« チオノドクサとチオノドクサ? | トップページ | バラの鉢植えに挑戦! »

2007年4月29日 (日)

アイリス(この花、何だっけ?のその後)

 「この花、何だっけ」のその後、球根のパッケージを見つけました。

L5 後から咲いた青い方がアイリス レティキュラータ、先に咲こうとしてナメクジかカタツムリに「バリバリ」食われた方がアイリス ダンフォルディアだったようでうす。

 ふつう、これほど似た二色の花がそれぞれ別の種とは考えにくいのですが、球根の販売業者は同じみたいなので、とりあえず「青がダンフォルディア」「黄色がレティキュラータ」と覚えておかねばなりませんね。

 ひとつの球根から花は1輪、しかも花の寿命は二週間程度のようです。

 我が家の庭ではいちばん条件のよくないところに植えたので、条件のよいところに植えればもっと早く咲いたかもしれません。

 北海道で秋植え球根、しかもクロッカスより早く咲く花として使えることは確認できました。「オススメか?」と訊かれれば、「植えておいて損はない」と答えたい花です。

|

« チオノドクサとチオノドクサ? | トップページ | バラの鉢植えに挑戦! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100218/14888176

この記事へのトラックバック一覧です: アイリス(この花、何だっけ?のその後):

« チオノドクサとチオノドクサ? | トップページ | バラの鉢植えに挑戦! »