2021年10月23日 (土)

散歩の森でアカゲラと目が合った。

今週は雨の日が多く、火曜から金曜まで毎日、傘を差しました。

通勤の電車から見える遠くの山が白く見えた日もあり、既に秋から冬へ向かう季節です。

11023l

今日も朝のうちは近所の森へ散歩。特別天然記念物の原始林へ続く林道は工事のため、いつものコースへは入れず短時間でしたが寒かったのでちょうどよかったのかも。

211023l

森に響くコツコツという音はキツツキ。遠かったので少し近付くと飛び去ってしまいましたが、その前に目が合いました。

コガラのメスだったようです。

さて、そろそろ庭を片付けなくては。

| | コメント (0)

2021年10月18日 (月)

秋のめぐみ。

コロナ対策の時差出勤(1時間前倒し)を続けてきて、この時期になると起床時がまだ夜明け前なので、気持的に疲れ気味と感じていました。

そのため月曜の今日を休みにして三連休、あれこれ用事を済ませることにしました。

昨日は中山峠の積雪がニュースになった北海道ですが、今日も寒かった・・・

L_20211018194601

朝のうちは天気がよかったので近所の森を散歩、歩き出しの気温は7℃。真っ赤に色付いたカエデはきれいですが、こんなのもいい感じ。

211018

夏から狙っていたコクワ(サルナシ)の実はほとんどが落ちてしまい、しなびたやつが僅か残ったのみ。久々に(たぶん40年ぶりくらい)食べてみると、キウイの味でした。小学生の頃にたくさん食べた記憶があるのですが、あの頃はまだキウイの味を知らなかったんだよなあ。

でもその後、初めて食べたキウイの味がコクワの味に似ているとは気付きませんでした。当時のキウイがやたら酸っぱかったからかな。

211018l

ヤマブドウも終盤で完全に熟しています。強烈に酸っぱい・・・と子供の頃の記憶にありましたが、ここまで熟すと美味しかったです。

皮が厚く、実に対して種子が大きいので、ゼリー状の食べられる部分はほんの少しですが。

散歩を終えてホームセンターに寄り、渓流でインスタントラーメンを作るためのコンロのガス、秋植え球根などを買いました。

昼食後は病院へ行き、来月の胃カメラ検査とインフルエンザワクチンの予約を。

予約だけなのに2時間も掛かった病院を除けば、よい休日でした。

| | コメント (0)

2021年10月16日 (土)

大通公園の紅葉がきれいだった日、弔電を出した。

冬タイヤ=スタッドレスタイヤを新しくしました。

北海道でこのタイヤが普及したのは平成になる少し前、スパイクタイヤの使用が禁止されてから。

当時、このスタッドレスタイヤが十分な制動力を発揮する(ゴムが柔軟性を保つ)のは2シーズンが限界と言われ、北海道へ戻ってからは2年ごとに更新していました。

その後、それが3シーズンに伸び、最近ではそれ以上と言われて前のタイヤは4シーズン使って今回の更新です。

211016

待ち時間に大通公園へ出掛けると、サトウカエデの紅葉がきれいでした。

札幌では、徐々に観光客の姿が増えています。

観光産業や飲食業に関わっていない近隣住民としては「もう少し待ってほしいな」というのが正直なところですし、家族含めた自身の行動はまだ、緊急事態宣言中と変えずにいます。

そんな中、今日は首都圏に住む伯母が大往生に至った訃報に接し、弔電というものを初めて送りました。

 

| | コメント (0)

2021年10月 9日 (土)

みそラーメンと渓流と紅葉。

今シーズン最後の渓流釣り。

211009

先週に続いて河原で食べたインスタントラーメン、今回は”サッポロ一番みそ”。

やっぱりサッポロ一番は「みそ」だなあ。

211009_20211009201401

紅葉がさらに深まり、行き帰りのドライブも楽しめました。

こんなに紅葉を眺めたシーズンは、これまでありませんでした。

今日もニジマスがよく釣れましたが、フライは準備する時間がなかったのでケースに入っていたのを適当に選んで。

来年に備えて冬の間に巻いておこう、と思ってはみたのですが・・・。

| | コメント (0)

2021年10月 3日 (日)

釣りとラーメン。

僕の渓流釣りの昼食は、これまで100%「コンビニおにぎり」。

今日はそれにインスタントラーメンを加えてみました。

211003l

鍋がちょっとかさ張りましたが、バーナーを加えた重さも含めてまあ許容範囲かな。ちゃんとしたアウトドア用の用具を準備すればもう少し快適なのかもしれませんが…当面はこれでオッケーです。

11003l

山は紅葉がとてもきれいでした。この時期はさすがに陽が陰れば肌寒く、昼食の温かいラーメンは我ながらよい思い付き。

211003

3時間ほどの釣りでしたが今日はニジマスが多く出て、小さいやつもよくジャンプしました。先週までは#6-8くらいの大きいカディスが良かったのですが、今日は#10-12くらい。

さて、今シーズンの釣りは今日で最後。と思って出かけましたが、まだサカナたちはやる気があるようなので来週も・・・?

| | コメント (0)

2021年9月26日 (日)

秋の渓流釣り2021年9月。

今シーズンの最後かな、と思いながらいつものニジマスの川へ出掛けました。

自宅の朝が冷えていたのでトレーナーを着て行きましたが、陽射しの元気な現地では脱ぐことに。

210926

スタート時の気温は25℃、水温はさすがに下がっていて12℃でした。

山の紅葉は五分程度。それでも日の陰った14時過ぎには小さめの雪虫が数匹、舞うのを見ました。

今年は雪が早いのかな。

210926_20210926201801

始めはポツポツ釣れましたが、今日は今ひとつ。フライの準備も十分ではないので、今日は景色を楽しむことにして早めの昼食。

いつものセイコーマートで買ったのは、大きいおにぎりと魚肉ソーセージ・・・ゆで卵を探したのですが見つからず、レジで訊こうとしましたが自衛隊さんの団体が入ってきたのでその余裕がなくあきらめました。

2109261

食べ終わってのんびりしていると、アブが近付いてきて指に停まりました。これはヒラタアブの仲間のようで、刺すことはいのでちょっと観察。

2109262

僕の指の表面を舐めているようです・・・気を付けて昼食を食べたので、それが付いているとは思えないのですが。

まあ、それはよいとして、あまり釣れない日でした。でも、良い気分転換と運動になったので。

 

| | コメント (0)

2021年9月25日 (土)

アカタテハがやってきた。

9月最後の土日休みは、秋らしい透明な陽射しと少しの棘を感じる暖かさ。

いつもの午前の散歩では、花盛りを過ぎたエゾノコンギクの花を摘まみ、少しずつ違って見える個性を確認してみました。

Photo_20210925201901

前から気になっていた通り、咲いている場所によって花の色、大きさ、形がさまざま。

こんな多様性が生き物を生き残らせ、進化させて行くのでしょう。

1210925

午後には庭でついに、ブッドレアを訪れたアカタテハに遭遇。これが見たくて数年前からブッドレアを育てていました。

ブッドレアにはやはり、この蝶が似合うのです。というのは、9年前にオランダで同じ組合せを見たので。

120927

その時の写真がこれ。こちらはヨーロッパアカタテハといって、日本のアカタテハと近縁の種らしいです。

大昔は同じアカタテハだったのが時を経て別の種となり、遠く離れた日本で僕がこうして「日本のアカタテハ」を見ているのでしょう。

9年も掛かりましたが、これでひとつ、ミッションクリアかな。

| | コメント (2)

2021年9月20日 (月)

エゾノコンギク、アカスジカメムシ。

穏やかに晴れた敬老の日、近くの散策路へエゾノコンギクを眺めに行きました。

210920

生えている場所によって花の形や色が少しずつ異なるので、その中から「感じのよい花」を見つけるのが楽しいです。

今日いちばんは、陽を透かして見たこの株。

210920_20210920170401

今日もカメラを抱えての散歩。虫を上手に撮りたくて5月からチャレンジしているのですが、この時期になって出会う虫の種類が少なくなりました。エゾゴマナの花に来ていたこの赤黒の縦じまは、アカスジカメムシ(サッカーのユニホームみたい)。

敬老の日・・・30年前だったら僕も老人の仲間入りをしていたのですが、今はそれを許してもらえません

それは、良いような、良くないような・・・。

 

| | コメント (0)

2021年9月19日 (日)

ヒガンバナがいつもより多く咲いた。

敬老の日がらみの三連休は初日が雷雨の予報で自重。二日目の今日はよく晴れましたが少し膝が痛く微熱もあるため、家で大人しく。

210919

ふと「今年はヒガンバナが咲かなかったような・・・」と思い、庭の隅を見てみると、テッポウユリの葉の陰でひっそりと咲いていました。

この球根は、7年前に鉢植えで開花させてから地面に移植したもの。

いつもは1本か2本の花茎をのばして咲くのですが今年は5本。環境に適応してきたのかな。

 

| | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

エゾノコンギクとエゾゴマナ。

いまは夏から秋へと移るとき。

今日も渓流釣りへは出掛けず、朝はMLBの大谷選手をTVで少し見てからいつもの散策路へ。

210911

僕が好きなカンタンの音は峠を過ぎ、もの悲しさが増してきたように感じます。

210911_20210911171601

この季節はエゾノコンギクが咲き進み、やがて霜が降りて紅葉へと進みます。

蝶の写真を撮ろうと今日もカメラを抱えて来ましたが、夏にはすばしこかったミドリヒョウモンのオスはくたびれ気味で翅もボロボロです。

210905

先週から「エゾノコンギクの白花?」「でも、ちょっと背が高いかな?」と気になっていたこの植物は、調べてみるとエゾゴマナという種類のようです。少しは植物を知っているつもりでしたが、意識して見、名前を知ったのは初めてです。

1時間ばかりウロウロし、昼食には今年最後のソーメンを食べて、午後にはカーリングを少しTV観戦。

穏やかな休日でした。

 

| | コメント (0)

2021年9月 7日 (火)

もう夏ではない。

この頃は朝が暗く、夕暮れが早くなってきているのを強く感じます。

だから・・・昼の気温はまだ夏日であっても、もう夏ではない。

L210903

今年、休日の散策によく訪れている森があります。その遊歩道脇に見えていた「ヘンな形の葉の植物」に咲いた花を見て「ミゾソバ」という名前が浮かびました。だから、僕はこれを知っていたのでしょう。うーん・・・どこで覚えたのかを思い出せません。

この画像は200mmで撮影して拡大したものですが、もっと鮮明に写すにはマクロレンズを使うべき。

よく使っている60mmマクロでは近付けない場面があるので、105mmが欲しいな、と思っています。小遣いを貯めなければ。

L210903_20210907200301

そして、ハギの花は秋のもの。「○○ハギ、のどれか」という程度の認識でしたが、調べてみるとヤマハギのようです。

覚えておこう。

 

| | コメント (0)

2021年8月28日 (土)

ワクチン2回目の暑い日。

この夏、北海道は記録的な高温となりましたが・・・僕が思うには、この25年の間にはもっと「暑かった!」と印象に残った夏が2~3

回はあったはず。

210828

それでも、天気予報では来週末あたりから秋を感じる頃となりそうです。

・・・話は変わりますが、僕も60歳を超えたので今日、2回目のCOVID-19ワクチンを受けてきました。

1回目は注射した部分の痛みが翌日昼頃まで続いた程度でしたが、2回目は注射から4時間後くらいから風邪をひいて熱が出たような症状を自覚しています。

僕はこのワクチンを信用できていなくて、できれば受けたくないし家族も受けさせたくないと考えていました。

これまで実績のないm-RNAワクチン、しかも緊急承認という状態でしたから。5年後、10年後にどのような副作用が起きるか、公開されていないのです。

それでも受けざるを得ないと考えたのは、感染する確率が急上昇したこと、そして感染後の重症化リスクを恐れてのことです。

もちろん、ワクチン後も「他者へ感染させない」ための行動は継続します。

それでも、納得はできていません。

「ワクチン(m-RNA)の注入によって遺伝子が書き換えられることはない」と言われていますが、遺伝物質(今回はm-RNA)の注入による遺伝子への影響は、書き換えや組み換えだけでなく「遺伝子の修飾」というものがあるのに、この影響についての説明がされていないのが気になるのです。

| | コメント (0)

2021年8月23日 (月)

ニジマス釣りでバッタを意識した。

今日は「有給休暇の計画取得」でニジマス釣りへ。

先週も来た区間ですが、やり残したことがあったので。

10823

この辺りではエゾヤマザクラの一部は既に黄葉が始まり、木々の緑が少し白っぽく見え始めました。

210823

ふと見ると足元にはカエルが・・・冬眠までにたくさん食べようとしているのでしょう。エゾアカガエルかな。

210823_20210823203401

先週と同様、ニジマスも元気でした。そして今日も、大きなフライへの反応が強いと確認できました。

僕はほとんど、細身のカディスしか使わないのですが・・・

Photo_20210823203601

今日いちばん反応がよかったのは、フライを雑多に入れたタッパーにあった、この太身のやつ。

何年前に巻いたのかも覚えていませんし、これで釣れた記憶もありませんがフックがサビているので、使ったことはあるみたい。

エルクヘアをタワシ状にしたやつですが、これを巻くのは面倒・・・。

さて、今日は何故これをチョイスしたかというと、

Photo_20210823204501

先週も緑色のバッタが河原にたくさんいたから。ハネナガフキバッタなのだろうと思います。

ヒトの目で見ればあまり似ていませんが水に浮くと、サカナの食欲をそそるのかもしれませんね。

うーん・・・この時期限定、ということかな。

次は、もう少しバッタに似せるよう工夫したフライを試してみようと思います。

 

| | コメント (0)

2021年8月22日 (日)

とうきびを焼く。

この夏もキャンプや釣りへ出掛けるつもりで「有給休暇の計画取得」を予定していたのですが、このご時世ですし「キャンプブーム」とやらが怖くて自粛です。

Photo_20210822234901

その代わり、というわけでもないのですが、午後の雨の予報に合わせて借家のガレージで炭をおこし、トウモロコシを焼きました。

トウモロコシ=北海道では「とうきび」と呼びます。

最近はスイートコーン・・・というのかな。

ふつう「とうきび」は皮をむいて塩茹でしますが、炭火が使えるなら皮のまま焼くと最高に美味しいです。

外側から黒く焼ける皮を一枚ずつ剥がして行くと30分ほどで裸になるので、醤油を垂らして焦げ目をつけて・・・。

食べる直前、熱々のうちにバターを乗せても。

 

| | コメント (0)

2021年8月16日 (月)

ニジマス釣り、今シーズン1回目。

北海道のヒグマ、今年はなぜかヒトを襲う…という感じなので、しばらく渓流釣りを控えていました。

そして今シーズン2回目(ニジマス釣り1回目)は盆休みの最終日に。

210816

ここは釣りやすい場所なので夏休み中にたくさん人が入っただろうな、と思っていましたがサカナたちは活発で、

210816_20210816200401

3時間ほど遊びましたが、途中で集中力がなくなるほど、フライへよく喰いつきました。

小さなフライには小さなニジマスとオショロコマ、大きめのフライには大きめのニジマス。

この川で盛夏によくある、#6-8のフライでうまく行く日でした。

今年の残りの夏と秋、それぞれ1回ずつくらいは来たいものです。

| | コメント (0)

«森を散歩する日々。