« プリムラたちの今頃 | トップページ | 目玉オヤジ=セイヨウオキナグサ? »

2007年4月23日 (月)

クレマチス・デージー・シクラメン

雪が消えて、我が家の庭では植物がいっせいに動き出しています。

Photo_8 昨年、知人からもらったクレマチス インテグリフォリア系のニューヘンダーソニー。

参考書通りに強剪定したら、地中から新芽がでてきました。

Photo_9 こちらは越冬したデージー。雑草のようにあちこちにあります。園芸的には一年草とされるデージーですが、北海道では宿根草として扱うことができます。

北海道ではデージーのことを「ジジババ」と呼ぶお年寄り(!?)がいらっしゃいます。埼玉に居た頃、シュンランのことを「ジジババ」と呼ぶのだと教わったことがあるのですが・・・。

その土地でなじみの植物が「ジジババ」と呼ばれるのでしょうか?

Photo_10 これは、昨年の10月に植えて越冬したシクラメン。まだあまり知られていないのですが、このシクラメン ヘデリフォリウムは札幌近郊の北海道でも越冬します。ただし、系統によって強いものと弱いものがあるようです。

この後、何もしなくても6月中旬には葉が枯れて休眠し、9月上旬には花が咲き始めることでしょう。

北海道でも越冬するシクラメンにはこのほかにコウムがあり、我が家には植えていませんが今頃が花盛りです。ただ、ヘデリフォリウムほどには長生きせず、早く消えるように感じます。

|

« プリムラたちの今頃 | トップページ | 目玉オヤジ=セイヨウオキナグサ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/14795860

この記事へのトラックバック一覧です: クレマチス・デージー・シクラメン:

« プリムラたちの今頃 | トップページ | 目玉オヤジ=セイヨウオキナグサ? »