« エゾヤマザクラが咲いた | トップページ | エンレイソウは花弁のない花 »

2007年5月 6日 (日)

デージーの表情・春の庭

 デージーは、北海道では「トキシラズ」という別名を持ちます。たぶん「いつでも咲いている」ということなのでしょう。

L_9

 たしかに、我が家では庭のどこかでいつも咲いています。株が残って宿根草として扱えるほか、こぼれダネでもよく殖える花ですから、思わぬところでほっこり咲いているのに気付きます。

 我が家の系統はバイカラーらしく、花弁の先が赤です。小さな花ですが一輪ずつをよく見ると、咲き進むにつれて変化して行く表情にはっとすることも。

 デージーは、近年では苗が売られている場面をあまり見掛けなくなりました。我が家の庭では雑草のようにあちこちに散らばっていますので、移植して集めてみたいと思っています。

2l_1

 一方、秋に大輪の花を咲かせるユリは、今から萌芽して毎日、生長しているのがわかるほどです。

 これは、昨年の開花を見てカサブランカだろうと考えています。浅植えされたらしく昨年は上根が地上に出ていましたので、今年の花が終わったら球根を掘り上げて植え替えてやろうと思います。昨年は3本でしたが1本が分球したらしく、今年は4本が萌芽しています。

 ユリは浅植えすると分球しやすくなる、と聞きましたが、本当なのでしょうか?

 

|

« エゾヤマザクラが咲いた | トップページ | エンレイソウは花弁のない花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/14976840

この記事へのトラックバック一覧です: デージーの表情・春の庭:

« エゾヤマザクラが咲いた | トップページ | エンレイソウは花弁のない花 »