2024年6月 1日 (土)

アリグモを観察した日。

気持よく晴れた6月初日。

今年1月に亡くなった母の納骨を午前中に済ませ、軽い庭仕事をしていました。

Photo_20240601195301

この家の庭の入り口にあるクロヤマアリの巣の一員かな?と思って眺めていると、動きがアリとは違うようで。

Photo_20240601195401

頭の前側の形もちょっと違うかな・・・アリグモのようです。

Photo_20240601195501

正面はまさにクモ。

アリグモの存在は知っていたし、これまでにも「これかな?」と何度か見掛けましたが、初めてじっくりと観察しました。

このクモがアリに擬態しているのは、アリの仲間になりたいのではなく、アリを捕食対象外としている敵から身を守るためのようです。

生き物の世界は面白いな、と改めて思いました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年5月25日 (土)

熊撃退スプレー

北海道に限らずクマが増えてきて、何だか不安になってきたので、クマスプレーを買いました。

リュックに入れては意味がないので、腰に着けられるホルダーと合わせて約1.4万円・・・安くはないですよね。

240520

それほど危ない場所には行かないのですが、まあ安心のためです。

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村にほんブログ村 花ブログへ

| | コメント (0)

2024年4月28日 (日)

タケノコ1号と出会った昨日。

去年と比べて雪解けは2週間ほど遅かったのですが、今年の春は順調に進んでいます。

昨日のこと。

「フキでも少し採って帰ろう」といつもの散歩コースへ出掛けたところ、タラの芽までよい感じに育っていました。

240427l

夫婦二人で食べるには少し多すぎですが・・・タラの芽は天ぷらのほかフライにしておくと、翌日の昼食でパンと合わせるのにちょうど良いのです。

1240427l

日当たりのよい斜面では、タケノコも出始めていました。

「お、ついに始まったか」ということで、僕の「タケ活」スタートです。

一年前の第1号は4月24日だったから、去年の特別暖かかった春に追いついた感じ。

240427l_20240428162801

春から初夏まで、スミレ類の多い散歩道です。

中でも一番きれいなのはこの種類。タチツボスミレ、かな?

待ちに待った季節。うれしいなぁ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月14日 (日)

フキノトウとエゾノリュウキンカが咲く頃

昨日と今日は「5月並みの陽気」、ぽかぽかです。

昨日は2回目のフキノトウ採り。

240414

多くがすでに開いて花が咲いており、蜜を吸うクジャクチョウがたくさんいました。

無事に越冬して、気温が上がっても雪解けが遅かったので、たいへんだったねぇ。

よほど腹ペコなのか、かなり近づいても逃げません。

240414_20240414162001

今日は「そろそろかな?」と思いつき、近所の公園へ行ってみるといつもの場所でエゾノリュウキンカ(北海道ではヤチブキ)がきれいに咲いていました。

去年この花の写真を撮ったのが4月9日だったので、今年は5日ほど遅いことになります。

240414_20240414162101

先週植えたプリムラとビオラが、先に咲いていたクロッカスとよい調和を見せています。

今後も暖かい日が続く予報なので、来週の休日には、もうクロッカスは終わっているのかもしれません。

僕にとっては最高の、山菜シーズンが始まりました。

1週間後は、若いフキを採りに行こうかな?

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年4月11日 (木)

フキノトウ採り、始まった。

今シーズン最初のフキノトウ採りは、4月7日でした。

3月の気温が低めだったので。

240407

きれいなフキノトウが出ていました。

240407_20240411202101

種類まではわからないのですが、ヤナギの花もきれいで、しばらくこの木の近くに居ました。

これから少し勉強して、ヤナギの種類もわかるようになりたいです。

20個ほど採って帰ったフキノトウは「ふき味噌」になり、ご飯のお供や調味料に。

季節的に、サクラマスに乗せて焼いたのが美味しいだろうな。

次週にもう一回フキノトウを採れば、今年の保存用「ふき味噌」の蓄えは十分。

その次の週とさらに次には若いフキを味噌汁で。

そしてタケノコ、ウド、タラの芽、へと進んで行きます。

ああ・・・楽しみだなぁ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年3月24日 (日)

フキノトウが顔を出した。

近所の公園、まだ雪がたくさん残っていますがトレッキングポールの練習も兼ねて雪の上を散歩です。

240323

日当たりのよい斜面の水辺には、今シーズン初めて見たフキノトウ。でも痩せていますね。

僕が採りに行く場所では、2週間後くらいがよさそうです。

240323_20240324192101

そしてネコヤナギ。

僕にとって、これこそが毎年の、春の象徴です。

この日は春分の日から3日後。

今年の3月は中旬まで10℃以上の日がなく、10年ぶりの低温で推移したそうですが、これからは雪解けが進み、待ちに待った春がドーン!とやって来そうです。

楽しみだなあ。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年3月20日 (水)

春分の日、ハンノキの花を観察した。

今日は春分の日。

まだ雪はたくさん残っていますが、うれしいです。

去年の今頃はクロッカスの花が咲き、フキノトウ採りの2回目へ行き、カエルの卵が見られたのですが・・・

L_20240320205401

家の目の前にある公園の、ハンノキの花が大きくなってきました。

拡大してみると・・・

L_20240320205501

葯(花粉ができる袋)はまだ開いていないので花粉はまだ出ていないようですが、あと数日のことでしょう。

春休みで帰省中の息子はシラカバ花粉症で、ハンノキも大敵。

いま住んでいる所にはシラカバがないみたいで「快適」と言っていますが、帰省中に花粉症がぶり返すことは必至。

息子には気の毒ですが僕はただただ、春と夏が来るのを心待ちにしています。

春が来てしまえば、その先にある春と夏の終わりを憂う気分。

春になる前は、春が来るのを待つ楽しい気分。

実は一年中で今がいちばん、僕にとっては明るい気分の季節なのかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年3月10日 (日)

トレッキングポールを使ってみた。

春になったら森の散歩・山菜採りへ行こう、と楽しみにしています。

でもここ数年は足がうまく動かず、転倒することもよくあるので、笹の刈り跡やツタウルシの茂ったところでコケると危ない状態です。

そこで、トレッキングポールなるものを使ってみることに。

L_20240310143201 

ネットで情報を集め、シナノのFast-130 カーボンW というモデルにしました。

L_20240310143001

短くして持ち運ぶことができます。

リュックからははみ出してしまいそうですが・・・まあ仕方ないか。

雪道での試運転は、なかなか快適です(ちょっと重く感じますが)。

いつもはノロノロ、ヨチヨチと歩いていますが、これを使うと歩幅を広げて少し早く歩くことができます。

春が、ますます待ち遠しくなってきました。

でも両手がふさがるので、カメラをどうやって持ち運ぶか、が課題です。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年3月 9日 (土)

これも雪虫と呼ぶらしい

「春の雪虫」はいくつか種類があって、僕がいつも見る蚊のような虫は「ユキユスリカ」というやつらしいです。

Photo_20240309161701

毎年のように雪解けの頃には「雪の上の小さな黒い虫」を見掛けていたのですが、詳しく知ろうとはしていませんでした。

今日になって調べてみて、初めて知りました。

でもインターネットで得られた情報は「ユキユスリカの仲間」止まりで、それ以上の詳しいことを知ることはできませんでした。

まあ、僕にはそれで十分なのだけれど。

ちなみに、画像の個体は触角のフサフサがないので、メスのようです。

北海道のこの辺りも来週は日中の気温がプラスになり、再来週中にはアメダス観測地点の積雪がゼロになりそうです。

そして、最初のフキノトウ採りへ出掛けることになるかな。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月19日 (月)

雪解けの進んだ日に温泉とうどんを。

北海道の各地で「観測史上、2月の最高気温」となった今日、ひとりで日帰り温泉とうどんを楽しみました。

ここは長沼町の「ほくほく庵」。

240219l

小規模な店で人気店なので、僕が入店した時は席がひとつしか空いていませんでした。

雪景色を観ながらカウンターで。コシの強い手打ちうどんと、素朴な味の炊き込みご飯です。

きつねの上におろし生姜が乗っていますが、僕には、これは無い方がよかったかな。

温泉の後にまた温まり、汗が出てしまいました。

次は冷たいのを食べようか、と思っています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月18日 (日)

雪解けを早めるために、もみがらくん炭をパラパラした。

去年の3月は異常な速さで雪解けが進み、中旬には最初の「フキノトウ採り」ができたほどでした。

そして、今年はまだ2月中旬だというのに札幌の明日の最高気温が14℃、という予報になっています。

2_20240218160601

そこで僕は、欲張って庭の雪解けを早めようと思い、融雪剤代りに「もみがらくん炭」をパラパラしました。

15年前には牛糞たい肥をパラパラしたことがあります

もちろん、もみがらくん炭も14年前に

今回は、14年前に使ったものの残り(ガレージでずっと眠っていた)です。

240218

この黒い粒が日光の熱をキャッチして、積雪の表面を融かしてくれることを期待するわけです。

ホームセンターで買える道路用の融雪剤は、庭に撒くと植物に有害ですから使えません。

まあ、何もしなくても、雪は自然に融けるのですけれどね。

ちなみに、雪解けの早かった去年の2月18日、札幌の積雪は74cmでした。

対して、今年の2月18日は67cm。

これからの降雪・気温次第ですが、もしかすると今年は去年よりも早い春になるのかもしれません。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年2月12日 (月)

春を待つ気持ち2024

北海道も明日からは4月並みの暖かさ(2月としては記録的!)になるのだとか。

この時期になると「バレンタインデーの頃には急に暖かくなることがある」といつも思っていますが、それ以上のようです。

きっと、例年にない速さで雪解けが進むのでしょう。

Photo_20240212190301

家のすぐ近くにあるシラカバは、もう10年見ていますがいつもより花芽が多いように思います。

テレビで見た予報でも、今年はシラカバ花粉が多くなると言っていました。

花粉症を持つ人たちには、辛い春になるのかもしれません。

僕は、ただただ春が待ち遠しいです。

あと1カ月半でフキノトウ採り、かな?

サラリーマン卒業まで、あと4か月半。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2024年1月20日 (土)

いろいろあり過ぎた1カ月

正月を挟んでの1カ月、身近な範囲でさまざまなことがありました。

僕は12月半ばに1週間入院して胃がん治療(早期がんなので内視鏡で切除)し、年内は自宅療養。

年が明ければ今週、長く高齢者施設に入っていた母が亡くなり、大雪の中慌しく葬儀を。

この間、僕の左腕が上がらなくなったり、帰省中に息子がコロナ感染したり。

仕事へは、この1カ月で4日ほどしか行けませんでした(年末年始休暇もあって)。

231223l

胃がん治療の方は退院後1カ月、再発や転移の恐れはないという診断でひと安心です。

・・・なんとも長い冬休みになったわけですが、雪は普通に降り外出すれば足元が心配。

今シーズンは近所への外出用として手軽な冬靴をワークマンで買ってみました(画像の左)が、歩きにくくて買い直す羽目になりました。

右側が「いいやつ」で、さすがに値段はワークマンの10倍近く。

若い頃ならどんな靴でも問題なかったのですが、歩行に不安がある現在では、「足元の備えは大事」と思い知りました。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月26日 (火)

早期胃がんの治療を受けた。

ここ4年ほど、かかりつけの病院で年1回の胃カメラ検査を受けてきました。

そして今年11月の検査で異常が見つかり、組織採取から1週間後に医師から電話。

生研(採取した組織の検査)の結果は胃がんで、専門病院を紹介されました。

「きれいに取ってくれますから。毎年、検査をしてきてよかったですね。」と笑顔で。

その病院での再検査を経て、12月半ばに1週間の入院で治療することになりました。

Photo_20231226100601

これまでに1泊の入院は大腸ポリープで2度ありましたが、1週間もの入院は脊椎の手術を受けた6年半前以来。

今回は入院二日目に内視鏡を使っての切除(ESDと呼ぶそうな)です。鎮静剤を使い、眠っている間に終わります。

治療(手術とは呼ばないようです)の当日と翌日、二日間は絶食。

Photo_20231226101001

治療から三日目に食事が摂れますが重湯というやつでご飯の形がありません。

Photo_20231226101201

その翌日から三分粥、と少しずつステップアップし、退院当日の朝食にようやく「普通のご飯」となりました。

この間、僕が思ったのは・・・

Photo_20231226095801

今回は病室で仕事をする必要がなかったので4人部屋。なのでTVを使う際にはイヤホンが必要でした。

Photo_20231226101601

そこで、入院前に準備しておいたのがこのBluetoothトランスミッター。

TVのイヤホンジャックに接続し、ワイヤレスイヤホンとペアリングすればコードの鬱陶しさから解放されます。

これは便利だったな。

Photo_20231226101901 

それから、1週間もベッドに居れば足腰が弱るということ。

この機会に大腸カメラ検査も受けた(ポリープ1個切除)ので、入院中の半分以上は点滴がつながっていました。

合わせるとほぼ3日が絶食、3日は流動食、加えて運動不足は避けられません。

60歳を過ぎている身としては、退院後の体力の回復は容易くないな、と。

それでも早期がんとして発見され治療できたのは、かかりつけ医が言うように「よかった」です。

来年には脳、心臓、肺の検査なども受けておくべきだな、と考えています。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0)

2023年12月14日 (木)

初期胃がん、ということで。

11月に受けた定期胃カメラ検査で初期胃がんが見つかり、今日の夕方に内視鏡で除去の予定です。今日と明日は絶食だとか。

Photo_20231221202901 

 

| | コメント (0)

«積雪そして真冬日。