にした方がよいのか、その上に雪を積み上げてもよいのか・・・。

1l

 画像はモンタナ系のフラグラントスプリング。越冬して眠りから覚め、つぼみが見えてきました。

 モンタナ系は6株を越冬させてすべて生き残りましたが、越冬後の状態は二つのパターンに分かれます。なお、積雪前にツルは下ろして、冬囲いはしませんでした。

(1)ツルは枯れて、地際から弱々しい新芽が出てきた(今年の花は望めませんね)

(2)ツルの全体または半分が生き残りつぼみが見えてきた。

 結果が(1)になるか(2)になるかは苗のサイズや品種ではなく、植えた場所で決まったようです。(1)は雪の捨て場になって大量の雪が乗った場所、(2)は自然に雪が積もった場所です。・・・枯れたツルは、大量の雪の重みで押しつぶされたのでしょうね。

 

|

« イラガとの格闘! | トップページ | マーガレットのイメージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/14950609

この記事へのトラックバック一覧です: 越冬して目覚めたクレマチス:

» パッチワークパターンの原点 [パッチワークの館〜キルト・作り方・キット・バッグ(コーチ)など]
パッチワークのパターンって、何種類くらいあるか知っていますか?1000種類とも、3000種類以上とも言われているらしいです。私も数えたことがないので、はっきりとした数字はわからないのですが、伝統的なパターンからヒントを得て作り出すと、すごい数になるのではないでしょうか。もちろん、定番といわれるパターンもあるのですが、パッチワークを代表するパターンは何かと聞かれると、ひとつ選ぶのは至難の業�... [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 (金) 18時35分

« イラガとの格闘! | トップページ | マーガレットのイメージ »